夫婦仲

マンネリ夫婦にありがちな行動と仲良しに戻る対処法5選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。結婚8年目になるママライターです。

長く付き合いしていると、どうしてもマンネリ化していますよね。

どんなに仲のいい夫婦でも、新鮮さを感じなくなる時期が必ずやってきます。飽きまではしないけど、昔ほどラブラブときめかない時はありますよね。

マンネリ化にならないように、どのようにすれば仲良しに戻れるのでしょうか?普段の生活のなかで、ちょっとした工夫で、夫婦円満になる対処法を5選紹介したいと思います。



マンネリ夫婦の特徴

マンネリ化しているカップルの間に、具体的にどのような行動が見られるでしょう。

  • 1、 一緒にいても、会話がなく、楽しいと感じなくなりました。スマートフォンやテレビなどのメディアに夢中している時間が多い。

  • 2、 旅行など楽しいイベントを計画しなくなりました。相手を喜ばせようと思わなくなりました。

  • 3、 相手の嫌なところばかり目に入ってしまい、不満を感じてイライラしてしまうことがふえました。

  • 4、 夫婦生活を面倒に感じてしまい、回数が減りました。

  • 5、 子ども中心の生活になって夫婦二人の時間や趣味もなくなりました。

夫婦間で大切なことは、もちろんお互いへの思いやりや好きな気持ちでしょうが、実際に素直に感謝の気持ちを伝え、行動に表すことになかなか難しいですよね。

新鮮さを保つために、「変化」はとても重要です。まず日々の生活から様々なところに刺激を入れましょう。

1、髪型やファッションなど外見を変えてみましょう

イメージチェンジをしてみましょう。ヘアスタイル、ファッション、化粧を見直して普段と違う自分を演出してみましょう。

見た目を変えるだけでフレッシュなイメージになります。香水をつけたり、シャンプーを変えたりしてみてください。普段と違う匂いを身につけることでワクワクに感じられ、さらに女度アップできますよ。



2、部屋の環境に変化を付けましょう

夫婦二人の共有空間は家なので、部屋の模様替えは効果的でしょう。

ひとつの部屋だけでも、家具の配置を換えたり、新しい雑貨を飾ったりして、違う雰囲気な部屋を演出してみましょう。

普段目に入るものの置き場所を変えるだけでもいい変化になります。新しい話題を作り、一緒に好みの家具や飾りを買いに出かけるのもいいきっかけですよ。

3、感謝の気持ちを言葉にしましょう

感謝の気持ちを忘れずに「ありがとう」「ごめんね」と声を出してみてください

長い間に共同生活をしているうちに、すべてが「当たり前」の感覚になってしまいます

何かをしてもらった時に、自分から「ありがとう」と伝えてみましょう。

「悪かった」と思ったら、素直に「ごめんね。」と謝りましょう。お互いの気持ちや悩みなど、言葉を通じて共有しましょう。家族円満を保つためには、コミュニケーションを取ることがとても大切です。

4、お互いに趣味を持ちましょう。

同じ趣味でも、別の趣味でもいいから、何かに夢中できることを持つことは大切です。自分だけの空間ができ、新しい話題も増えます。

5、イベントやデートを楽しみましょう

お正月やクリスマス、誕生日、結婚記念日などのイベントを一緒に楽しみましょう

付き合い始めた頃のように手の込んだプレゼントやサプライズではなくてもいいでしょう。

花束にサンキューカード、時には肩マッサージ、キスだけでも、相手を思いやって日々感謝の気持ちを伝えてみてください。

普段イベントなど意識していない男性が多いでしょうが、そういう時さりげなく妻にアピールしてみるのも大切ですよ。

夫婦は一番近い存在ですから、ついわがままになってしまうものです。一番素でいられる相手だからこそ、思いやりの気持ちを忘れないように心がけましょうね。夫婦円満は幸せの秘訣ですよ。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします