おでかけ・旅行

地元人も絶賛!三重県熊野市のオススメ観光スポット9選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

7歳の長女と2歳の長男と0歳の次女の3人の育児に奮闘中のママライターです。

三重県というと伊勢や松坂が有名ですが、今回ご紹介するのは、

2004年、世界遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」として登録されて、

一躍有名観光地に仲間入り(?)した三重県熊野市です。

主人の実家があり、毎年お盆休みと年末年始に1週間ずつ滞在する筆者が、

地元人と観光客の両方の目線でオススメのスポットをご紹介いたします。



熊野市最大のイベント!熊野大花火大会

毎年8月17日に開催される東海地区では有名な花火大会です。

海の上に上がる花火を海岸から見るスタイルです。

船から海に花火玉を投げ入れる、海上自爆という手法が独特で、

海面に半円形の花火が咲きます。

特に三尺玉というサイズは直径が約600メートルも広がる壮大な景色と爆音に感動必至です。

国の天然記念物!鬼ヶ城

岸壁が波の浸食や地震による隆起を繰り返してできた名勝地で、

世界遺産の一部にも指定されています。

無数の洞窟はまさに鬼のすみか。

アップダウンがあり足元も悪いので、歩きやすい靴で散策しましょう。

花火大会ではここに花火が仕掛けられ、

クライマックスを大いに盛り上げてくれます。

ただの海岸じゃない!七里御浜

砂利敷きの海岸としては日本一の距離を誇ります。

波打ち際まで行くと、波が海岸の砂利を寄せては返す、

シャラシャラという音が心地よく響きます。

すぐに深くなるので遊泳は禁止です。

知る人ぞ知る秘湯!湯ノ口温泉

長期の湯治客もいるほど泉質に定評のある、

源泉掛け流しの歴史ある温泉です。

アクセスが悪く、車が行き交うのも大変な山道を進んだところにありますが、

熊野まで来たら一度は体験してほしい場所です。

良い意味で湯ノ口とは真逆!里創人 熊野倶楽部

市街地にほど近い場所にある山あいのリゾートホテルです。

和モダンの洗練された雰囲気で、

広い露天風呂からは熊野の山々が見渡せます。

ラフティングや山歩きなどの豊富な体験プログラムも魅力です。



絶対にハズせない熊野古道!松本峠道

熊野と言えば、世界遺産の熊野古道に尽きます。

松本峠道は苔むした石畳が続き、

熊野古道と聞いてイメージする雰囲気そのままの道が残っています。

マイナスイオン、パワースポットといった言葉に惹かれるなら行ってみる価値アリです。

番外編!!せっかくなら熊野三山も!

熊野三山は、熊野本宮大社、速玉大社、那智大社の三つのことを言い、

どれも和歌山県にありますが、熊野市からも足を伸ばせる場所です。

全国にある熊野神社の総本山となっていて、

この熊野三山を目指す参詣道のことを熊野古道と言います。

滝が有名な那智大社

那智大社の那智の滝は、日本三名瀑布の1つに指定されていて、

滝の落差が日本一の壮大な景色です。

美しい社殿の速玉大社

赤く美しい社殿が横に広がり、社殿の前は砂利敷きの広場になっています。

樹齢千年を超える「ナギの大樹」は天然記念物に指定されています。

サッカーにゆかりある本宮大社

本宮大社に祀られている神様の仕えがヤタガラスという足が3本あるカラスなのです。

これはサッカー日本代表のワッペンにも使われている、

日本サッカー協会のシンボルマークになっていて、

本宮大社の入り口の旗にも大きく描かれています。

いかがでしたか?

熊野市⇒熊野古道⇒熊野三山というイメージで和歌山県の観光スポットにまで触れてみました。

筆者はすべて何度も行ったことのある場所ですが、

どれも都会での生活では感じることの出来ない、

とっておきの観光スポットです。

まだまだ認知度の低い熊野地方ですが、見所がたくさんありますし、

海の幸も山の幸も豊富でグルメも楽しめます。

ぜひ一度行ってみて、その良さを実感してください!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします