命名・名前

誕生月の花言葉から考える男の子の名前!1月~12月まで各月ごと解説

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

お花には、月ごとに1~12月に決まった『誕生月の花』と、365日の月日にちなんだ『誕生日の花』があります。

これらの誕生花は世界各国で決められている種類が異なります。

ここでは、誕生月の花にあたる日本の花の『花言葉』をご説明するとともに、その花言葉から考えられる男の子の名前をご紹介します。



1月の花 福寿草(フクジュソウ)

春を告げる花であり、福を呼ぶおめでたい花といわれています。

寒さに耐えながらもその命の花を懸命に咲かせる福寿草には、力強く生き抜く生命力を感じます。

別名『元日草(がんじつそう)』『朔日草(ついたちそう)』とも呼ばれます。

福寿草の花言葉

幸福、幸福を招く、永久の幸福、

回想、思い出、悲しき思い出

福寿草の花言葉にちなんだ名前

幸(こう)・幸明(こうめい)

寿幸(としゆき)・幸寿(ゆきひさ)

想寿(そうし)・寿思(ひさし)

永和(とわ)・永寿(ながとし・ながと・えいと)

招寿(あきとし・あきひさ)・福思(ふくし)
 
 
(1月生まれの名前に関しては、「1月生まれにピッタリな男の子の名前295個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

2月の花 梅(ウメ)

薔薇科に属する梅は、春の訪れを感じるきれいな花を咲かせます。

日本には古くから渡来し、平安時代には詩に読まれるほど人々に親しまれている花です。

梅の花言葉

高潔、高潔な心、潔白、澄んだ心、

忠義、気品、忍耐、清香

梅の花言葉にちなんだ名前

清・潔(きよし)・義潔(よしきよ・よしき)

有潔(ありきよ・ゆうき)・潔澄(きよずみ)

義澄(よしと)・清澄(きよと)

澄(とおる)・白澄(はくと)・心忍(しのぶ)
 
 
(2月生まれの名前に関しては、「2月生まれにピッタリな男の子の名前426個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

3月の花 桜(サクラ)

日本文化としてなじみの深い桜。

春の花の代名詞であり、桜の木の下でのお花見をする人々の姿は、春の風物詩ともなっています。

桜の花言葉

心の美しさ、精神の美、優美な女性、純潔、

淡泊、優れた美人、豊かな教養、しとやか、

良善な教育、あなたに微笑む、高尚、美麗

桜の花言葉にちなんだ名前

優人(ゆうと)・良優(りょう・りょうや)

高尚(たかなお・たかひさ)・高優(たかひろ)

豊高(ゆたか)・淡桜(おう)

高桜(こう)・純優(じゅんや)

笑優(しょうや)・神優(しんや)
 
 
(3月生まれの名前に関しては、「3月生まれにピッタリな男の子の名前463個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

4月の花 藤(フジ)

樹木に巻き付いて伸びる蔓が特徴の藤。

垂れ下がって咲く、きれいな紫色の花はとても印象的ですが、他にも白やピンクの花を咲かせる種類もあります。

藤の花言葉

愛に酔う、至福のとき、陶酔、歓迎、

優しさ、決して離れない、忠実な

藤の花言葉にちなんだ名前

愛斗(まなと)・至(いたる)

歓人(よしと)・歓喜(よしき)

優忠(ひろただ)・優至(ひろゆき・ゆうじ)

歓至(かんじ)・藤至(とうし)
 
 
(4月生まれの名前に関しては、「4月生まれにピッタリな男の子の名前577個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

5月の花 菖蒲(ショウブ)

水辺に生え、初夏の頃に黄色い花を咲かせる菖蒲。

端午の節句を代表する花で、邪気を払ってくれるという言い伝えがあります。

同じく『菖蒲』を書いて『アヤメ』とも呼びますが、ショウブとアヤメは全く別の花です。

菖蒲の花言葉

優しい心、あなたを信じます、忍耐、

あきらめ、情熱、伝言、嬉しい知らせ、

心意気、優雅、信頼

菖蒲の花言葉にちなんだ名前

信頼(のぶより)・知嬉(ともき)

優嬉(ゆうき・ひろき・はるき

優心(ゆうしん・ひろし)・耐気(たいき)

優雅(はるが・ゆうが・ひろまさ・はるまさ)・

優信(ひろのぶ・はるのぶ・ゆうしん)・

菖優(しょう)・菖嬉(しょうき)・・耐心(つよし
 
 
(5月生まれの名前に関しては、「5月生まれにピッタリな男の子の名前436個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

6月の花 牡丹(ボタン)

ぽってりとした形で、豊かな色が特徴の牡丹。

その豊かな形と色から『富貴の花』とされ、様々な別名があります。

牡丹の花言葉

風格、王者の風格、富貴、恥じらい、

人見知り、壮麗、高貴

牡丹の花言葉にちなんだ名前

高貴(たかひろ・こうき)・壮丹(そうた

富貴(ふうき・とみひろ)・風貴(ふうき)・

壮貴(そうき・はるき)・貴壮(たかあき・たかまさ)

壮風(そう)・高格(たかのぶ)

風丹(しょうた)・丹貴(たか)
 
 
 
(6月生まれの名前に関しては、「6月生まれにピッタリな男の子の名前546個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)



 

7月の花 蓮(ハス)

水生植物で、花を咲かせる時間が早朝から9時頃までと短い時間のみ。

泥沼の中から伸びても美しい花を咲かせることから、清らかさの象徴として仏教と深い結びつきがあります。

蓮の花言葉

清らかな心、神聖、離れ行く愛、

雄弁、沈着、救ってください

蓮の花言葉にちなんだ名前

雄人(ゆうと)・清(きよし、しん)

清人(きよと、きよひと)・愛救(あすく)

救(たすく)・清神(せいじん)

聖神(せいじ)・蓮聖(れんき)
 
 
(7月生まれの名前に関しては、「7月生まれにピッタリな男の子の名前440個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

8月の花 百合(ユリ)

球根から根を出し、真っ直ぐに茎を伸ばしてその先端に花を咲かせます。

多くの種類がある百合の花ですが、

日本の百合は観賞価値が高いとされています。

百合の花言葉

純粋、無垢、威厳、純潔、虚栄心、

甘美、華麗、愉快、軽率、清浄と上品

百合の花言葉にちなんだ名前

純(じゅん・あつし)・巌(いわお)

清巌(きよみね)・威(あきら)

純愉(すみとし)・潔(きよし)

潔人(きよと)・粋人(いきと)
 
 
(8月生まれの名前に関しては、「8月生まれにピッタリな男の子の名前540個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

9月の花 芙蓉(フヨウ)

もともと『蓮』の花は2種類にわけられ、水の中に咲く水芙蓉と、木に咲く木芙蓉があります。

中国ではまとめて『蓮』と呼んでいましたが、日本では水芙蓉を蓮と呼び、木芙蓉の芙蓉と呼びます。

朝に咲き、昼には萎んでしまうという特徴があります。

芙蓉の花言葉

繊細な美、しとやかな恋人、微妙な美しさ、

富貴、包容力、特別な人、華やか

芙蓉の花言葉にちなんだ名前

美貴(よしき)・貴容(たかまさ・たかひろ)

富美生(とみお)・美容(よしひろ・よしまさ)

容美(まさよし・ひろよし)

淑容(としひろ・よしひろ)

貴淑(たかよし・たかとし)
 
 
(9月生まれの名前に関しては、「9月生まれにピッタリな男の子の名前459個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

10月の花 菊(キク)

菊は天皇家の紋としても有名です。

古くから食用として用いられており、延命長寿の効用があるため漢方薬にも使用されています。

菊の花言葉

高貴、高潔、高尚、私を信じてください、

清浄、真の愛

菊の花言葉にちなんだ名前

高貴(こうき、たかひろ)・清尚(きよひさ)

尚(ひさし)・高尚(たかなお・こうしょう)

信(しん)・高信(たかのぶ、こうしん)

貴真(こうしん、たかまさ)

高菊(たかき・こうき)・菊清(きよし)
 
 
(10月生まれの花に関しては、「10月生まれにピッタリな男の子の名前437個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

11月の花 椿(ツバキ)

鮮やかな赤い花を咲かせる椿は、庭木として親しまれています。

葉が丈夫で艶やかであるという特徴を持っています。

椿の花言葉

控え目な優しさ、誇、優美、謙虚、慎み深い

椿の花言葉にちなんだ名前

謙(けん)・優(ゆう)

優人(ゆうと・ゆうじん)・謙慎(けんしん)・

誇優(こう)・誇(こう)・誇慎(こうしん)

優慎(ゆうしん)・慎(まこと)
 
 
(11月生まれの名前に関しては、「11月生まれにピッタリな男の子の名前479個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

12月の花 水仙(スイセン)

12月から4月までの長い期間、

可愛らしく咲く花と良い香りを楽しませてくれる水仙。

日本国内で最も多く見られる種類は『日本水仙』と呼ばれます。

水仙の花言葉

うぬぼれ、自己愛、神秘、尊重、

愛に応えて、尊敬、心づかい

水仙の花言葉にちなんだ名前

尊重(たかしげ)・重尊(しげと)

重心(しげみ)・心神(しん)

重己(しげき)・尊己(たかき)

愛己(まなき)・尊心(たかみ)

神(かむい・しん)・重仙(しげひさ)

尊仙(たかひさ)

(12月生まれの名前に関しては、「12月生まれにピッタリな男の子の名前384個集めてみた」で、詳しく紹介しています。)

花言葉に込める想い

花を性別でイメージすると、女の子!と考える方が多いかもしれませんね。

しかし、花には男女関係なく、様々な想いを込めることができます。

花を愛でる男性は好印象

花は繊細で優美で可愛らしいものです。

しかし、その裏側には自然界で生きる強さを秘めています。

四季折々の花、また花言葉にちなんだ名前を男の子に付けると、自分の足でしっかりと歩んで行ってほしいという想いも伝わるでしょう。

そして、花を愛でる男性はとても優しく、マメで気が利くなど、女性にも好印象を与えます。

誕生月の花に関わらず、四季折々の花には多くの花言葉があります。

お気に入りの花でぜひ素敵な名前を考えてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします