命名・名前

皆どうやって決めてる?男の子の名前を決めるコツ7つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

妊娠がわかり、今は早くて5カ月頃になると性別が判明します。

その頃から、子どもにどんな名前を付けようか考え始める方も多いでしょう。

男の子だと判った場合、男の子らしい漢字を使うか、

男の子らしい響きにするか、何を基準に考えたら良いの!?

と悩む事もある名付けの方法。

ここでは、そんな男の子の名付けの方法についてお話しします。



名付け方1 好きな響きに漢字を充てる

声に出して呼ばれることの多い名前です。

周囲にどのような印象を与えるか、友達から呼ばれやすい発音かなどは、

音の響きに関係があります。

周囲に与える印象

濁音の入った男の子名前は、強くて逞しいイメージの名前になります。

例えば、「だいな」「げんご」「じょう」など、軽いというより、

重々しい雰囲気の印象を与えるでしょう。

また、軽い印象を与えたい場合は「しんや」「しょう」「せいや」、

などのサ行を含んだ名前がおすすめです。

このように、声に出して発音してみて、

どのような印象を与えるかを考えるのも方法のひとつです。

発音しやすい名前

子どもが発音しやすい名前であれば、

小さなうちから自分の名前をきちんと言えるようになりますし、

友達からも名前を呼ばれやすくなります。

言葉が未発達の子どもにとって、カ行、サ行、ハ行、そして濁音を含む音や、

長い名前は呼びにくいものです。

特に長い名前は、「くん」を付けて呼ぶのが面倒になりがちです。

「りゅういちろう」「しょうじろう」などは、

短縮した“あだ名”(りゅうくん、しょうくん)で呼ばれやすくなることを心得ておきましょう。

【関連記事】
響きで決める!男の子の名前で素敵な響き名前140選

名付け方2 使いたい漢字から決める

特別な想いのある漢字や、イメージする事柄から漢字を使って決める、

という方法があります。

イメージから漢字を選ぶ

星や宇宙、空や海、自然など、大まかなテーマを決めて、

それにちなんだ漢字を使うという方法で候補が絞られてくるでしょう。

自然なら、動物、植物などに絞り、植物なら花にするか木にするかで、

使いたい漢字を決めて行くことができます。

花の名前にすると決めたら「蓮」「紫陽花」「向日葵」など、

漢字で書ける花の名前を並べてその中から好きな漢字を使えば決めやすくなります。

漢字の意味から決める

いくつかの使いたい漢字の候補をあげてみて、

それぞれの意味を調べてみましょう。

意味を知ることで、止めた方が良い、想像と違った…、

という漢字も出てくるかもしれません。

立派な意味のある名前は、大人になっても自信の持てる名前になるでしょう。

【関連記事】

男の子の名前に人気の漢字ベスト10とその漢字の意味や込める想い

名付け方3 姓名判断を活用する

姓と名それぞれの画数の相性を見る姓名判断を活用するのも方法のひとつです。

本やネットを活用する。

姓と相性の良い名前を調べるために、本やネットを使う方法があります。

占いを信じる方や、占い結果にあやかりたい方にはおすすめです。

姓と名、それぞれの画数の相性を見る姓名判断は、

特に男の子にはおすすめしたい方法です。

決めてから後悔しないためにも、必要な方法であると言えるでしょう。



名付け方4 季節に応じた名前を考える

出産日の季節にちなんだ名前を考える方はとても多いですね。

出産時の様子を思い出に!

日本は四季がはっきりしている国です。

ですから、子どもの名付けを季節に合わせて決めるのは、

日本らしさのある決め方だと言えます。

四季折々の美しい言葉や出産時の臨場感が感じられる名前も素敵だと思います。

また、将来子どもが大きくなったとき、

「〇〇くんが産まれた日はとても寒い冬の夜でね…」などと、

子どもと名付けに関する思い出話をする楽しみにもなりますね。

【関連記事】

春生まれの男の子に「春を感じさせる」かっこいい名前200個集めてみた

夏生まれの男の子に「夏を感じさせる」かっこいい名前200個集めてみた

秋生まれの男の子に「秋を感じさせる」かっこいい名前200個集めてみた

冬生まれの男の子に「冬を感じさせる」かっこいい名前200個集めてみた

名付け方5 願いや想いを基準に考える

どんな子どもに育ってほしいか、将来はどんな大人になってほしいか、

願いや想いを込めると愛情の深さも感じられます。

愛情深い名前を考える

名前負けという言葉があるように、

過度な期待が感じられる名前は良くない!という人もいますが、

親が子どもに期待をかけ、将来のことを想い、

願いを込めて考える名前には、それだけ親の愛情が深く刻まれることにもなります。

愛情がたっぷり込もった名前を考えるのも楽しいものです。

ただし、子どもが期待通りに育ってくれるかは、

子どもの成長に委ねることを忘れないでくださいね。

名付け方6 パパとママの思い出を元に決める

子どもは夫婦の愛の下に生まれてきます。

パパとママの思い出を子どもの名前に刻むことは、

家族愛・家族運をアップさせる予感がします。

思い出を名前にする方法

思い出の土地や季節、曲、2人で見た大好きな映画や、本、

そして思い出の出来事など…子どもが生まれる前の時間を思い出してみてください。

その中から、特別な想いのある部分を抜き出し、

子どもの名前に繋げるという方法もあります。

子どもに名前の由来を聞かれたとき、

きっとパパとママの大きな愛を感じてくれることでしょう。

名付け方7 先祖代々の習わしに従う

男の子の場合、先祖代々使われている漢字や、

名付けの習わしに従った方が良い家系もあるかもしれません。

性別がわかったら早めに相談を!

代々、後継ぎが必要な家系に男の子が生まれたら、パパやママだけでなく、

祖父母や親戚等からの期待も大きいものです。

早めに名付けに関する相談をして、

家系における習わしが無いかどうか、聞いてみましょう。

男の子は一生変わらない大切な名前!

女の子と違い、たいていの男の子は一生、名字が変わることがありません。

ですから、一生付いて回ることを考えて決めましょう。

パパとママからの人生最大の贈り物

とは言っても、画数などを調べて決めれば何でも良いというわけにはいきませんよね。

パパとママが一生懸命考える、それこそが親から子どもへの最初の贈り物です。

そうして考えられた名前は、人生最大の贈り物になると言えるでしょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします