小学生・小学校 幼稚園・保育園

小学校受験NGからの復活術4つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

小学校受験を経験した母ライターです。

お陰様で無事ご縁をいただいて、現在、楽しく通っております。



そこにはドラマが

時折、テレビドラマの題材にもなる小学校受験。

確かにドラマティックな出来事もありました。

説明会へ行くために乗ったバスのステップで豪快に転んで、

ドライバーを絶句させたり(私)。

中でも合否のドラマは言いつくせないものがあります。

華麗な復活劇も幾つか見てきました。

私が実際に目にした復活劇をまとめてみます。

心機一転名門公立へ、事前調査で質の高い環境を

超名門私立校を受験、残念ながらご縁を頂けなかったご家庭。

こちらのご家庭併願校を辞退して進学された先は、

都心にあるこれまた超名門公立小学校!

ちなみに、記事を書くにあたってWikipediaを確認してみましたが、

卒業生はそうそうたる顔ぶれでした。

こちらのお母様、いわゆる名門校と言われる都心の公立小学校と周辺の物件を、

あらかじめじっくり調査していたそうです。

そして、結果が出るなり気に入った名門校の学区に転居。

非常に恵まれた環境での学校生活と、

アドレスによる絶対的なネームバリューを手に入れました。

地域の学習院と親しまれる人気校から、

区立番町小学校や区立泰明小学校のような越境入学者が後を絶たない伝統校もあります。

名門校とまでは行かずとも、気に入った公立小学校へ通うというのも復活術のひとつ。

事前に良く調査しておきましょう。

HOW TO

希望の公立小学校の学区内への転居がもっとも入学しやすく、

問題のない方法です。

そうも行かない場合は越境となりますが、

かなり早い時期から行政や校長先生へ相談しておく必要があるそうです。

以前は寄留という方法もあったそうですが、現在は難しくなっているようです。

内部進学NG、間髪いれずに動いたお母様の行動力

付属幼稚園から、まさかの内部進学NG。

語学系教室とスポーツ教室は通っていたけれど、

内部進学を考えていたため受験向けの幼児教室へは行っていなかったご家庭でした。

私もそうでしたが、お教室なしの受験の何がしんどいかって、情報戦です。

情報が圧倒的に無いのです。

しかし、お母様は非常にパワフルに、間髪入れずに動かれました。

ありったけの人海戦術とインターネットで学校情報をかき集め、

今から準備の間に合う、お子様に合った学校を見つけだしました。

わずかな時間で、書類を準備し、お子様をブラッシュアップして挑み、

見事ご縁をいただき復活されました。

運動が得意ではきはきしたお嬢様は、

スポーツ行事充実の、中学受験にも実績のある私立小学校へ進学。

学習内容はもちろん、施設の充実ぶりに、お母様も大変満足されていました。

HOW TO

とにかくすぐに次の受験に向けて動くこと。

落ち込むくらいなら、学校情報を調べたり、学校訪問へ伺ったり、

書類を書いたり、本屋さんへ行ったり動き回ること。

そうしている方が、気持ちが落ち着くのだそうです。

ちなみに、ご両親揃って元アスリートでらっしゃいました。さすが。



お教室にすすめられた二次募集で合格

好奇心旺盛で元気なのだけど、実は繊細な男の子。

準備してきた本命校にはご縁がありませんでした。

ご家族はずいぶん落ち込んでらっしゃいましたが、

ある日、復活の火の灯った表情でご挨拶いただきました。

素晴らしい学校へ入学することになりました、と。

実はすっかり諦めてらしたのだそうです。

けれどお教室の先生から、

この学校は絶対にお子様に向いています!と熱心に薦められて、

これまで考えていなかった私立小学校の二次募集をお受けになったそうです。

有名校とはいえ、受験的には全く予備知識のない学校。

面接資料を一夜で作り上げ、受験。

不思議と吸い寄せられるようにご縁をいただいたそうです。

入学が決まってから学校について知れば知る度、

最善の道であったと思うようになったそうで、

入学後も充実した学校生活を送ってらっしゃいます。

HOW TO

ご縁のあった私立小学校は、思わずこちらが「ぴったりですね!」と返事してしまったほど、ベストマッチなイメージの学校でした。

受験期は思いこみが強すぎたり、我が子との距離が近すぎて、

視野が狭くなっていることもあります。

お教室の先生からのアドバイスで、

お子様に本当に合った学校が見えたのだと思います。

第三者からのアドバイスを大事にすること、

お教室を上手に利用することで、復活もあり得ます。

ご存知ですか編入学、我が校にもいます

これはややリスキーな方法ですが・・・

公立小学校へ通い、編入学の機会を待ちます。

編入学専門の塾もあるそうです。

4-4-4制をしく聖心のセカンドステージアようなシステムを除き、

編入学は必ずあるとは限りません。

けれど、転居を伴わずとも受験可能な編入学も、

意外にあることはあります。

娘の学校にも、編入で入ってきたお友達がいます。

この場合、お子様の通う公立小学校を「通過点」のようには扱わないでください。

お子様の母校の一つになる大切な学校です。

何が出来るか

どの復活劇も、限られた時間の中で、

その時に出来る一番良いことをとにかくやってみることがブレイクスルーに繋がっています。

脅すわけではありませんが、もしもの時にお子様のために何が出来るか。

心に留めておいても良いかと存じます。

いよいよ夏。思い出深い夏になることと思います。

頑張ってください。


【電気代をもっと安くしませんか?】
業界初基本料0円の料金体系で年間1万円以上安くなるかも!(loopでんきPR)



お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします