妊娠・出産

失敗しない!子供の習い事を選ぶ4つのコツ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

7歳の長女と2歳の長男と0歳の次女の3人の子育てに奮闘中のママライターです。

子供に何か習い事をさせたいと思っているママはたくさんいらっしゃると思います。

その思いに比例する以上に、

習い事の選択肢はたくさんあるものです。

フィットネスクラブに行けば子供向けのダンスやスイミングがあり、

音楽教室に行けばピアノ、エレクトーン、

バイオリン、お勉強系ならそろばん、学習塾などなど、

挙げ始めたらキリがありません。

そのたくさんの選択肢の中からどのように選べば良いのか、ポイント

ご紹介します。



体験システムを利用する

だいたいどの習い事の教室でも、

始める前に見学や体験をさせてもらうことができます。

子供からやりたいと言い出したことでも、

いざやってみると「思っていたのとは違う」ということはよくあります。

本当に興味を持って続けられるか、体験を通して見極めましょう。

体験は1人で行こう!

お友達と行くと、子供の本心が分かりづらくなります。

お友達が行くから自分も行く、

というのは習い事を始めるきっかけとしてはスムーズなのですが、

お友達が辞めてしまった時に続ける理由がなくなってしまい、

自分も辞めたい、ということになりかねません。

1人でも続けられる習い事を選ぶように心がけましょう。

月謝が負担にならないものを選ぶ

習い事の中には、年齢やレベルが上がることで月謝も上がるものがあります。

今後、習い事の数が増えることや、

家族が増えることもあるかもしれません。

家計の負担にならないかよく検討しましょう。

イレギュラーな出費も

習い事によっては、進級テスト、発表会、

消耗品など、月謝以外にも高額な出費があるものも。

できるだけ事前にリサーチしましょう。



興味を持って長く続けられるものを選ぶ

親の希望を押し付けて、

本人に興味のないことをやらせても長続きはしません。

すぐ辞めたり、諦めたり、他のことに心変わりする癖をつけないためにも、

一つのことを根気強くできるものを選びましょう。

辞めたいと言われたら

辞めるタイミングを段階的に予測しておくこともポイントです。

始めてもすぐに辞めてしまうのは、

子供に辞め癖をつけてしまうのでよくありません。

何歳までは続ける、ここまでできるようになったら辞めても良い、

などと頭の片隅で予定を立てておきます。

いざ子供から辞めたいと言われたときに、すんなり請け合うのではなく、

ここまでは頑張ろうという目標を立てて達成させてあげてから、

それでも辞めるのかどうかを話し合えばお互いに納得できます。

通うことが苦にならないこと

子供が小さいうちの習い事は送迎が必要です。

車の場合は駐車場の有無や、

自転車の場合は天気が悪くても送迎できる距離かどうかなど、

ママが送迎を苦に思わないことも重要なポイントです。

長く続けて欲しいなら、将来的には一人で通ってもらうことになりますから、

それが可能かどうかもあわせて検討しましょう。

いかがでしたか?もしかしたら子供の一生涯に関わるかもしれない習い事です。

何か一つ特化したものを身につけさせたい、

満遍なく人並みにできる子にしたい、親の思いは色々あると思います。

きっかけは子供のやりたい気持ちだとしても、

それをやらせるかどうかは親の判断です。

ぜひ失敗しない習い事選びのためにお役立てください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします