女性の健康

ハイビスカスティーの効能とスーパーフードを組み合わせ飲み方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、カナダで3歳の男の子と0歳の女の子を育てるママライターです。

美容によいとうわさのハイビスカスティー。

ハーブティーが好きな方は試したことがあるかもしれません。

酸味が強いお茶なのですが、お肌にも身体にもよいお茶なので、

美味しく飲みたいところです。

ハイビスカスティーの美味しい飲み方、そしてハイビスカスティーによく合う、

最近話題のスーパーフードとの組み合わせた飲み方をご紹介します。



ハイビスカスティーとは

まずは、ハイビスカスティーの特徴や効能などをご紹介します。

ビタミンCの宝庫!

ハイビスカスには、ビタミンCが豊富に含まれています。

そのためお肌の調子を整えたり、メラニンを抑制する作用などが期待できます。

疲労回復のクエン酸

疲労回復効果のあるクエン酸も多く含まれるため、

スポーツ選手で愛用されている方もいるほどです。

ちなみに東京オリンピックで活躍された、

マラソンのアベベ選手も愛飲されており、

当時ハイビスカスティーは一躍有名になりました。

むくみ防止、二日酔いにも

利尿作用のあるカリウムも豊富です。

むくみ防止や二日酔い時にもお勧めです。

妊婦、子どもに嬉しいカフェインフリー!

ハイビスカスティーは、ハイビスカスの花を乾燥させたもので、

カフェインは含まれておりません。妊婦、お子様でも安心して頂けます。

作り方は紅茶と同じ

作り方はいたってシンプル。

紅茶と同様に、ハイビスカスティーのチップを急須に入れ、

熱いお湯(95度程度)を注ぎ3分~6分程度蒸らします。

甘酸っぱい味が特徴です。

飲みにくい場合には、ハチミツやお砂糖を入れるとよいでしょう。

冷たくして夏バテ防止に

ホットでももちろん美味しく頂けますが、

アイスでも美味しいのがハイビスカスティーです。

日常的に飲用されているメキシコ、西アフリカなどでは甘く、冷たくして飲まれています。

さっぱりとした味は、夏の暑さに最適です。



色々な飲み方を試してみて

ハイビスカスティーは、ハイビスカス単品だけでなく、

ミントやレモングラス、ローズヒップなどのハーブとも相性がよいお茶です。

好きなハーブをブレンドし、オリジナルティーを作ってみましょう。

筆者は、夏の間は乾燥させたミントを入れ、

すっきりとした味わいのアイスハイビスカスティーを楽しんでいます。

ミントは、後味がスーッとするのが特徴です。

スーパーフード・チアシードを入れてスペシャルドリンクに

最近話題のスーパーフード、チアシードとの相性も抜群です。

チアシードは、小さなゴマのような粒の中に、

食物繊維、カルシウム、現代人に不足しがちなオメガ3、

ミネラルなどが豊富に含まれています。

また、身体への吸収もよいため今注目されている食物です。

チアシード自体には味がないため、

ハイビスカスティーにそのまま入れても味が変化することなく、

チアシードのツブツブ感を楽しむことができます。

一日大さじ1を目安に

チアシードは、大量に摂取するとお腹が緩くなる可能性がありますので、

一日約15g(大さじ1程度)を目安にしましょう。

ハイビスカスティーが温かいうちに入れた方が、早くチアシードが膨らみます。

チアシードが水分を吸って大きくなったら飲み頃です。

ルビー色の華やかなお茶

ハイビスカスのルビーのような鮮やかな色は、目に嬉しく、

チアシードを加え、お気に入りのグラスに注ぐと、気分転換にも最適です。

筆者は、一人のお茶タイムにはチアシードを、

また家族にはミントとハチミツを加えたドリンクにして夏は冷たく、

冬は温かくして楽しんでいます。

一般的なお茶専門店やハーブのお店で購入可能

ハイビスカスティーは、一般的なお茶専門店やハーブのお店で購入できます。

お茶専門店では、すでにいくつかのハーブとブレンドされているかもしれません。

あまり馴染みのないお茶ではありますが、

お肌にも身体にも嬉しいお茶ですのでぜひ試してみてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします