節約術

食費節約のカギはもやし!もやしの保存法からおすすめレシピまで大公開

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

3歳の娘・5歳の息子・8歳の娘の3人の子どもを育てているママライターです。

妊娠出産と共にママが退職し収入が減るのに、

ベビーが生まれ、出費は増えるばかり・・。

おむつ代にミルク代、赤ちゃんはすぐに成長するので、

毎年、毎シーズンごとに新しい服を買い揃えるなんてことも・・。

そんな時には、やはり節約をしなきゃと感じてしまいますよね。

我が子の教育費だけでも、これからお金が沢山かかってしまうので、

少しでも節約したいという人も多いと思います。

節約の基本は食費から!中でも、もやしを上手に使うことが、食費節約のカギになるのです。

安くて栄養満点のもやしを上手に使って食費を節約しちゃいましょう。



栄養満点!もやしの魅力

豆から芽が出てすぐの状態がもやし。

豆の栄養をほとんど持っているうえに、

発芽するときのパワーで栄養が増えているので、

もやしは豆よりも栄養があるのです。

もやしの栄養は、ビタミンC・B1・B2・B6、カリウム、アスパラギン酸、

カルシウム、食物繊維など・・。

節約生活で不足しがちなビタミンやミネラルなどの栄養素が多く含まれていて、

健康的に節約ができるので、もやしがおすすめなのです。

子供にも人気!シャキシャキとした歯ごたえ

シャキシャキとした歯ごたえが楽しいもやしは、

子供でも嫌いな子が少ない野菜のひとつ。

細長い形もあり、麺のように食べやすいのも良いですね。

味が淡白!どんな料理にも合っちゃいます

もやしはどんな料理に加えても、味の主張が少ないので、邪魔になりません。

栄養価が高いのに、80%が水分ということもあり、

低カロリーで、料理のカサ増しにピッタリですね。

安くておいしい!ただし、日持ちがしない!?

栄養があり、安くておいしい優秀野菜のもやしですが、

日持ちがしないのが難点。

毎日新鮮なものを買ってきて使うのが一番ですが、

買い物の回数が増えることは浪費が増えることにつながるので、おすすめできません。

出来れば買い物は週に1度のまとめ買いが、節約の鉄則。

もやしを上手に保存することが必要ですね。

食べる予定を立てて、上手に保存

もやしを買ってきたら、すぐに使う分と保存しておいて後日使う分に分けましょう。

もやしは無菌状態で育てられているので、買ってきたばかりのものは、

洗わずにそのままでも食べることができます。

もやしに多く含まれているビタミン類は水に溶けだしやすく、熱に弱い栄養素。

出来れば、生のまま頂くことで栄養をしっかりと摂ることができるのです。

水替えが大事!1週間日持ちさせる方法

もやしを日持ちさせるためには、タッパーにもやしを入れ、

かぶるくらいの水を加えて、冷蔵庫で保存します。

水は腐るので、2~3日に1度でも大丈夫ですが、

出来れば毎日水をかえましょう。

この方法で1週間くらいは持たせることができます。

ただし、ビタミンが水に流れてしまうので、

2~3日中に使う物は、袋のまま冷蔵庫に保存が〇。

長期保存が可能!冷凍保存

もやしが安売りしていた場合には、大量買いがおすすめ。

買ってきたもやしをさっと茹で、フリーザーバッグなどに入れて、

冷凍保存しておくと便利です。

ただし、シャキシャキとした食感はなくなってしまうので、

食感がなくても良い料理に使ってくださいね。



飽きずに食べられる!もやしの活用術

毎日でも飽きずに食べるためには、色々な食べ方を知っている必要がありますね。

クックパッドなどのインターネットサイトで色々と調べるのも良いですが、

レシピを増やすポイントを押さえることで、色々な食べ方に挑戦してみて下さいね。

ダイエット中にもおすすめ!主食のカサ増し

もやしの形状を利用して、ラーメンや焼きそばなど麺料理のカサ増しに使うのは、定番ですね。

シャキシャキのもやしを上にのせても〇。

冷凍後のしんなりしたもやしなら、麺と混ぜて、味を浸み込ませてしまえば、

麺の量が少なくても、たくさん食べた気になれますよ。

スープにたっぷりのもやしを入れて、もやしを麺風にしても美味しいですね。

カサ増しにも最適!お肉や卵に混ぜて!

ひき肉料理に刻んだもやしでカサ増しは多くの人がやっているかもしれませんね。

味が薄くなってしまわないように、

焼き肉のたれやスープの素を加えるとGOOD。

薄切り肉の中にもやしを入れてクルクルと巻き、

焼いてもボリュームアップできます。

もやしをまいたお肉に衣を付けてあげちゃっても〇。

卵との相性も◎。

卵とじ風や卵焼きのカサ増しにも使えますが、

もやしに味を付けてから加えるのがポイントですよ。

もやしでもう一品!おすすめレシピ

もやしのナムルもおすすめ。

ごま油と砂糖・醤油・お酢・コショウで合わせ調味料を作って、

茹でたもやしを和えるだけで美味しいナムルの出来上がり。

和風にするなら、ごま油の代わりにサラダ油でどうぞ!

麺つゆとごま油やポン酢とごま油でもOKですよ。

また、お好みでゆず胡椒やコチュジャンなどでピリ辛にしてもGOOD。

もやしだけでなく、キュウリやニラ・人参・ほうれん草などを加えても◎。

我が家の定番!もやしのチヂミ風

我が家でもやし料理というと、チヂミが定番。

もやしとニラをしょう油とお酒と卵であえて、

小麦粉を粉っぽさが残るくらいにまぶしてから、

たっぷりのごま油でカリッと焼いて、チヂミ風にします。

生地を少なめにし、もやしとニラの形が残るくらいがカリカリで美味しいですよ。

健康的に食費を節約!美味しくて栄養満点なもやしをたくさん食べよう

食費節約のカギはもやし!

もやしは安くて、栄養豊富、使い勝手のいい野菜。

味付けや使い方を変えれば、毎日の食卓に上っても飽きずに食べることができるのです。

上手に保存し、もやしをたくさん取り入れることで、

健康的に食費を節約しちゃいましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします