ベビー用品

2人の育児で学んだ!ベビー用品の賢いそろえ方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、カナダで3歳の男の子と9ヶ月の女の子を育てるママライターです。

妊娠して嬉しい時間の一つは、赤ちゃんとの生活を考えながら、

ベビー用品を眺めたり考えたりするときでしょうか。

しかし今日の情報がありふれる中で、

初めての赤ちゃんとの生活に何が本当に必要で何を買うべきか悩むものですね。

筆者が二人の育児を通して学んだ、実際買って使わなかったもの、

役立ったものを始め、ベビー用品の賢いそろえ方についてお教えします!



必要最低限のみ準備

出産前には、必要最低限のみ用意しておくことをお勧めします。

おむつ、肌着、お風呂セット、お布団セット、

車を使うならばチャイルドシートなどです。

ベビー用品はかわいく種類もたくさんあるので、

あれもこれもと欲しくなってしまいますが、

実際に赤ちゃんと生活を始めると必要なかったりするものも少なからずあります。

購入は必要最低限に留め、必要になってから購入するのでも遅くありません。

先輩ママのレビューも参考に

どんなものが役に立ったのか、どんなときに役立つのかなど、

あなたの周りにいるママさん方に聞いてみましょう。

抱っこひも一つとってもメーカーごとに使い心地など異なってきます。

例えば、筆者が買わなくても良かったものに搾乳器があります。

実際にはあまり使う機会がなかったこと、

また電動搾乳器をレンタルした方が効率的であったと考えています。

逆に、新生児から使える抱っこひもとスリングは早く買えば良かったと思っています。

筆者は2人目を産んでから新生児用抱っこひものインサートを購入したのですが、

使える期間は短いものの上の子の世話をしたり、家事をするのに大変役立ちました。

新品でないといけない?

せっかく新しく生まれた赤ちゃんなのだから、

と新しいものを使用したい気持ちもありますが、赤ちゃんの成長は早く、

あっという間に大きくなります。

新品な方がいいもの、新品でなくともいいものを考えてみてください。

お洋服などは数ヶ月間でサイズが変わります。

最近はお洋服の値段も高くはありませんが、

周りの親戚や友人からお古を頂くのもありです。

ママの手作りも・・

妊娠中に何か手作りしたくなる方も多いのでは?

おくるみや、ナーシングカバーなどは比較的簡単に作ることができ、

手芸用品店始め、100円均一などのお店でもかわいい材料が手に入ります。

自身で手作りすると、実際に購入するより安価で愛着のあるものができるでしょう。

コミュニティを活用

地域のネットワークを活用しましょう。

市役所や子育て支援センターなどで「譲ります」「売ります」、

といった張り紙を見かけたことはありませんか。

多くのコミュニティでこういった活動があり、多くは善意から行われています。

ぜひ一度チェックしてみてください。



レンタルもあり!

ベビー用品のレンタルのお店は、ウェブで検索すると思いの外、たくさん出てくるのですよ。

レンタルの場合、数週間から数ヶ月単位でベビー用品を借りることができます。

使用期間が限られているものであれば購入するより、

お得に利用することができるでしょう。

往復手数料、規定などチェック

お店が遠方の場合、数千円の往復送料を支払うこともあります。

またキャンセル時の返金保証、破損時のルールなど、

ご確認の上でご利用されるとよいかと思います。

例えば、遠方の実家へ里帰りする間に使用したい、

購入するか悩んでいるときなどはレンタルが大変便利でしょう。

ネットを活用

産後は赤ちゃん中心の生活で、以前のように自分の都合で動くことができません。

ベビー用品店が近くにあればよいですが、

ネットショップにも赤ちゃんとママ向けのショップが充実しています。

ネットショップであれば、自宅にいながら届けてもらえるので、

荷物量を気にすることなくお買い物が楽しめます。

いらないものは、断捨離

子どものおもちゃ、お洋服は子どもの成長に伴い、どんどん溜まっていきます。

「今後使わない」ものは、どうしても思い出に残しておきたいもの以外、

次の世代へ回すか手放しましょう。

写真を撮り、データとして残しておくのも一つの手です。

お洋服は案外たくさん必要!

最後に筆者の場合は、周りに同じ世代の子ども達がいたので、

おもちゃ、お洋服ともほとんどお古を頂いていました。

実際、毎日汚し、お着替えもするのでたくさんお洋服があると助かるのと、

子ども自身「○○くんが着てたのがいい」という愛着があるようです。

さいごに

以上、筆者が2人の育児を通して学んだベビー用品の揃え方です。

人によりベビー用品の考え方は様々かと思いますので、

ぜひ一つの案としてご参考になれば幸いです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします