家族の実話エピソード

母と娘の服装バトル

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0



娘に自分好みの可愛い洋服を着せる。それは、娘を持つ母の喜び。

でも、母が娘の服を自由に選べる時期は、永遠には続かない。

成長するにつれて、母と娘の服装バトルが始まるのだ。

産まれるまであえて性別を聞かなかったが、いざ産まれると、女の子。

可愛いスカート。フリルのついた上着。

小さい洋服を着せることがこんなに楽しいことだと、初めて知った。

これが、母にとって、娘の服装が思い通りになった【蜜月期】だった。

それが、小学校に入ると、服装の好みの【変遷期】に入る。

幼稚園は制服だったけれど、小学校は朝から晩まで私服。

周りで流行っている服装の好みに自然と染まっていく。

幸い周りには、小学生らしい、スポーティーなファッションの子が多かった。

ジャージで登校も全くOK。洋服代が安く済んで、汚れてもガンガン洗濯できる。

ありがたい。

周りに染まって、一気に好きになったのは「水色」。フリフリ・ピンクはもうイヤ。

そして、3年生ぐらいで好きになったのが「黒」。

英語が大きく書いていたり、とにかく「カッコイイ」服を好むようになった。

この時までは、好みの色さえ押さえていれば、母がいいと思う服を買ってきても着ていた。

「服は親が用意するもの」だった。

そして、いよいよ始まった母への【反抗期】。

黒だったら何でもいい、というわけにはいかず、細かな好みが出てきた。

シンプルなものが好き、という大まかな傾向はあるのだが、

実際に着てみて気に入るかはその時々で、傾向がつかめない。

そこから、母が買ってきた服は着なくなった。

娘の好みはこんなのだろう、と精一杯考えて選んでも、全くズレている。悔しい。

「何をワガママ言ってるの!」とバトルが勃発。

でも、懲りずに母は、「これならどうだ!」と、娘が選んだ服に似たものを選んでみる。

「うーん...いいセンいってるんだけど、ちょっと、違う」

結局着ない。むなしく、悔しい。またバトル。

ある時、おばあちゃんが娘に服を買ってきてくれた。

私にとっては「えっ、それはちょっと古いカンジ」という服。

なのに娘は、「こういうのもいいね」と結構気に入って着ている。

ますます悔しい。またまたバトル。

諦めればいいものを、母は何度もトライしてみる。その度に、着ない服が増えていく。

むなしい戦いが続いた。

努力しても娘を理解できない一面が、初めて出てきた。

娘がいるママ友に、服装事情をリサーチしてみる。

「ウチは今でも、私が買ってきたものを喜んで着ているよ。

姉妹でおそろいの服を着たりもするし」

...羨ましい。

「ウチも好みがハッキリ出てきたけど、好みが合うっていうのかな。

一緒に買物に行って服を選んでると、同じもの手にとってたりして」

...ありえない。それはとんでもなく羨ましすぎる。

「小さい頃は気に入った同じワンピースばかり着て、

着る服がないみたいに思われるのがイヤだったな。

今でも、絶対に自分が選んだものしか着ないの。

だから最初から、親の好みの服を着てもらうことなんて諦めてる」

...うーん、我が娘より頑固な子がいましたか。

「全然ファッションに興味がなくて。服を買いに行くことすら面倒くさがるの。

高校生になっても、親が用意した服を文句も言わずに着ているし、それもちょっとね」

...それは確かに心配になる。

リサーチしてわかったこと。

服の好みが親と合う合わないは、とにかく個人差が激しい。

一生そんなバトルを経験しない人もいれば、バトルをずっと続ける人もいる。

バトルにならない人もいる。そういうものなのだ。

好み。それは、簡単に答えが出ない問題。

合わない人が一生懸命考えても、どうしても近づけないのに、

合う人だと一発で好みがわかったりする。

我が家の場合は、母と娘の服の好みが違うのだ。その事実を受け入れるしかない。

娘といっても一人の人間。いつまでも親の思う通りにならない。

むしろ、このバトルをここまで大げさに考えてしまうのは、

他のことでそんなに反抗されたことがなかったということだ。

今までが順調すぎただけ。そのことにあらためて気づく。

子育てをしていて、母が思い通りにならない瞬間。

それは、子供が一人の人間として成長している時。

このバトルを通じて、娘は自分の好みをより強く持ち、

母は、娘が自分から離れて自立していくのを、少しずつ受け入れていく。

そんな意味があると思う。

こうして、母と娘の服装バトルは、とりあえずお互いを尊重し合う【停戦期】に入り、

勃発することがなくなった。

今、娘は中学生になり、私の身長をとうに追い越している。

服を買う時は娘と一緒に行く。母はそばで見守っている。

時々、「こういうのはどう?」と言ってみて、やっぱり却下されるけれど。

娘が選んだ中学生にしてはシンプルでシックな服は、私でも着ることができるサイズ。

「こういうのもいいじゃない」

と、母がちゃっかり借りて着ている、今日この頃だったりする。


トップ画像出典: bestfriendtagquestions.com/

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします