子供の教育・成長・遊び

できて当たり前の時代が来る?今から取り入れる子供の英語教育

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3歳と6カ月の息子を育てているママライターです。

みなさんは、子供の英語教育について、どうお考えでしょうか。

現在、幼少期から始める英語教育がとても流行しています。

0歳から始めている子供もたくさんいるほどです。

同じ子供を持つママとしては、ついつい焦ってしまいますよね。

情報もたくさんありすぎて、どれが正しいのか判断も難しいです。

今回は、子供の英語教育について、お話ししたいと思います。



英語を早く始める方がいいのには理由があります。

最近では、英語は早く始めた方がいいと言われています。

実際に0歳から通える英語教室もたくさん存在しています。

子供が小さいうちから英語を始めた方がいい理由とは、

いったい何なのでしょうか。

赤ちゃんは耳がいい

私たち大人よりも、赤ちゃんはとても耳がいいです。

赤ちゃんは、時期が来ると自然に言葉を話すようになります。

私たちが一生懸命言葉を教えたから、

話せるようになるのではありませんよね。

ただただ、私たちが話す言葉を毎日聞き続けていただけです。

それだけで言葉を話せるようになるのです。

英語のきれいな発音も、赤ちゃんなら、

聞いているだけで話せるようになるのです。

英語を勉強だと思わない

大人になると、英語は勉強になってしまいますよね。

私なんかも、ついつい身構えてしまいます。

しかし、子供は英語を勉強だとは思っていません。

遊びの延長なのです。

この時期に英語に触れさせることで、

英語に対する拒否感が少なくなるでしょう。

これからの社会は英語が必要!

なんでもグローバル化がすすみ、

英語を話す必要性が増えてきています。

仕事でも英語が必要なことが多くなっているのです。

いまがこの状況であれば、

今後子供たちが大人になる頃にはもっと英語が必要となっているでしょう。

英語が話せて当たり前の時代がくるのも、そう遠くはないのです。

大人になってからの勉強は大変!

仕事で使う英語の勉強で、パパが苦しんでいるという家庭も多いのではないでしょうか。

大人になってから、もう一度英語を勉強しなおすのはとても大変です。

頭もかたくなっていますし、仕事をしながらの勉強は大変ですよね。

子供のうちから英語を習得できていれば、

このような苦労をしなくて済みます。

わが子にはこんな苦労はさせたくない!と思うのが親と言うものです。



英語の教育は公的にも早まっています!

私たちが英語を初めて習ったのは、中学生でした。

今では小学校の低学年から英語の授業があります。

幼稚園でも、課外教室などで英語をとりいれているところが増えてきています。

公的にも、英語は早くから学んだ方がいいとされているのです。

日本人は英語が話せない!

日本人は、本当に英語が話せない人が多いです。

もちろん私も話せませんが、周りをみても、

英語がペラペラな友人なんてほとんどいません。

でも他の外国の人は、英語と母国語の両方話せる人が多くいませんか?

日本人は他の国と比べても、英語が苦手な国だと言えます。

英語教育の取り入れ方おすすめ方法

子供たちに英語を身近に感じさせるためには、

親として何ができるでしょうか。

英語の教室に通ったり、高額な教材を買うよりも、

もっと気軽にできることがあります。

英語の絵本を読む

簡単な幼児用の絵本を読み聞かせましょう。

簡単で短い文章なので、英語が苦手なママでも大丈夫です。

日本語の絵本の中に混ぜて置いておくといいでしょう。

英語のアニメを見る

英語でアニメを見せて下さい。

英語の吹き替えを利用すると、結構あります。

好きなアニメは英語で見せましょう。

英語で話しかける

少し難しいかもしれませんが、簡単なものからで構いません。

「Good morning!」などと元気よく声をかけることで、

英語が身近になります。

一番近くにいるママが英語を話すことが大切なのです。

最後に

英語の早期教育には賛否両論があります。

あまり早くから始めすぎると日本語に影響が出る、

などの問題があるとの考えもあります。

どれが正しいのかはとても難しいですが、

最終的にはママやパパ自身が判断しましょう。

わが子の様子をよくみて、子供に合った教育をすることが大切です。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします