おでかけ・旅行

山口県人も絶賛!ココだけは行って欲しい観光スポット5選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!小学2年生と中学1年生の子供を育てているママライターです。

東京の暮らしから、実家の山口に戻ってきて2年。

一度離れた山口県だからこそ、

地元ならではの良さを客観的にみることができるようになりました。

そんな地元おススメの観光スポットをお届けします。



山口県と言えば、海・海・海!

山口県にきた方は、なんといっても、海を楽しみましょう。

山口県の面白いところは、なんといっても三方が海ということなのです。

南側に瀬戸内海、北側は日本海側。

そして、九州との境目の下関と、

それぞれの雰囲気の違う海を楽しむことができます。

観光スポット① 本州から九州まで海の底を歩こう

お薦めスポット、ナンバーワンはなんといっても下関の関門海峡。

関門海峡は海の上の橋は高速道路ですので、

海を高いところから眺める絶景を楽しむこともできますが、

おすすめは自分の足で、海の底を通っている関門トンネルを歩いて九州までわたること。

子どもと一緒に、家族で一緒に本州から九州に渡った、

という感じが楽しいですよね。

渡った先の北九州側から本州を眺めてみるのも絶景ですよ。

観光スポット② 日本海の絶景は角島大橋

海峡の海を眺めたら、今度は日本海側の海を楽しんでみましょう。

日本海は波が荒めで海もきれいなのですが、

なんといってもきれいなのが角島。

下関から北上すること1時間ぐらいで到着できます。

海の色は砂浜からエメラルドグリーン。

橋は真っ白に島に向かって伸びていて、

外国にでも来た気持ちになれる絶景です。

海水浴もできるし、山口に行ったら一度は行きたい絶景スポットですよ。

山も楽しい山口県!

海と山が同居しているのも、山口県の良さですよね。

海スポットよりは山の方が好き、という人におすすめなのが、

山間の観光スポットで自然を満喫するものです。

観光スポット③ 釘のない橋、錦帯橋を渡ってみよう

盛りだくさんの山口の名所の中でも、

ひときわ感動的なのが、岩国市の錦帯橋。

五連の橋の姿の美しさもさることながら、

自分の足で太鼓橋を渡ってみることができることが楽しいスポットです。

橋を渡って、岩国城の方へ歩いていけば、

お城の借景で本当に時代を超えた不思議な気持ちになりますよ。

錦帯橋は当時の大工技術をふんだんに使ったクギがない橋。

季節によっては、橋の下で鵜飼を見ることもできますよ。

観光スポット④ SL山口号にのって津和野へGO!

山間を走る楽しさと言えば、山口はSL山口号。

貴婦人の愛称で親しまれていて、土日は新幹線の発着する新山口駅から、

島根県の津和野まで行くことができます。

レトロな雰囲気は、鉄道マニアじゃなくても一度は乗ってみたいもの。

到着した津和野ものんびり観光できて一日楽しめるコースですよ。



歴史を楽しむスポットも満載!

そして、山口県と言えば、幕末などの歴史スポットも多いんですよね。

山口市内の私の良く通る道には、

「井上馨受難の地」なんて看板があったりして、

この辺りにも幕末の志士たちがいたんだなぁと実感します。

観光スポット⑤やっぱり萩で幕末気分!

幕末の史跡と言えば、やっぱり萩でしょうね。

山口市内にも志士が密談した宿や、暗殺されそうになった場所があります。

また、下関にも条約を結んだ場所などがあり、

長府の高杉晋作関係の場所もあるなど

山口県内、結構多くの場所に幕末関連のスポットがありますが、

やはり多いのは萩。

世界遺産に登録されたことを受けて、観光客も多いですが、

同時に駐車場などが整備されて訪れやすくなってきています。

萩の古い街並みを、このあたりを歩いたんだなぁと思いながら散策するのもいいですね。

テーマで楽しむのがおススメ

山口県内は、意外と広くて車で端から端まで移動すると、

2~3時間かかることも。

スポットをある程度まとめておいて観光するのがおススメです。

そして何といっても、レンタカーを使って自分でドライブすると、

動きやすい場所ですよ。

海も山も歴史も楽しめる山口。

今さらながら地元民の私も改めて巡って、

良さを再発見しているところです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします