兄弟・姉妹 妊活・べビ待ち

二人目の妊娠いつが良い?3歳差のメリット・デメリット

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!5歳と2歳の子を育てているママライターです。

待望の第一子が生まれてしばらくして育児にも慣れてくると、

二人目は何歳差が良いだろう?と考えることが増えてきますよね。

私はちょうど3歳差で二人目を生んでいます。

3歳差の育児はメリットもデメリットもたくさんあります。

今回は私の経験とこれからのことも交えて3歳差の育児のメリットとデメリットを紹介します。



3歳差育児のメリット

3歳差の兄弟ということは第一子が2歳くらいの時から妊婦生活が始まります。

2歳というとママとのちょっとした会話も成立する可愛い時期ですね。

さて3歳差育児にはどんなメリットがあるでしょうか。

お手伝いがしたい時期

2歳から3歳頃ってちょうどママのお手伝いができることに喜びを感じる時期だと思います。

言葉もわかるようになって、

ママの喜ぶことをしてあげたい!と頑張る姿が可愛いですよね。

そんな時期に妊娠・出産が重なるので、

上の子はとても協力的な相棒になってくれます。

新生児のオムツを取ってくれたり、

授乳中にまだ話せない下の子に代わって話し相手にもなってくれる強い味方です。

一緒に遊べる

下の子が歩き出して意思の疎通ができるようになると、

上の子と一緒に遊んでくれるようになります。

上の子が下の子に色々教えてあげることもできるし、

上の子が4歳、5歳になるとやってはいけないことなどもきちんと注意してくれ、

下の子の行動をきちんと見ていてくれます。

幼稚園の制服はオールおさがり

もし兄弟が同じ幼稚園に通うのならばほとんどの服や鞄などの園指定の物がちょうどおさがりとして下の子に渡すことが出来ます。

園で指定されるものは高額な物も多いのでとても助かりますよね。



3歳差育児のデメリット

3歳差の育児もいいことばかりではありません。

3歳差だからこその苦悩もありますよね。

では3歳差育児のデメリットはどんなことがあるでしょうか。

赤ちゃん返り

3歳というとやっと赤ちゃんを卒業して自分の意思と言葉と行動が伴う時です。

そんなときに急に新生児が現れると、

日常が変わることに不安を感じて赤ちゃんの頃に逆戻りしてしまうことがあります。

下の子の真似をして哺乳瓶を咥えてみたり、

急にわがままになったりします。

ママをとられる!という不安からくるのでしょうが、

新生児がいるママには辛い日々になることもありえます。

園行事への参加

3歳の子供がちょうど幼稚園に通いだした頃に、

新しい家族が増えます。

そうすると慣れない園生活の行事やお迎えなどに新生児の時や寝ている時間が長い下の子を連れての参加が大変に感じることもあると思いま
す。

卒業・入学シーズンは忙しい

3歳差の兄弟は入学や卒業のタイミングが同じ時期になることが多いですよね。

卒業・入学シーズンは予定の把握や新生活の準備などに追われることがあるかもしれません。

受験が重なる

まだまだ先の話ですが、3歳差はいずれ受験の時期が重なることがやってきますよね。

受験生が二人家の中にいるのも家族は大変だと感じるでしょう。

しかし、受験が重なるということは、

受験・入学などで出ていくお金も単純に2倍ということです。

3歳差育児のママは賢く貯金をすることが必須になりそうです。

いかがでしょうか。

子供は何歳差でもきっと苦労があると思います。

お金の悩みや、兄弟喧嘩での悩みなど悩みや心配は尽きませんが、

何歳差でも愛情を注いであげればきっと素敵な兄弟、

姉妹になるはずです。

今回は3歳差育児をご紹介しましたが、

何歳差の兄弟でも仲良く暮らしていけるようにメリットもデメリットもプラスに変えて楽しい育児を目指しましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします