美容法

プラセンタってどんな効果がある?実感できる効果をまとめてみた

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。私は6歳と9歳の子育て中のママライターです。

忙しい毎日ですが、母として女性としていつまでも美しくいたい!と思いますよね。

手軽で簡単にそんな願いをかなえてくれそうな、プラセンタ。

実際私も使っているのでぜひみなさまにご紹介したいと思っています。



プラセンタってなに?

プラセンタは英語で胎盤という意味

哺乳類の胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスのことを、

一般的に「プラセンタ」と呼んでいます。

胎盤エキスは栄養素たっぷり

主に、豚、馬の胎盤から抽出された胎盤には、アミノ酸やタンパク質、脂質、

糖質などの栄養素と、身体の働きを活発にするビタミン、ミネラル、

核酸、酵素といった生理活性成分、細胞の新陳代謝を促す成長因子など、

胎児の成長に欠かせないありとあらゆる栄養素が含まれています。

アミノ酸→身体の細胞を作る原料

タンパク質、脂質、糖質→体を作る重要な栄養源

ビタミン、ミネラル→身体の機能を正常に保つ役割

核酸→遺伝子の修復や新陳代謝の調整などエイジングケアに作用する栄養素

酵素→免疫力アップに欠かせないもの

このように、プラセンタ(胎盤エキス)は栄養の宝庫と言えるのです。

古代ギリシャ時代から使われていたプラセンタ

プラセンタに含まれる豊富な成分が傷や炎症の自然治癒力を促進するといわれ古代ギリシャの時代から医師ヒポクラテスが治療に使っていたと言われています。

人間以外の哺乳類は胎盤を食べる

人間以外の哺乳類は出産後に自分の胎盤を食べてしまいますが、

これは血液のにおいを消す目的のほか、

「栄養の宝庫」である胎盤を摂ることで体力の回復を促進させる意味もあると言われています。

プラセンタの主な効果

自律神経、ホルモンバランスを調整する

組織修復作用がある

病気への抵抗力を高める

抗アレルギー作用がある

抗炎症作用がある

代謝を活発にし臓器や細胞の働きを活性化させる

肝臓の働きを高める

活性酸素を除去する

このような効果、効能があるプラセンタはここ最近医療現場以外でも注目を浴び、

幅広い分野で使用されています。



摂取方法は経口摂取と直接注射がある

直接注射→効果が高いと言われているが身近な方法ではない

経口摂取→手軽で摂取できるうえ、しっかりと効果も期待できる方法である

つまり身近なプラセンタサプリやドリンクが私たちにはいい摂取方法です。

プラセンタでシミ・しわの予防

紫外線を長年浴びるとお肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンが破壊され、

しわやたるみの原因になります。

また紫外線は表皮のメラニン細胞も活性化させるため、

シミの原因にもなります。

プラセンタには、お肌の細胞を活性化させ、

お肌の新陳代謝を促進させるアミノ酸や抗酸化作用で細胞の酸化を防ぐ生活活性成分なども多く含まれているため、

紫外線ダメージによるシミやしわを改善する効果が期待できます。

プラセンタでお肌プルプルに

プラセンタには、美肌効果があるとして最近注目されているペプチド、

DNA(核酸)、ヒアルロン酸、アミノ酸などが含まれています。

これらの働きで新陳代謝がアップし、コラーゲンの生成が促進され、

お肌がよみがえると言われています。

プラセンタで疲れ知らず

プラセンタには細胞を活性化させ、元気な細胞の成長を増殖させる成長ホルモンが含まれているため、

疲労感の改善や肩こり、腰痛、お肌の乾燥の改善にも効果があると言われています。

プラセンタでアトピー改善

プラセンタには免疫力を高める効果もありますが、

免疫を調整してアレルギー反応を抑える働きもあります。

細胞も活性化させるので、アトピーの治療などにも使われています。

プラセンタには副作用がない

どんな医薬品にも副作用がありますが、

プラセンタには重篤な副作用の心配がありません。

ただし、直接注射でプラセンタを摂取してしまうと、

献血ができないのでお気を付けください。

プラセンタは続けてこそ、効果を実感

効果を実感できるのは個人差がありますが、

だいたい一か月ほどでなんとなくお肌が潤ってきたなどを実感できるとおもいます。

ただ、アンチエイリアシングなど、長い目で自分の体をいたわっていきたい場合は1年は続けてみるといいかもしれません。

身近に摂取できる、すばらしい力をもったプラセンタをぜひ生活のなかに取り入れてみてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします