家事

イヤ~な排水溝の臭いを重曹とお酢でスッキリ掃除する方法

こんにちは!1歳の息子がいるママライターです。

今回は放っておくとイヤ~な臭いがしてきてしまう排水溝を、

すっきり掃除する方法をご紹介しちゃいます!

[co-7]

排水溝から嫌な臭いが!

この問題に悩んでいる方は多いですよね。

でも実は、排水溝は臭いがしないように

工夫がされているって知ってましたか?

台所の排水溝を見てみると蓋のようなものがあり、

その下に水が溜まるようになっています。

この蓋と水の効果で、臭いが漏れないようになっているんです。

溜まっている水が腐って臭うんじゃ…?

いえいえ。例えば毎日使う台所であれば、

水を流すことで常に新しい水と入れ替えが行われていることになります。

なのでよほど使わずにいない限り、

この水が腐ることはありえないんです。

排水溝の蓋やパイプからの臭いか、下水の臭いか

では何が原因かというと、

先にお話しした排水溝の蓋やパイプの部分からか、

排水管自体から下水の臭いがあがってきていることが考えられます。

排水溝の蓋やパイプからの臭い

台所であれば、食べ物のカスや残り汁などを流すことでそれが汚れとなり、

ぬめりとなり、腐敗し、臭いの原因となります。

様々な菌も繁殖するので尚のことですね。

下水の臭い

蓋やパイプを掃除したのに臭いがなくならない時には、

排水ホースの破損などにより

下水の臭いが上がってきている可能性があります。

シンクの下などを開けて臭いが強くなるようであれば、

この可能性が高くなります。

今回は、お手入れ次第で臭いをすっきり解消できる

排水溝の蓋やパイプについて、

重曹とお酢を使って行う方法をご紹介したいと思います。

[co-8]

重曹とお酢で掃除??

何だか料理にでも使うの?という組み合わせですが、

実はこの組み合わせ、掃除する上では最強コンビなんですよ。

用意するものはこちら

  • ・重曹

  • ・お酢

  • ・お湯

たったこれだけでOK!

重曹は食品として使えるものも市販されていますが、

今回は掃除目的なのでその点は気にせず、安いものでも十分です。

気になるそのやり方とは…

①排水溝の生ごみをどける。


②排水溝の蓋やパイプにたっぷりと重曹をふりかける。
 大さじ3くらいが目安。


③重曹の半分くらいの量のお酢を、排水溝にまく。
└このとき、しゅわしゅわと音を立てて泡立ちます。


④5分ほど放置した後、お湯で洗い流す。


たったこれだけでいいんです!

気を付けたいポイント

1つ目は、振りかけるお酢の量を多くしないこと。

目安は重曹の半分です。

多すぎると洗浄効果が失われてしまうので要注意です。

そして2つ目は、放置する時間を長く取らないこと。

1時間程度置いても大丈夫、という意見もありますが、

排水溝自体が痛んでしまうこともあるようなので、

念のため長時間放置するのは避けておきましょう。

どうして重曹とお酢がいいの?

重曹のメリットとしては、

  • ・弱アルカリ性(酸を中和する)

  • ・油を分解する

  • ・研磨剤としても使われる

という点があります。掃除や脱臭に向いている性質ですね。

そしてお酢のメリットは、

  • ・酸性であり、アルカリ性の汚れを中和する
     └水垢や石鹸カスなどがアルカリ性


  • ・蛇口やシンクを磨くとピカピカになる

という点です。

この2つが合わさることで、

お互いの良いところが抜群に発揮されるようになるんです。

また、泡立ちはしますがこれは決して有害なものではないので

吸い込んでも大丈夫です。

安心して使えるというのも魅力的ですよね。

また、台所だけでなく洗面所やお風呂場といったところにも

この組み合わせは使えます。

臭い対策には毎日のお手入れを!

臭いが出始めてから「さぁやろう!」

と思って排水溝を見たら汚れがびっしり…

そんな状態だと手も入れたくないし、

何だか気分も億劫になってしまいそう…。

この掃除法なら、毎日の台所仕事の最後にぱぱっとするだけで、

手も汚れないしとっても簡単ですよね。

毎日、とまではいかなくとも、定期的に行う癖をつけて、

イヤ~な臭いの排水溝とさよならしましょう!

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします