授乳・母乳・ミルク

使ってみて分かった!搾乳器の使い方とおすすめのメーカー

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、アメリカ在住の二児のママをしています。

本日は搾乳機についてお勧めのメーカーと使い方をご説明させて頂きますね。

と、言うのも実は筆者お恥ずかしい限りで一人目の上の子が生まれたときには母乳が本当に小さじ一杯出るかでないかくらいだったんですね。

母親に聞いてみたところ、母親も同じだったらしく家系かな?と思ったんですが祖母はそうではなかったとの事。

見せかけの胸だねとまで言われた始末です。ですが、それを打開してくれたのが搾乳機なのです。優れモノですよ、搾乳機は。

因みに、二人目の時は出たもののICUに二か月下の子が入っていたので母乳自体は出たもののその母乳を病院に届ける事が必要だった為にその時にもかなり役立ちました。

さて、そんな搾乳機のお勧めメーカーを2つ本日はご紹介させて頂きます。ですが、その前に電動と手動の説明も軽くしておきます。



電動搾乳機のメリット・デメリット

電動の場合は、手動と違い強弱の加減がボタン一つで出来る事ですね。

そして、手動ではないので疲れにくいと言うことです。

母乳の出具合が良くない方にはマッサージ効果もあるのでお勧めですよ。

ただし、お値段が張ってしまう、置き場所の面積を手動のものよりとってしまう、持ち運びには向いていない、洗う作業が少し面倒くさくなる等と言うデメリットが出てきます。

手動搾乳機のメリット・デメリット

そして、手動の場合。こちらは自分のペースに合わせて搾乳出来、小さいので持ち運び便利、お値段もお手頃、お手入れが簡単です。

ただし、全てが手作業なので使用頻度が高い人には余り向いていないかも知れませんね。

使用頻度が高いと疲れちゃうと言うデメリットのせいです。

ですが、お仕事であったり出かける頻度が多い方にはお勧めですよ。

電動搾乳機のおススメはメデラ

アマゾンボタン楽天ボタン

こちらは、電動の搾乳機となっています。

何がお勧めかと言いますと、いちいち自分で絞り出さなくてもさくさくと動いてくれるので楽に母乳を搾乳する事が出来ます。

そして、メデラの場合は自分のサイズに合ったものを選べるというのもポイントです。

搾乳機の吸い口が小さいと乳頭が引っかかってしまい上手く搾乳できなかったり、大きすぎても密閉せずに上手くできないんです。

なので、サイズを選べて電動でサクサクと搾乳できるこちらはお勧めです。

電動搾乳機のおススメはPigeon(ピジョン)

アマゾンボタン楽天ボタン

こちらはピジョンの手動搾乳機です。

電動と違うのは手動と言うことですが、持ち運びが便利で搾乳する力加減を手動なので自分で調節できると言う部分です。

また、置くに至っても洗うに至っても場所を取らないし楽だと言う部分でお勧め出来ます。

そして、柔らかなフィットカバー付きなのでどんなサイズの胸にも対応しています。

片手でも楽々出来ると言うことなので、赤ちゃんを抱きながら空いてるほうの片手でと言うことも出来るので楽ですね。



母乳冷凍パック

アマゾンボタン楽天ボタン

そして、電動か手動かに限らずに合わせて使いたいのがこちらの母乳フリーザーパックです。

特徴としてはお出かけ先で、誰かに赤ちゃんを預けたい時、緊急時などに凄く役立ちます。

搾乳機で出した母乳をこの袋に入れて冷凍しておくだけで何時でも解凍して少し温めてさっと使えますのですごく便利ですよ。

冷凍母乳は-18度以下で約3週間保存が可能なので、なので絞りたい時に絞って冷凍しておきましょう。

こちらのPigeonのフリーザーパックは搾乳した日付、丈夫で衛生的なラミネートフィルムを使用しており、食品衛生法適用の上に電子線滅菌済みとなっていますので安心して使えますね。

まとめ

さて、本日はお勧め搾乳機の電動と手動と一つずつご紹介致しましたがいかがでしたでしょうか?

搾乳機にはレンタルもありますので、レンタルが良いのか買うのが良いのかどちらかにするのかちゃんと考えてから決めて下さいね。

レンタルの場合は確かに安くなりますが使う期間でも違ってくるので、買った方が案外安かったと言うこともあります。

ですが、お試し期間と言う事でレンタルでどの商品が自分に合うかを試してみると言うのもいいと思います。

自分のサイズに合ったものと自分の状況にあったもの、それが一番です。

自分にぴったりな搾乳機が見つかるといいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします