家事

臭いの原因はこれか!排水溝の匂い解決法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!5歳と2歳の子供を育てているママライターです。

暖かくなってくると気になるのが、台所の排水溝の臭いですよね。

こまめに掃除はしていてもなんだか臭う・・・。

私も排水溝の掃除はしているのに消えない臭いに毎日憂鬱な気持ちでいました。

そこで色々と対策を調べて実践してみると、

確実に改善されていきました。

今回は悩める排水溝の臭いの原因と解決方法をご紹介したいと思います。



まずは臭いの元を確認

排水溝の構造ってなかなか普段は気にかけないですよね。

排水溝をたどれば、もちろん下水に行きつくわけですが、

下水の臭いは本来掃除をきちんとしている場合、

自宅の排水溝までは臭ってこないつくりになっています。

では何から臭いは漂ってくるのでしょうか?

受け皿だけじゃダメ!排水トラップ掃除

普段の台所の掃除ってゴミを留める受け皿の部分だけ磨いていませんでしたか?

私は受け皿だけしか洗っていませんでした。

しかし臭いの元はもっと下にありました。

受け皿を外したさらに下には排水トラップと呼ばれる下水の臭いをせき止める蓋の役割をしているものが設置されているはずです。

その排水トラップは取り外しが可能なので、

排水溝の臭いが気になったらまず排水トラップを掃除してみてください。

排水ホースは見てみましたか?

排水トラップを掃除したのに臭いが消えない場合は、

台所のシンク下を覗いてみてください。

下水に繋がる管があると思いますが、

ここで見ておきたいのが排水ホースです。

排水ホースにひび割れなどはありませんか?使用期間が長いと小さい穴が開いていることもあります。

その小さな穴やひびから臭いが漏れていることもあります。

この時、必ずホースの一番下の床下と通じる部分のキャップもずれずに設置されているか確認してくださいね。



掃除をした後の再発防止策

せっかく排水溝を綺麗に掃除したのにまたすぐ元通りなんて悲しいことは避けたいですよね。

次は掃除をしたあとになるべく綺麗を長期間保つ方法です。

定期的に水を流す

下水の臭いをせきとめてくれているのは水です。

トイレと同じですが、トイレの便器の中は普段水が一定量溜まっていますよね。

台所の排水溝の下も同じように水が溜まっています。

これによって下水の嫌な臭いをせき止めています。

掃除をしたのに臭いが気になった時はこまめに水を流すようにしましょう。

水を流すことで、溜まった水が臭いをせき止めてくれます。

アルミホイルが使える!

キレイに掃除をしたあとの排水溝。

できればキレイを保ちたいですよね。

そんなときは受け皿と排水トラップの間にアルミホイルをくちゃくちゃに丸めたものを3,4個入れておくことをオススメします。

アルミホイルは水に触れることで化学反応を起こし、

金属イオンを発生させます。

金属イオンには高い抗菌効果が期待できます。

綺麗に掃除をしたあとに、この方法を試してみてください。

驚くほどに効果を発揮してくれます。

ただし、定期的な入れ替えとアルミホイルを間違えて流してしまわないように注意してくださいね。

重曹+お酢で消臭!

綺麗に排水溝の掃除をしたあとは重曹を排水溝にふりかけて、

しばらくしてからお酢を少しずつ流してみてください。

そして、最後に水で流します。

これだけで排水溝の消臭効果が格段にUPします。

重曹とお酢は安価で揃えられるし、

すでに家庭に揃っている人も多いので取り入れやすいと思います。

いかがですか?

毎日、そんなに隅々まで掃除していられないわ!という忙しいママでも実践しやすい方法ではないでしょうか?

まず、臭いの元を特定したら一度頑張ってお掃除してみてください。

消臭効果と抗菌効果をアップさせて臭わない排水溝を目指しましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします