命名・名前

男の子の珍しい名前を150個集めてみた!

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

一昔前に比べると、子どもに付ける名前の幅が非常に広がりました。

一風変わった名前と受け取る人もいると思いますが、

親の強い意思や願いが感じられる名前や、

由来が見てわかる素敵な名前もたくさんあります。

ここでは、珍しい漢字、珍しい読み方などを集めてみました。

楽しみながら、参考にご覧いただければと思います。



珍しい1文字名前

漢字1文字の名前はしまりがあり、男の子に付けると、

とても素敵な名前になるでしょう。

形の珍しい1文字漢字の名前

丞(じょう・すすむ)・偲(しのぶ)・砦(とりで)・劉(りゅう)・

彪(あきら・たけ)・惺(せい・さとる)・凰(こう)・嵩(しゅう)・

榛(しん)・煌(こう・きら・あきら)・黎(れい)・

堯(きょう・たけし・つよし)・應(おう)・樂(がく・ごう)・

壽(ひさし)・撿(けん・あらた)・攝(しょう)・彌(わたる)・

浬(かいり)・弼(ゆだめ)・檠(ゆだめ)・纈(ゆはた)

よくある漢字・・・でも、意外な読み方の名前

介(たすく)・紀(ただし)・完(たもつ)・生(いくる)・聖(こうき)・

萌(はじめ)・和(やまと)・琉(れん)・啓(ひらく)・乙(きのと)・

白(きよし)・瑞(しるし)・爽(あきら)・春(あずま)・直(あたる)・

侑(あつむ)・周(あまね)・普(あまね)・及(いたる)・容(いるる)・

千(かず)・廉(すなお)・士(つかさ)・昊(あきら・ひろし)・

音(なり)・統(すばる)・志(しるす)・樹(たつき)
 
 
(なお、一文字の名前に関しては、「男の子に一文字で命名を検討中のママへ!一文字名前を108個集めてみた」でも、詳しく紹介しています。)

珍しい2文字名前

珍しい2文字名前には当て字が多くなりますが、

親のしっかりとした願いが感じられます。

使いたい漢字から作る名前

賢栖(かしす)・鷹姿(たかし)・大葵(たいき)・丈(たける)・

月冴(つかさ)・竜(つばさ)・宇宙(そら・たかひろ)・久楽(きあら)・

大樹(だいな)・天人(たかと)・宝良(たから)・大空(そら・たから)・

叶夢(とむ)・十夢(とむ)・飛空(とあ)・音宇(とうま)・人和(とわ)・

永遠(とわ)・静流(しずる)・深生(みき)・仙人(ひさと)・

星空(かなた)・空叶(あきと)・天晴(あせい)・飛空(とれす)・

万歳(まんせい)・澄空(そら)・天空(あせい)・天珂(てんか・てんが)・

天成(あせい)・樹生(みきお)・龍城(たつき)・響生(ひびき)・

志希(しき)・飛躍(ひやく)・疾風(はやて)・風躍(とうや)・

水波(みずは)・未来(みらい)・明日(あけひ)・流動(るどう)・

響生(ひびき)・響喜(ひびき)

読みの響きから漢字を当てる名前

賢栖(かしす)・剛琉(ごうる)・吉玖(きっく)・光音(れおん)・

(らいと)・天志(てんし)・輝石(きせき)・輝宝(きせき)・

琉生(るい)・来夢(らいむ)・必飛(ひっと)・来音(らいおん)・

瑛飛(えいと)・光輝(らいと)・来智(らいち)
 
 
(なお、二文字の名前に関しては、「男の子の名前を二文字で検討中のママへ!二文字名前を600個集めてみた。」でも、詳しく紹介しています。



意味を持つ珍しい名前

列記とした熟語として存在する言葉であれば、読み方を変えても、

名前として珍しくても、しっかりとした愛情を感じられます。

意味のある熟語を名前にする例

威風(いふう・たかせ)…威厳があり、立派であること。

雄気(ゆうき・おうき)…勇敢であること。

恒心(こうしん)…安定していること。

豪毅(たけし)…勇気があり、強い様子。

醇正…(じゅんせい・あつまさ)欠陥や傷がない。

豪壮(たけあき・ごうし)…すばらしく優秀。

喜色(きいろ・としろう・としき)…笑顔である様子。

真率(まさのり・まさより)…自然な様子。素直で飾り気がない。

廉潔(きよし・れんけつ)…道徳的な健全さを持つ。

愉快(よしやす・ゆかい)…楽しい様子。

進歩(しんぽ・すすむ)…さらに発達すること。

幸運(ゆきかず・ゆきやす)…ラッキーである。

慶福(ちかとし・のりとし)…めでたい様子。

利福(りふく・かずとし)…利益や幸福のこと。

信念(あきむね・しんねん)…固く信じていること。

珍しい名前には賛否両論!

読めない名前が多い今の時代、

あまりに工夫を凝らすことを批判する人もいます。しかし…。

名前は子どもへの心を込めた贈り物

誰もが読める名前が良いか、人に読まれない珍しい名前であっても、

パパとママが心を込めて考えた名前であれば良いか、

その考え方には賛否両論あります。

しかし、どちらにしても「なぜ、その名前に決めたか」という理由を、

将来、子どもにきちんと説明することができ、

その理由から子どもが愛情を感じてくれる、それが一番大切ではないでしょうか。

家族にとって、大切な名前となるように、素敵な名前を考えてくださいね!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします