子供の教育・成長・遊び

できない..が口癖の我が子に自信を付けさせる4つの方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!5歳の長男と2歳の長女を育てているママライターです。

子供の成長はとっても早いですよね。

昨日できなかったことが今日できるようになっているなんてこともよくあります。

子供の性格や、得意なこと苦手なこともそれぞれなので成長の速度や物事に取り組む姿勢もさまざまです。

我が家の5歳の長男はとても穏やかな性格でお友達と喧嘩なんてこともほぼないのですが、

幼稚園に入学したころ壁にぶち当たりました。

何をするにも、僕にはできない・・・。

とすぐに自信をなくしてしまうのです。

挑戦してみれば良いのに!と親は思っても本人が自信をなくしているので何事もうまくいきませんでした。

どうすればいいのだろうとしばらく悩みました。

実は現代の子供たちに対して、

こういう悩みを持つママが多いことがわかりました。

今回は自分に自信が持てない子供に自信をつけさせる方法をご紹介しますので、

応援しても逆効果、放っておいても行動しない・・・など悩んでいるママは是非参考にしてみてくださいね。



子供を褒めてあげる

自信がなくて、もじもじしている我が子を持つと親である私たちは、

心配したり激励したりとあの手この手でトライさせようとしますよね。

でも実は一番自信をつけさせるのに効果的な方法は褒めることです。

小さいことでも良いのです。

何かを自主的に子供ができたら褒めてあげてくださいね。

その時に重要なのは、○○ができてすごいね!というような子供ができたことを具体的に褒めてあげることです。

具体的に褒められることによって子供は親である私たちがきちんと見てくれたという認識がしっかりとでき、

その認識の積み重ねが自信に繋がります。

やらせてみる

すぐに、できない・・・。と自信を無くしてしまうような子が何かをしたいと言ってきたり、

行動した場合は余程のことがない限り、

子供の意思を尊重してやらせてあげてください。

子供は基本的に自分がやりたいと思ったことに自分で取り組み達成することで自信をつけていきます。

なにかをやりたい!と子供が意欲的に取り組んでいる時はへたに手出しや口出しをせずに見守り、

達成した時は思いきり褒めてあげることがとても重要です。



共感してあげる

子供が何かをする時に、できない。

とすぐに言い出すのは自信がないこととその物事に対する恐怖感と緊張などの感情が大きくなってしまっている時です。

そういう時はやみくもに、頑張れ!!と声をかけても子供には響きません。

何故怖いと思うのか話を聞き、緊張するよね。

と共感してあげるだけで子供は安心します。

それを繰り返すうちに少しでも前進することができたときは、

すぐに褒めて認めてあげましょう。

過程を見逃さない

子供の成長に関しては、結果よりも過程が大事です。

子供は年齢を重ね、経験を積むことでどんどん成長していきます。

当然、小さい時にはできないことが多いですよね。

でも実は結果として、できなかった事でも行動している過程をきちんと見ていてあげて、

その都度、頑張っていたのを見ていたよ!すごいね!と認めてあげることで小さな自信が子供の中に芽生えていきます。

その繰り返しを行うことで、子供は失敗しても大丈夫。

頑張ろうという自信がついていきます。

いかがでしょうか。

子供に自信をつけさせる近道はママである私たちが子供の行動を見守り、

認めてあげることで挑戦する心や頑張る気持ちを鍛えてあげることができます。

危険からは守ってあげなければいけませんが、

無限に広がる子供の成長を上手にサポートしていけるようにしたいですね。

子供に自信をつけてあげて、

どんどん大きく成長する過程を楽しみながら育児に取り組むようにしましょう。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします