育児あるある

子供は親のこんなとこも見てるんだ!と思った瞬間!うちの娘はファッションマスター

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

ファッションは苦手分野の母ライターです。

幼稚園のお迎えはほぼワンピースでしのいで来ました。



驚きの娘視点

そんな私が、幼稚園時代の送り迎えで娘から受けた

数々のファッションチェック。

こども、特に女の子は

親のこんなところを見てるのか!と

驚いたことをご紹介します。

おませさんでかわいいような、厳しいような。

ダメ出し!

私は自宅ではアクセサリーを外す習慣があります。

その方が家事などがしやすいと感じるのです。

ある日、急いでいたので、

朝はつけていたイヤリングもネックレスもつけずに

お迎えに行きました。

まだ年少さんだった娘。

いつもは満面の笑みでこちらをずっと見ているはずなのに、

目があった後はちょっと心配そうな表情。

「どうしたの?」と聞くと、おこっているとのこと。

キラキラ大好き!

なぜおこっていたのかというと、

私がアクセサリーをなにもつけていないから。

娘はキラキラのアクセサリーが大好き。

だから、私にもいつもキラキラをつけていて欲しかったのだそうです。

それにしても、私は娘に言われるまで、

アクセサリーをしていないことに気が付きませんでした。

本当に良く見ているものです。

こっそりと・・・

娘が幼稚園の間、学校訪問や説明会へ行くこともありました。

そんな日は服装が行事用のワンピースだったりするので、

そんな服装の時は、娘も「どこか行くの?」と聞いてきたりしたものです。

学校訪問の日以外でも、実母と銀座や新宿で待ち合わせて、

こっそりと息抜きのお茶やランチをすることもありました。

そんな時も、服装はよそ行きにそれなりのオシャレをしていっていました。

すると。。。

目ざとい!

実母とランチを終えて、娘を幼稚園へお迎えへ行くと・・・

開口一番「何かおみやげは?」

「どうして?」と尋ねると

「お化粧がきれいで、アクセサリーが豪華だから、お出かけしてきたなって思ったの」

ということで、こっそり息抜きのつもりでも、

常に娘へのおみやげは欠かせないのでした。

お化粧の違いに気が付いてもらえるのは、

誉められてるっていうことなんでしょうか。



いつか頂戴ね

娘と遊ぶときは基本、お洋服やさんで一緒に買うような、

プチプラのアクセサリーをつけています。

無くしても、壊してもさほど気にならず、

おしゃれ下手の私にもお洋服とあわせやすいからです。

けれど、時折、夫に買ってもらったり、

実母のお下がりの本物のアクセサリーを身につけます。

そんな時、アクセサリーに気が付いた娘はこう言うのです。

「それ、いつか頂戴ね」

お、おう・・・。

目利き?

これが結構な目利きでして驚かされます。

どんなにキラキラギラギラしていても、

プチプラだったりするものはこうは言わないのです。

ところが、ちょっと良いものだとすぐに気が付きます。

食事へ行ったり行事があったり、

かしこまった装いの機会があると、娘の瞳が輝きます。

つい先日も

現在は小学生の娘。

先日はこんなこともありました。

着こなしチェック

娘と二人でバレエを観に行った日のこと。

出かける間際に私のブラウスを見て。

「それ、そんな風にもおしゃれに着られるのね」

「真珠とあわせると素敵ね」

ついに、着こなしチェックまで入るようになりました。

もう間もなく母のおしゃれ偏差値を追い抜くことでしょう・・・

娘のおかげ

娘の目があることで、

こんな私でもそれなりに身だしなみに気遣ってはいます。

ファッショナブルでもラグジュアリーでもありませんが、

身の丈にあわせてさっぱりと。

母親になったことで、

今までとは違うブランドもチェックするようになりました。

装う気持ちが保てていること、ファッションの視野がひろがったこと。

娘のおかげといえるでしょう。

おわりに

いかがでしたか。

女の子の視点。

こんなところをこどもがチェックするものかと、

実際に娘を持って初めて知りました。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします