女性の健康

冷え性体質を改善するために日頃から出来ること8つ

こんにちは。私は6歳と9歳の子育て中のママライターです。

女性は冷え性の方、多いと思いますがどのような対策をされていますか?

特に暑い夏は冷房のよく効いた部屋にいると、

なんだか足が冷えてだるくなったりしますよね。

そんな女性の天敵、冷え性体質を改善するためにできることをお教えいたします。

[co-7]

冷え性の原因を知ろう!

冷え性体質を改善するためには、

まずは冷え性の原因を知ることから始めましょう。

体の血行不良が原因

血行不良の原因には様々な要因が考えられますが、

血液が毛細血管まで行き渡っていなかったり、

気温が暖かくなっても毛細血管が縮んだままも元に戻らなかったりと言ったことが手先や足先に冷えとして影響が出てきます。

食生活が原因

食べ物には体を温める食べ物と、冷やす食べ物があります。

体を冷やす食べ物をなるべく控えて、

体を温める効果のある食べ物を積極的に取り入れましょう

ストレスが原因

ストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経のバランスが乱れると血液の循環が悪くなるので、

冷え性の原因となるのです。

ストレスを感じたらためないように発散することも大切です。

冷え性を改善するためには

その1 体を温める食材をたくさん取り入れよう

体を温める食材を取り入れて、

常に体の中から冷えないように心がけることがとても大切です。

体を温めてくれる食材をご紹介します。

しょうが

温かいお湯にしょうがをとかして飲む、

しょうが湯がおすすめです。

粉末状になった市販のものでも構いません。

ねぎ

いろいろな食事にプラスして

にんにく

血行促進効果もあり、少しずつでも取り入れましょう。

無臭にんにくを使うのもいいですね。

ごぼう

食物繊維も豊富なので、積極的に取り入れましょう。

これらの体を温める食材は寒い土地で取れる野菜が多いです。

[co-8]

その2 朝起きたら「白湯」を飲もう

朝起きたら、まず「体温より少し高い温度の白湯を一杯飲みましょう。

朝は一日の中で最も水分が失われているので、

白湯を吸収しやすく、体温がもっとも低いため白湯によって体が温まりやすいそうです。

白湯をのむことで、胃や腸が温まり腸管が活発に働きだし、

代謝が上がり、熱が作られ、冷えにくい体質へと変化するのです。

その3 適度に運動をしましょう

ついつい運動不足になってしまいがちですが、

激しい運動ではなく、ゆったりと体が温まり、

血行がよくなるような運動を日々の生活に取り入れることも大切です。

たとえば、ヨガやウォーキングが最適です。

その4  ストレスをためない

過度のストレスはアドレナリンを分泌し、

血管が収縮してしまいます。

血管が収縮すると血流が悪くなり、冷えへとつながってしまいます。

ですので、ストレスはなるべくためないように心がけましょう。

その5 喫煙はひかえましょう

タバコは急激に血管を収縮させてしまい、

血液の流れを悪くするとともに基礎代謝も低下させ、

それが冷えに結びつきますので、喫煙はひかえましょう。

その6 夏でも日中は靴下やストッキングをはきましょう

冷えは足元などの末端からくるので、

冷房の中で過ごすことが多い夏は特に足元を冷やさないように靴下などで冷えないようにしてあげることが大切です。

その7 夜は靴下を履いて寝ないこと

寝る直前までは靴下は履いていていいのですが、

寝る時は必ず脱いで寝ましょう。

自分で体温調節をしている就寝時の機能の妨げになってしまうそうです。

その8 湯船につかりましょう

入浴をシャワーで済ましてしまう人が多いですが、

必ず湯船に浸かるようにしましょう。

湯船につかることで、体が芯から温まり、

体温も上昇するので、疲れが取れ、睡眠に入りやすくなるのです。

いいこと尽くしの湯船に浸かることはぜひ取り入れてみたいですね。

いかがでしたでしょうか?体温が一度下がると代謝が約13パーセントも落ちるので、

気を付けながら日々の生活習慣化から見直していくことが大切ですね。

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします