女性の健康

40代以上の女性に多いサルコペニア肥満って一体なに?メタボより危険?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!1歳になった息子のいるママライターです。

今ではすっかり有名な言葉になった≪メタボ≫。

健康診断でもチェックされるようになり、

体型に気を付けている方も多いのではないでしょうか。

ところがもう1つ、近年注目されているものに

≪サルコペニア肥満≫というものがあります。

これって一体なに?メタボとはどう違うの?

そんな気になるところを、今回はお話ししていきたいと思います。



≪サルコペニア肥満≫とは

≪サルコ≫は筋肉、≪ぺニア≫は低下という意味を持ち、

それを合わせた言葉が≪サルコペニア≫です。

そこに肥満が加わり、『筋肉の量が低下し、脂肪の量が増えてしまった』

状態のことをさします。

加齢とともに筋肉量が減ることに原因が…

人間は30歳を過ぎたころから、

加齢により筋肉量が少しずつ減少していきます。

筋肉は脂肪よりも重たいので、

そのままいけば体重が減りそうなところですが、

ここで体重の変化がない場合、

それはその分だけ脂肪が増えたということになります。

また、筋肉量が低下すると身体の基礎代謝も減少し、

少しの食事でも太ってしまう傾向になってしまうことも。

こんな症状が現れます

筋肉がなくなれば、日常生活における簡単な動作も難しくなってきます。

立つ、歩く、しゃがむといった基本的なことが

できなくなってしまう恐れもあるのです。

また、つまずきやすくなり転倒、そして骨折し、

そのまま寝たきりになってしまう可能性もあります。

このほかにも女性は高血圧のリスクが2.3倍、

糖尿病のリスクは19倍とも言われ、生活習慣病に対しても

ダイエットで≪サルコペニア肥満に≫!?

多くの女性が気になるダイエット。

成功して体重が減っていたら嬉しいですよね。

でもそのダイエットの方法によっては、

将来的に≪サルコペニア肥満≫を引き起こす原因になってしまうことも…

食事制限ダイエットは危険

食事制限でのダイエットだけを行った場合、

体重が減ったとしてもそれは脂肪量が減ったわけではありません。

内訳の半分以上は筋肉量が減っているんです。

もしこれを繰り返し行ったとしたら…加齢による筋肉量の低下だけでなく、

自分自身でもそれを助長してしまう結果になります。

ダイエットするなら筋トレも

食事制限もうまく取り入れれば効果的です。

ただしそれだけでは良くないので、

併せてスクワットや腕立て伏せなどの

筋肉トレーニングも行うようにしましょう。

筋肉がつけば身体の基礎代謝もあがり、

脂肪が燃えやすい身体づくりにもなり、

将来の≪サルコペニア肥満≫への不安を減らすこともできます。



40代以上の女性は特に注意!

加齢とともに筋肉量が減る、と書きましたが、

これが40歳を過ぎると、なんと、

1年で1%もの割合で筋肉が減少していくのです。

男性・女性ともに注意は必要ですが、

もともと女性は体質的に脂肪がつきやすいというのもありますから、

女性の方がより気を付けていきたいところですね。

また、若いころしていた無茶なダイエットが原因、

ということもあるようです。

ちなみに40代以降では、4人に1人が≪サルコペニア肥満≫、

もしくはその予備軍と言われています。

≪サルコペニア肥満≫と≪メタボ≫の違い

≪メタボ≫も肥満の一種ですが、主に内臓脂肪型の肥満のことをさします。

1番の大きな違いは、

『筋肉量の低下を伴っているか』というところになります。

わかりやすい?わかりにくい?見た目の違い

≪メタボ≫の場合、見た目の体型から診断されることも多いですよね。

メタボ体型、なんて言葉もあります。

≪サルコペニア肥満≫の場合は、筋肉が減った分だけ脂肪が増えれば、

見た目には大きな変化がありません。

太っていなくても注意が必要、ということになりますね。

≪サルコペニア肥満≫チェックポイント

体重や見た目だけでは判断できないので、

BMIと筋肉量からチェックをします。

  • ・BMIが25以上

  • ・筋肉量が22%未満

この2つにあてはまる方は要注意が必要です!

簡単にチェックする方法も

  • ・片足立ちで靴下をはく

  • ・片足立ちで60秒間キープする

  • ・イスに座った状態から、片足で立ち上がれるかどうか

こんなチェックの方法もあります。どれか1つでも当てはまった場合、

≪サルコペニア肥満≫の可能性があります。

目に見えないから恐ろしい≪サルコペニア肥満≫

いかがでしたか?

この≪サルコペニア肥満≫の何より恐ろしいところは、

見た目にはあまり変化がないこと。

細身の人でも注意が必要ということです。

「今まであまり運動をしてこなかった」という方は、

ぜひ毎日の生活の中に少しずつ筋トレを取り入れてみてください。

少しの積み重ねでも、後々の生活が大きく変わっていくことと思います。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします