小学生・小学校

小学生の宿題と親との関わり方!チェックはするべき?いつさせる?しない場合は?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!
小学2年生と中学1年生の子どもを育てているママライターです。

宿題って親にとってかなり重要な問題ですよね。

子どもが小学校に入った途端に、毎日出てくる宿題。
夏休みのどっさり出る宿題。

宿題って、実は子どもの課題というだけではなく、親にとっても課題ですよね。

子どもなんて勝手に宿題やるもんだと思っていた私は、こんなに親が関わることになるとは!とびっくりしました。

そんな宿題について考えてみましょう。



毎日の宿題はどうしてる?

毎日、子どもが学校から持って帰ってくる宿題。

小学1年生から、家で勉強をする習慣をつけるために学校では宿題を結構出してきます。

しかも、私自身が子どもだった頃とだいぶ違うのが、親が自然と宿題に関わるようにできているということ。

特に、国語の教科書を音読して、それを聞いて親がサインをするプリントがあったり、算数のプリントは親がマル付けをするようになっていたりして、親も関わらざるを得ないというのが実際です。

課題の場合には親が関わるしかない

個人的には、子どもの宿題は子どもが自分でやって、もしやってなかったら、子ども自身が困ってから対処しようと思っていたのですが、残念ながら学校から持って帰ってくる宿題は、親が関わるような仕組みになっていました。

音読は毎日だし、プリントもチェックしないと、なかなか子どもだけでは進まないようです。

やむなく、親が関わっているうちに、ついつい関わるのが当たり前になってきてしまいました。

子どもによっては関わる方がいい

とはいえ、実際に子どもの宿題を見ていて思うのは、適度に子どもへの宿題の声掛けなどを行うことは、悪いことじゃないということ。

女の子の場合は、割と自分から宿題をやらないと、と思うようですが、男の子の場合には、宿題なんてすっかり忘れて遊びまくっていることも多いのです。

そんな子どもに「今日の宿題って何やるの?今ならみられるよ。」
と子どもに伝えることで、思い出してランドセルから取り出すということもあるものです。

宿題を親が見る弊害もある

子どもの宿題は、毎日でる課題も、夏休みなどの長期の課題も、やり始めとやり終わりを親が見ることになります。

親が見ていると、限られた時間の中でやり終えたいために、
「次は音読よ。次は算数のプリントね。」
と子どもを主導してしまうことが多くなってしまうのですが、個人的には、あまりやりすぎない方が良いと思います。

言うとおりにやれば終わる…は怖い

子ども自身が、宿題をどう終わらせるのか、ということを考えないまま、親の言われたとおりにやれば宿題が終わるという経験を重ねるのは、ちょっと怖いなと思うのです。

そこで、
「今日はどの宿題から始める?」
「何時までに終わらせる予定?」
と何かしら、子どもに任せる部分を作りながら、全体を見てあげたいと思います。

たまにはすべて任せる日を作る

また、たまには
「今日はお母さんは忙しいから、宿題のチェックだけするね。」
といって計画自体を任せてしまう日もあった方がいいと思います。

自分で考えて、きちんとやり遂げるのが本来の宿題。

親のいいなりの子どもではなく、自分でやり遂げる経験として宿題を生かしていきたいものですね。



夏休みの宿題はミエル方式で

毎日の宿題は、どうしても時間が限られていますが、夏休みなどの長期の宿題については、ぜひ子どもと一緒に話し合いながら計画を立てることをおススメします。

その時に、子どもがあと何をすればいいのか?がわからないと、嫌になって何もしなくなってしまうこともありますね。

やらなくてはいけないことをチェック方式で見えるようにしておくことが大事です。

我が家ではミエル方式、といって、一つ一つの課題を細かく最初に書き出して、終わったら四角にチェックを入れていくというやり方をしています。

やることは一個ずつ書く

例えば、夏休みのプリントや、夏休みワークであれば、やることの中に

□ こくごワーク 1~5ページ

というように、細かく区分けをしてやることリストを作ります。

その理由は、『こくごワーク』とまとめた課題を書くと、いつまでも終わらなくて途中で嫌になるからです。

読書感想文や作品作りのポスターなどは1個の課題なので一つずつ書けばいいのですが、中身が分けられるものは細かめに書いておくと、達成感がわきやすいです。

やる順番は子どもが決める

宿題は、どの順番で何をするのかは子どもが決める方がモチベーションが上がる気がします。

「今日は国語を5ページやる」とか「今日はポスターを描きたい気分」というように、子どもに合わせてやった方がすんなりと進むことが多いものです。

大人が主導してやると、どうしてもやらされている感が強くなって、宿題そのものが嫌になってしまいますので、達成感や自分でやっているという気持ちになるようにするのが親の役目かもしれませんね。

子どもの宿題は親の課題

子どもの宿題は、現在では親にとっても課題になっています。

まったくチェックをせずに済ませることは実際問題、難しいものです。

子どもが宿題をやりたくない、と言わないためにも、宿題を自分がやるんだという意識と、自分でやり方をコントロールできるという経験値を作ってあげることが大事ですね。

親は上から指示をしすぎずに、上手に誘導してあげる技術が必要ですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします