夫婦仲 妊娠・出産

現在夫と別居中!原因は高すぎる子育ての理想と現実のミスマッチ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!小学2年生と中学1年生の子供を育てているママライターです。

タイトル通り、私は現在、夫と別居2年目です。

夫婦のトラブルって、家族間のトラブルの中でも、

なんだかとっても大変ですよね。



価値観の違いって言うけれど…

別居するまでに大変だったのは、とにかく夫の理想が高いこと。

家族というものへの理想、妻への理想、そして、

子どもや子育てへの理想が高すぎて、

それに合わせている方が息切れしてしまう夫婦、

我が家だけではなく、最近は随分増えているのだそうです。

土日は家族でお出かけがルール

我が家の場合は、子どもができてからが、とにかく大変でした。

夫は、子どもができたら、理想のパパになるためにいろんなことを想定していたようなのです。

その一つが、子育てに積極的にかかわっていくこと。

パパが子育てにかかわってくれるなんて羨ましい!

…といわれることも多いのですが、実際には

「土日にうちにいるなんてダメだ!家族の日はでかけるぞ!」

といって、毎週どこかにお出かけをするのが毎週の日課。

運転はパパがしてくれるけれど、行き先は公園などの自然派スポット。

お弁当作りもお茶の用意も、子どもの着替えやおむつなどのお出かけグッズを用意するのも、みんなママ。

レストランで外食がいいな、と言ったら、

そんなことは贅沢だからダメ。

お弁当を公園で広げるのが家族というものだ。

と断られるのでママは全然楽にならないのです。

読み聞かせはパパの仕事の自負

そして、イクメンを目指しているので、

夜寝る時の本の読み聞かせはパパの楽しみ。

と言っても、平日は残業続きで夜遅くならないと帰宅しないパパなので、

土日だけの特別タイム。

もちろん読み聞かせはいいことだけれど、寝かしつけるのではなく、

子どもを興奮させて盛り上げて本を読むので、子どもは全然寝ないのです。

子どもも普段と違う土日にはついつい興奮気味になるんですね。

結局、パパが疲れて子どもより先に寝落ち。

ママがあとから興奮した子供たちを、

なだめて寝かしつけをすることに…なんてことも多くあるのです。

けれど、翌日の朝、パパが先に寝たね、といわれると逆ギレ。

理想と違う自分を認められないパパは、困った夫ですよね。

理想とずれるとキレる夫

家事や育児に協力をしてくれる夫は、決して悪いものではないものです。

むしろ一緒に手伝ってくれる夫はうれしいものですが、

夫のやりたいことだけを、やりたいようにする手伝いは、

むしろない方がマシなのも事実。

特に、やりたくないことを頼むと、逆ギレしてくる夫も急増中とか。

ご飯は作るけど片づけない

割とよくあるのが、料理はたまに作るけど、

材料をバンバン使って片付けはできない、というもの。

協力をしているようで、実際にはママが自分でさっと作った方が早いし効率がいいんですよね。

でも、せっかくだから…とお願いをしていると、

我が家の場合は、うまくいかないのを私のせいにして逆ギレすることが多くありました。

「調味料などの配置が悪くて台所が使いにくい」

「家事を楽にするグッズを使いすぎていて、お前は怠けている」

などと言われると、やっぱり、ガックリ来たり、

腹が立ったりしますよね。



子供らしい行動が苦手

また、理想では子どもがパパになついているはずなのですが、

実際にはパパは理想が高いので子どもも敬遠しがち。

たとえば、手はきれいに洗わないとダメ!汚いものを触らない!などの意識が高いことも多く、

子どもがペットボトルのふたをなめただけで、

「何をしているんだ!汚い!」

とペットボトルをひったくって取り上げて、

子どもが泣き出したりする場面も…。

砂場では、汚れた手を服で拭くと怒り、

その手のまま自分のズボンにくっついてきたら子どもをひどく叱るのです。

結局、子どもらしい行動をすればするほどパパが怒るので、

子どもは「ママがいい」と主張することに。

結局は心の余裕が必要

パパが自分の理想通りになるためには、

まずは相手を許してあげる余裕が必要ですよね。

理想主義のパパの多くは、自分を客観的にみられないからこそ、

勝手な理想を作り上げ、その通りではないからキレる、

ということの繰り返しのような気がします。

まずは心に余裕をもって、自分をゆったりと見直してみてほしいものです。

理想って自分がガンバルもの

そして、こういう理想主義者のパパの多くは、

理想に向かって自分が頑張るのではなく、

ママや子供たちが頑張るべき!と思っています。

家族の時間を持つのが当たり前だから、ママが料理に手抜きをせず、

こまめに自分と家族のために働き、何か言えば、

すぐに対応してくれるはず、と思っています。

実際には、ママにも理想はあるけれど、現実的に子育ては毎日のこと。

体も心もついてこない時もあるのです。

理想主義が他力本願の場合には、周りがとても迷惑しますね。

見放されてもわからない

そして、我が家の場合は別居に至りましたが、

いまだに自分がどうして別居されたのか本当の意味では分かっていないようです。

理想通りにならないと、暴れたりキレたり、

時には暴言などを吐く人ですが、自分の理想は正しいので、

どうして家族は自分についてこないのか、と未だに言います。

もちろん、ちゃんとしたコミュニケーションができるパパもたくさんいますから、

少しずつでも理想と現実についてちゃんと学んで、

残念な夫から回復してくれると良いのですが…


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします