女性の健康

不安…子宮頸がん検診でひっかかるとどうなる?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1歳の息子のいるママライターです。

今回は子宮頸がんについて、

実際に検診を受けて再検査となった私の体験談をまじえながら

お話ししたいと思います。



子宮頸がんとは

20~30代の女性が発症するすべてのがんの中で、

最も多いのがこの子宮頸がんと言われています。

初期であればほとんど症状はなく、進行すると不正出血やおりもの異常、

下腹部の痛みなどがあらわれます。

そのため、定期検診などを受けていない場合には

発見が遅くなることも少なくありません。

ウイルス感染が主な原因

子宮頸がんは、がんとしては珍しく、

ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が主な原因です。

これは性行為を経験した女性であれば誰もが感染するリスクを持っています。

このウイルスに感染しているすべての人が

子宮頸がんになるわけではありませんが、

感染していない人と比べればリスクは高くなります。

早期発見・治療がとても大切

他の多くのがんと異なり、

早期に発見・治療することができれば生存率がぐんとあがります。

子宮を切除せずに済むこともあります。

だからこそ定期的に検診を受けることが大切になってきます。

検診は自治体からの補助が出る

多くの自治体では、20歳以上の女性は無料、

あるいは低額で検診を受けることができます。

ただし、2年に1度のところが多いので

そのチャンスを逃さないようにしましょう。



子宮頸がん検診へ…

私の場合、息子を妊娠している時にも受けていましたが、

丁度自治体からの補助の期限が迫っており、

「どうせ無駄にするのなら」と軽い気持ちで受けることにしました。

膣から器具を入れ、子宮頸部の細胞をこすり取り検査します。

痛みなどはなく、短時間で終わりました。

1週間後…まさかの再検査

「細胞の形がちょっと普通とは違って気になるかな」

結果を聞きに行き、医師からそう告げられました。

用紙には≪クラスⅢa≫の表記。

ひっかかるなんて思ってもいなかった私はその時点でびっくり。

医師から言われたことは…

「クラスⅢaは、がんではない」

「産後で膣内の免疫も落ちていて、

炎症を起こしていて出た結果の可能性もある」

「週に1度、1か月間膣内の消毒をしてみて、

その後に再検査しましょう」

「消毒して膣内の状態が良くなれば、結果が変わることもある」

「もしそれでも結果が変わらなければ、組織を取る、組織診をします」

そのようなことを言われました。

クラスⅢaってどういう状態?

検診結果は、クラスⅠ~Ⅴに分類されています。

Ⅰ・Ⅱであれば問題なし、Ⅳ・Ⅴであればがんの疑いが強いので

治療や手術をしていきます。

私が診断されたⅢは、中間のグレーゾーン。

がんではないけれど、

検査した細胞の形が通常とはちょっと変わってきている状態をさします。

さらにaとbにわかれます

aは≪軽度異形成≫で少し変化が見られる状態、

bは≪高度異形成≫で変化が顕著な状態でがんの1歩手前となります。

aの場合は、医師に言われたように膣内の炎症などにも影響されるので、

消毒してからの再検査ということになったのです。

1か月後の再検査…結果は変わらず

ただ私の場合は、残念なことに膣内の炎症などではなく、

やはり細胞の形がちょっとおかしいかな、ということでした。

そこで次に行われたのが組織診というものでした。

前回は細胞でしたが、次は組織の一部を切り取り、

よりたくさんの細胞を調べるとのこと。

「一部を切り取る?何それ痛そう…」と思いましたが、

この検査も痛みはほとんどなく、その後の出血などもありませんでした。

組織診の結果

この結果も変わらず、≪クラスⅢa≫でした。

ただし、このうちの大体7~9割は

2年以内に正常に戻るというデータがあるそうで、

「3か月ごとにがん検診を受けて、

ひどくならないようにチェックしていきましょう」とのことでした。

もし進行したとしても…

がんの細胞は、そこまで急激に進行することはありません。

時間をかけて変化していくので、

3か月ごとの検診であれば見落とすこともなく、

その後の治療も早めに行うことができます。

そうすればがんになりきる前に治療することも可能ですし、

方法によっては子宮はそのままに、その後の妊娠・出産も可能だとか。

なので「忘れずにちゃんと検診受けてくださいね」と念を押されました。

現在の状況はというと

ちょうど先日、3か月ごとの検診に行ってきたばかりです。

その結果も変わらずの≪クラスⅢa≫。

医師からも「また3か月後だねー」と言われて帰ってきました。

また、2人目の妊娠を希望していることを伝えましたが

「まったく問題なし」と言っていただくこともできました。

まずは検診に行くことから始めてみてください

あのタイミングで検診に行かなければ、

私は自分の身体の変化に気づかなかったです。

自覚症状は今もありません。悪化するかも知れない不安もありますが、

あまり考えすぎなくてもいいと医師からも言われています。

もし子宮頸がん検診を受けたことがない、

前回から間が空いてしまったという方は、ぜひ積極的に、

そして定期的に受けるようにしてみてください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします