1歳~3歳児 生後0ヵ月~12ヵ月

赤ちゃんと犬の同居!注意点は?愛犬の変化は?赤ちゃんの反応は?同居のコツは?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!

先日赤ちゃんを出産したばかりのママライターです。

我が家には飼って3年の犬がいます。チワックスです。

甘えん坊で、ビビりで、時々やんちゃ。オスです。

部屋で飼っておりサークルは使用していません。

こんなワンコとの生活に、突然赤ちゃんがやってきました!

今回はその反応と同居のコツをお話ししたいと思います。



同居のコツ①

赤ちゃんとワンコは一緒の部屋でも居住スペースは分ける

ワンちゃんはいくらきれいにしていても、ダニや汚れ、雑菌などが必ずあると考えてください。

生まれたての赤ちゃんにとって、それは有害なもの。

ベビーベッド、バウンサーは必須です。

我が家はワンコがサークルに入っていないので、お布団は絶対にダメでしたし、

リビングに連れていき寝かせるときはバウンサーに寝かせ、

ワンコが歩いているであろう床から離しています。

 

 

同居のコツ②

赤ちゃんの匂いを嗅がせる

ワンちゃんは、初めて出会った人や犬など、匂いで識別しています。

匂いを嗅がせて、新しい家族であることを認識させます。

その際、赤ちゃんを舐めそうであれば注意してあげてください。

決して強く怒らないこと。

赤ちゃんが来たことでワンちゃんにマイナスなことが起これば、

ワンちゃんにとって赤ちゃんが敵になってしまいかねません。

同居のコツ③

赤ちゃん優先で生活する

犬は家の中で従う順位を決めています。

ワンちゃんがわがまま言って吠えたとしても、必ず赤ちゃんを優先して動いてください。

赤ちゃんの順位をワンちゃんが下につけてしまうと、将来的に赤ちゃんに危害を及ぼす可能性もあります。

同居のコツ④

犬もストレス、時間が出来たら遊んであげる

慣れない環境になるとワンちゃんもストレスになります。

大好きな飼い主さんが、自分よりも赤ちゃんを優先して動いているとわかると、

餌を食べなくなったり、元気がなくなったりします。

これはストレスがたまっている証拠。

時間が出来たらワンちゃんと遊ぶ時間もしっかり作ってあげてください。

するといつもの元気を取り戻していきます。



初めての出会い(1日目)

うちの犬は初めて赤ちゃんを見るなり、じっと見つめては距離を取り、

少し赤ちゃんが動いただけでもびっくりしていました。

この日は餌を少し残し、状況を把握できていない様子。

おしめを取り換えていると、自分と遊んでとちょっかいを出してきます。

これは無視し、おしめを取り換える作業を続けます。

すると状況を理解し、おとなしくなります。

気になってしょうがない(2日目)

リビングのバウンサーを見るなり赤ちゃんがいないことを確認。

連れてくると近づき匂いを嗅ぎ始めました。

そして興味津々に見つめていました。

バウンサーを横切るときは必ず、目線を赤ちゃんにやって確認してからにしていました。

夜泣きで泣いたときも、近くまで寄ってきてずっと見つめていました。

守ろうとする本能(3日目)

バウンサーに寝かせようとするとうちの犬はしっぽを振り、待ってましたと言わんばかりでした。

いつもなら気にならないような音で吠えたり、バウンサーの横でお座りや伏せをしてみたり・・・

赤ちゃんを守ってくれているのかなと思いました。

初日に距離をとっていたのが嘘のように近づいています。

同居をこれから始める方へ

ワンちゃんは赤ちゃんの存在をゆっくりですが理解していきます。

大丈夫です。

ただ、忘れないでほしいのは、ワンちゃんにとってストレスのない環境を作ってあげることです。

赤ちゃんが来るからと言って、
サークルに居なかったワンちゃんが急にサークルに入れられたり、
遊んでもらえなくなったり・・・そんなことはあってはなりません。

上手く共存していくためには、赤ちゃんもワンちゃんも今までと同じように愛してあげることが大切です。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします