妊婦の健康・食事

大丈夫?妊娠中の温泉で気を付けるべきこと

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!小学2年生と中学1年生の子供を育てているママライターです。

妊婦の時にも体は清潔に保たなくてはいけないので、お風呂には毎日入りますよね。

たまにはのんびりしたくなって、温泉に行きたくなることもあります。

でも妊婦って温泉に入っていいの?なんて心配になる人も多いのでは?

そんな、妊娠中の温泉について考えてみましょう。



温泉自体より、その周辺に気を付けて!

妊婦だから温泉は避けた方がいい、という話は特にないようです。

温泉地にも妊婦は居るのだから、

温泉自体が体や胎児へ影響を与えるということはないようですね。

とはいえ、実際には、温泉は遠くにあることも多いもの。

温泉地へ行くまでの遠出や、すべりやすいお風呂周りでの転倒など、

周辺での注意は必要です。

転倒注意!

温泉での危険と言えば、やっぱり転倒。

お湯があってすべりやすいのと、おなかが大きいと足元が見えないので、

転倒などの怪我には本当に気を付けましょう。

女性のお友達と一緒に行くなど、

何かあった時にそばに人がいるようにした方がいいですね。

旦那さんなどは男湯で別々になるので、女性と同行するのがおススメです。

露天風呂などは要注意を。

同じように、露天風呂などが多いのも温泉のいいところ。

けれども妊婦の時は、足元が見えにくいことを考慮して、

あまりあれこれチャレンジしないようにしておきましょう。

温泉そのものよりも、温泉でいろんなところに入りすぎて、

怪我をすることの方が怖いのです。



泉質も考慮しよう

そして、温泉の泉質についてはあまり細かい注意項目があるわけではないようですが、

においなどに敏感な時期でもありますので、

硫黄泉などの刺激やにおいが強い温泉などは避けて、

単純泉などを選ぶことをおススメします。

また、温泉の泉質が良すぎて、すぐに血行が良くなって、

のぼせやすくなったりするのはおススメしません。

あまり刺激の強くない温泉を選ぶのがポイントですよ。

のぼせないように!

血行が良くなりすぎてすぐにのぼせてしまうのは大変。

お風呂は大満足するよりもちょっと手前で終わらせて、

静かに過ごすようにした方がいいようです。

ついつい気持ち良くて長湯をしてしまいますが、

無理をしないように気を付けて過ごしましょう。

温泉を楽しもう

妊婦だからとあれこれ我慢するよりは、

上手に温泉のいいところを楽しんで過ごすのがおススメです。

温泉はゆったりとした気持ちでつかるのも楽しいですが、

温泉街をゆっくりと散策したり、お土産を探して回ったりするのもいいものです。

安全に気を付けながら上手に楽しみましょう。

ゆったりペースで楽しむ計画を。

温泉を楽しむためには、適度に休憩やお休みを入れることがポイントです。

妊婦は本人が大丈夫と思っていても意外と疲れやすいもの。

ましてや温泉などに浸かった時には体への影響もありますので、

お風呂に入った後の休憩や水分補給などしっかりと摂るようにしましょう。

楽しい温泉は、安全に気を付けて、

気の置けない友人や家族としっかり堪能してきてください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします