仕事

在宅ワークのメリットとデメリット!仕事の探し方はどうすればいい?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!
小学2年生と中学1年生の子供を育てているママライターです。

女性は、妊娠出産のタイミング、また、夫の仕事で引っ越した時や子どもが小学校に入った時など、いろいろな場面で仕事を変えざるを得ないことが多いですよね。

そんな時に、すぐに次の仕事が見つからなかったり、子育てしながらできる仕事をさがして、在宅ワークを始める人も多いのではないでしょうか?

そんな在宅ワークにはメリットとデメリットがあります。

実際にはどうやって仕事を探せばいいのかなど考えてみましょう。



在宅ワークのメリットとデメリットの比較

在宅ワークのメリットとは、なんといっても家に居られるということ。

子どもが小さいうちなどは、働こうと思ったら、子どもの預け先を探すしかありません。

しかし保育園などに預けることや、じじばばに預けるのが難しい時などは子どもを手元に置いたままで仕事ができると本当に助かるものです。

しかし、同時にそのために、一日のスケジュールを在宅ワークの作業と家事・育児で埋めることになり、上手に調整をしないと自分のための時間がとりづらいというデメリットもあります。

物事の長所と短所は裏表ですから、そんなメリットとデメリットを比較しながら見てみましょう。

自分で勤務時間を決められるメリット

在宅ワークの良さは、なんといっても、子どもが昼寝をしている間や、学校に行っている間などに作業が行えるという時間の自由度でしょう。

一日の中の隙間の時間を有効に活用していけることで、勤務時間の束縛を少なくすることができます。

自分の時間がとりにくいデメリット

しかし、同時に在宅の隙間時間を作業に充てるために、自分自身の休みの時間などが取れず始終作業をしている感じになりストレスをためやすくなることもあります。

在宅ワークの多くは出来高制ですから、ノルマが終わらなければ、夜中まで起きてやらなくてはならず、子どもが寝てくれない、病気になったなどの理由で仕事が終わらなくなってしまうこともあります。

そんな時に、会社などの勤務であれば周りの協力などを頼むこともできますが、在宅ワークは個人事業ですから責任をもって仕上げる必要があり苦労を伴います。

在宅ワークのお給料はどう?

では、在宅ワークの給料は現実にはどうなのでしょうか?

在宅ワークは自宅で出来高制でできる分、ホームページ作成やイラスト、製図など特定の技術などがある場合にはそれなりの対価をもらえる人も多いものです。

しかし、文字入力やテープ起こしなどの一般的な作業については単価がそれほど高くないのが現実です。

一定の収入にしようと思ったら、作業量と作業時間を確保して行う必要があります。

生活費の補助程度に考えて。

アルバイト程度の収入であれば、在宅で稼ぐことは可能です。

月に1万~3万円ぐらいは、家事育児の合間に作業をすることで確保できます。

しかし、それでも、子どもが寝てからの夜、作業を毎日するなど、一定時間を確保することができなければ難しいかもしれませんね。

生活費の補助としての収入と考えてワークを行うのが良いかもしれません。

請負仕事だから信頼が大事

また、仕事を量で請け負う仕事なので、メリットとしては自分の状況に応じて量を調整したり、仕事の内容や相手先を変えることができます。

子どもの学校の行事が忙しい時期などは量を減らしたりして調整が可能なのが良いところです。

同時に、個人事業主として請け負っている仕事なので、断れずについついたくさん引き受けたりしても、自力で終わらせるしかありません。

相手との信頼がなければ次の仕事もありませんので、きちんと責任感をもってやり遂げる覚悟は必要です。



仕事先を探すには…?

では、在宅ワークを始めようと思ってから、自分にできそうな仕事を探すにはどうしたらいいでしょうか?

在宅ワークでは、とにかく、パソコンを使ったりインターネットを活用したやり取りが多いものです。

パソコン環境が整っていることが最初の条件かもしれませんね。

そのパソコンのインターネット環境を活用して、仕事をネットで探すのが一番やりやすい方法です。

不特定多数よりは、主婦限定のサイトなどを探す

ネット環境があれば、在宅ワークや地域の情報などで探し始めてみましょう。

検索で探すと意外と多くのサイトがでてくると思います。

ネット上のサイトには、よくないところもあることは踏まえたうえで、信頼がおける在宅ワークをあっせんしてくれるところを探しましょう。

女性の再就職の場合には、女性やママの仕事を考えてくれる団体がやっている仕事紹介などを利用するのもよいでしょう。

シュフティやキャリアマム、ビースタイルなど様々な女性の団体があるので、趣旨などをホームページなどで良く確認をしましょう。

まずはできることを明確にしてコンタクトを。

そして、仕事を紹介してもらう時には、自分にできることをしっかりと見極めてからコンタクトしましょう。

一日にとれそうな作業時間と、じぶんのスキルの確認をしておくことが大事です。

スキルについては、登録したサイトなどで、どのぐらい文字を入れられるのか、ネット上の規則などについてどの程度知識があるのかといったテストも受けられることが多いので、きちんと受けておきましょう。

スキルが明確になっていると、仕事を発注する側にも指針になるので、より仕事を受けやすくなるものです。

投げ出さない責任感

在宅ワークは、途中で家事が気になったり、子どもの様子にあわせて仕事が進まなかったり、と自分自身に戻ってくることの多い仕事でもあります。

メリットも多いけれど、デメリットや影響も多いことを踏まえてから仕事に取り掛かりましょう。

大変になってもきちんとした対応ができる責任感がとても重要な仕事です。

家で一生懸命仕事をしているママの姿はきっと子供にとって尊敬できるものになりそうですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします