子供の健康・食事

便秘がひどい子供に効いた最善の解消法4選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。5歳の娘を育てているママライターです。

私はよく子どもの便秘に悩まされています。

デリケートな体質なのか、運動不足や野菜足りないとき、すぐ便秘気味になります。



私の子供の便秘エピソード

3歳の夏、ちょうどトイレトレーニングが始まった頃、トイレに行くと緊張して我慢してしまうわが子が便秘になって「お腹が痛い。痛い。」と騒ぎ、小児科に連れて行きました。

「ガチガチですね。」と先生に言われ、3人の看護師さんが暴れているわが子を抑えながら、浣腸してもらいました。

「もうこんな苦しい思いをさせたくない!」と思い、子どもの便秘に効く方法はないのかと、必死に調べました。今日は、私の子どもに効果があった解消法を紹介しましょう。

改善法1、食事、食生活から見直そう。

人間の体は食べたものによって維持されていますから、植物性繊維を豊富に含まれている食材をたくさん食べることで、便秘の予防に役立ちます。

子どもの消化器官はまだ成長している途中なので、体にやさしいかつ栄養豊富な食材を選びました。

便秘によい食べ物リスト

便秘に効いて栄養も良い食べ物は以下のようなものがあります。

  • 食材として⇒豆腐、豆、糸こんにゃく、ごぼう、きのこ、スイートコーンなど。
  • 乳製品として⇒ヨーグルト、ヤクルト。
  • 果物として⇒バナナ、グレープフルーツ、オレンジ、キュウイ、りんごなど。
  • 飲み物として⇒野菜ジュース、はちみつ、白湯。

特に聞いたのはお白湯とオリゴ糖入りヨーグルト

特に「これで効いた!」というのは、朝の白湯オリゴ糖入りのヨーグルトでした。

お白湯(さゆ)

朝起きてまず白湯を1杯飲ませましょう。白湯といっても、沸かしたお湯をカップに入れて10分ほど冷めればOKです。

朝起きた時間帯に腸内の活動が活発となり、白湯を飲むことによって腸の蠕動運動がさらに刺激され、便秘が解消されやすくなります。

オリゴ糖入りのヨーグルト

また、最近、口コミで便秘に効くと話題となっているオリゴ糖が、体に優しく便秘解消してくれます。

オリゴ糖がビフィズス菌のエサになって分解されると、乳酸などの有機酸が発生します。

そうすると、腸が刺激され便意が出やすくなるのです。オリゴ糖は腸内環境を整える役割があります。

子どもの体質によりますが、最初は少しずつ試してみるのも、便秘の解消にいいかもしれません。

水分をたくさん取りましょう。

それに、子どもが便秘気味のときにいっぱい水分を飲ませましょう。

人間の体の70% は水分でできています。体内の水分量が足りなくなると、血流が鈍くなることによって老廃物の排泄を妨げ、ウンチがさらに硬くなることもあります。そのときは、体内を冷やさないように、白湯か常温の水を飲ませましょう。



改善法2、生活習慣から見直そう。

子どもの生活リズムが崩されると、便秘になりやすいので、規則正しい生活習慣に心がけましょう。

日中天気のいい日は、公園などに連れていっぱい歩かせてみましょう。体が動かせることによって腸が刺激されます。半身浴も効果があります。

赤ちゃんのいるママにはベビーマッサージがおすすめです。

改善法3、メンタル的な原因を除こう。

最後に、意外と忘れがちな理由ですが、トイレの環境も大切です。

子どもが落ち着いてトイレできる場所と時間帯を確保しましょう。特にトイレトレーニングを受けている子どもには、「失敗したくない」、「汚いから」といった理由でトイレを我慢する傾向がありますので、

ママはあまりプレッシャーをかけないように、気持ちに余裕を持って付き合ってあげてください。

改善法4、ひどい便秘なら小児科に相談

子どもがもしひどい便秘になった場合、市販の整腸剤などを服用させない方がいいです。

子どもの体質はそれぞれ異なります。なかには数日ウンチが出なくても平気な子どもがいますので、まず小児科の先生に相談に行きましょう。

浣腸や便をやわらかくする薬など、色々な方法があります。ママはひとりで悩まないで、プロの手を借りて一緒に子どもの便秘を解決しましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします