料理・レシピ

実践して効果的だった日持ちする野菜保存の方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、7歳の息子と5歳の娘を育児中のママライターです。

皆さんは買ってきた野菜、きちんと使いきれていますか?

買ってきても使いきれずにしなしなにさせてしまった、

腐らせてしまったなどの経験はないでしょうか。

私は数年前に自分で野菜の保存方法を調べ、今でもずっと実践しています。

とても簡単なので参考にしていただいて、ダメにしてしまう前に使いきってしまいましょう。

使いきれるととても気持ちがすっきりしますよ。



野菜保存の基本

野菜は育った環境に近い温度で保存するのが基本です。

暖かい場所で育った野菜であれば、冷蔵庫に保存するのは避けましょう。

どんなものがあるかと言うと、キュウリ、ピーマン、なす、

じゃがいも、玉ねぎ、里芋などです。

野菜を切った後の残りは冷蔵庫へ

冷蔵庫に入れない方がいい野菜を切って残ったら、

ラップに包んで冷蔵庫に保存するようにしてください。

野菜は切るとエチレンという老化植物ホルモンが発生しやすくなるからです。

それでは野菜別に保存方法をみていきましょう。

キャベツの保存方法

キャベツは冷蔵庫で保存しましょう。

丸ごと一個保存する場合、まず初めに芯を包丁でくりぬきましょう。

芯のあった部分に濡らしたペーパータオルを

芯のあった部分に濡らしたペーパータオルを詰め、

チャック付きの保存パックに入れて、

芯の部分が下になるような状態で冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。

レタスの保存方法

買った時のままのラップにくるんだまま、野菜室で保存できます。

キャベツと同じで、レタスも芯をくりぬいておいた方が長持ちします。

芯をくりぬくときは手で

レタスは食べる前もちぎって調理しますよね。

これは金属にふれると変色するため、包丁で切るのを避けるからなのですが、

保存するときも同様に、芯を包丁で切ると変色するかもしれないので、

必ず手でくりぬきましょう。

きゅうりの保存方法

きゅうりは冷やしすぎると傷んでしまいます。

冷蔵庫よりは野菜室で保存してください。

水気にも弱い食材なので、保存する前にペーパータオルでよく水気を拭きましょう。

1本ずつラップに包む

少し面倒ですが、水気を拭いたきゅうりを1本ずつラップに包んで、

保存パックに入れ野菜室に立てて保存してください。

トマトの保存方法

トマトも野菜室で保存してください。

この時、保存パックに入れて、へたの部分が下になるように入れてください。

なるべく1個ずつペーパーでくるんでから

トマト同士が触れると痛みも早いので、

なるべくペーパーで1個1個包んで保存するのが望ましいです。

少し大変でも野菜を長持ちさせるために頑張りましょう。



にんじんの保存方法

にんじんも野菜室で保存します。

水気に弱い食材なのでペーパーでくるんでから保存パックに入れて保存しましょう。

土がついている場合は冷暗所でも

土がついているにんじんであれば、

新聞紙にくるんでから冷暗所に保存すると良いでしょう。

長ネギの保存方法

新聞紙につつんで立てたまま冷暗所に保存します。

切った場合は野菜室に入れてくださいね。

このとき、保存パックに入れることをお忘れなく。

たまねぎの保存方法

たまねぎは冷暗所で保存しましょう。

腐りやすい食材なので風通しの良い場所を選びましょう。

新たまねぎは野菜室へ

切った残りや夏の湿気の多い時期、また日持ちのしない新たまねぎは、

必ず野菜室で保存するようにしましょう。

ごぼうの保存方法

ごぼうはとても乾燥に弱い食材です。

洗いごぼうの場合

洗いごぼうは酸化しやすいです。

湿らせた新聞紙にくるんでから、ラップに包み野菜室に保存してください。

泥つきごぼうの場合

こちらも湿らせた新聞紙に包んで冷暗所に立てて保存してください。

夏は注意が必要なのですが、泥を洗い落としてから野菜室に保存したほうが良さそうです。

大根の保存方法

買ってきたらすぐに葉は切り落としましょう。

葉を切り落としたらラップに包んで野菜室に保存してください。

じゃがいもなどのイモ類の保存方法

イモ類は冷蔵庫はNGです。

蒸れないようにネットやかごなど通気をよくして冷暗所に保存しましょう。

さいごに

いかがでしたか?

野菜は育ってきた環境で保存するのが一番良いのですね。

育ってきた環境に近づけるために、少し面倒なものもありますが、

野菜を長持ちさせることができる方法を試して、

毎日のお料理に役立ててもらえたら嬉しいです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします