結婚

37歳で結婚して思う!遅い結婚のメリットとデメリット

こんにちは。

現在4歳、最近少しだけ落ち着いてきた年中さんの娘と、

1歳10か月の恐ろしいほどやんちゃな息子をもつママライターです。

20代30代の時間のほとんどを、

自由気ままな生活に充ててしまったがため(笑?)婚期を逃してしまっていました。

それなりにお付き合いはしてきていたのですが…嫁にはしたくないタイプでもあるのかも(笑)

ひとまずめでたく結婚したのではありますが、

結婚が遅かった事により利点もあればその逆もあります。

それぞれどのような事だと思いますか?

[co-7]

晩婚のデメリット

メリットよりもデメリットの方が何んとなく多いような気がしてしまいこちらからまずは始めていきましょうか。

焦って相手を決めてしまってない?

周りは早ければ20代前半に結婚、なんてお友達も少なくなく、

そして30代に入ってもまたラッシュが。

そうこうしている間に気づけば「あれ?私だけ(独身)?」だったり。

半分結婚なんて諦めかけていた時に現れた相手と結婚…晩婚の結婚はこのパターンが多いのではないでしょうか?

このチャンスを逃したらもう後はない!なんて思って勢いで結婚したはいいけれど…がっかりな相手だった。

こんな思いしていませんか?

今更過ぎて報告が気おくれ…

親や親戚にももう「この話はタブー」扱いされ、

もうこの話題は振られなくなって久しいこの頃。

そんな中でこのめでたい報告をするのはもちろん喜ばしい事なのですが…何となく気恥ずかしい。

いっそ挙式はパスして入籍だけ、

こんなカップルも多いのかもしれませんね。

妊娠、出産への不安

晩婚と同時に近頃はよく話題に上がる「高齢出産」。

結婚してすぐに子供を授からなければ後がない、

そう思ってしまうのも仕方がありません。

実際にも年齢が上がれば上がるたびに出産へのリスクが増えるのも間違いありません。

ただ、誰もがそうではないし、

ちゃんと先生たちが付いています。

余計な心配を勝手にしないで、

先生やご主人と力を合わせて可愛い赤ちゃんに出会っていただきたいです。

ちなみに私も子供2人、ハイリスク要素ありでの高齢出産でした。

でもお陰様で子供たちは健康に産まれてきてくれましたよ♪

子育てが命がけ

高齢で出産と言うことは、高齢で子育て、

と言うことになります(笑)

相当キツいです!

特に下の子がやんちゃな男の子だった場合!!

この異常な暑さの夏が、輪をかけて暑く感じます…。

社会復帰出来るのだろうか…

ある程度子供たちが成長して、

手が離れないとパートでも職には就きにくきものです。

しかも社会生活から離れて数年、

更に自分の年齢を考えると…「私、社会復帰出来るの?」な年齢になってしまいます。

とはいっても、子供たちの今後の学費や生活がかかっているので、

よっぽどご主人が高給取りでない限りはやはりみなさんある程度は考えたりするでしょう。

でも…この年齢で採用してくれる会社、あるのかなぁ。

気になりますよね。

[co-8]

晩婚のメリット

「若気の至り」ではない分、色々な経験を重ねての結婚。

大人の目線で結婚を考える事が出来たのは良い事だったのかもしれません。

ある程度の社会経験を重ねて

社会での生活をする事によって、

一般常識もたくさん身に付きます。

そしてどんな相手であっても恥ずかしくないような接し方が身に付いた大人の女性にはなっているので、

結婚しても失礼のない態度が出来る事でしょう。

結婚している友達を参考に

若いうちに結婚した友達を始め経験者が豊富にいるので、

「これはこうするべき!」なアドバイスをしっかり頭に叩き込むことが出来るのは実は結構大きな宝です。

それなりに貯えもある?

もちろん個人差もありますし、

今までの生活のスタイルや生活そのものの違いもありますが、

多くの女性も男性もこの年まで独身であったなら、

少しは貯金などの蓄えがある場合も多いです。

緊急時には金銭的に対応できるのは大きいです、正直。

生活に余裕がある?

あくせく働かなくても、生活にも心にも余裕があるので、

新婚とはいえあまりアワアワした感じがなく、

貫録さえあるような余裕が見えるもの…と言うカップルが多いようです。

年齢から来る恰幅なんだろうとは思うのですが(笑)

さいごに

いかがでしたか?

もちろん個人差もあるし、

カップルの個性ってものもあるので一概には言えません。

あくまで参考にどうぞ(笑)

そして、晩婚だろうが結婚している奥さんには変わりありません。

今の生活を、若い頃に出来なかった事を優先して遅ればせながらでもきっちり楽しんで暮らしていけるといいですね!

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします