1歳~3歳児 子供の健康・食事 生後0ヵ月~12ヵ月

おむつパンツタイプ人気ランキングベスト5

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは! 11ヶ月の息子のいるママライターです。

今回は、赤ちゃんとは切っても切り離せないおむつの話。

最初はテープタイプのおむつだったのが、

成長に合わせてパンツタイプのほうが楽になる時があります。

そこで人気のパンツタイプのおむつをランキング形式でまとめてみました!

*ランキングの価格は2015年7月現在、Mサイズのものです。



第5位 GENKI!パンツ

58枚/¥1,380 1枚あたり¥24

アンパンマンのイラストが目印のこちらのおむつ。

このアンパンマンが好きで、おむつ替えを嫌がらなくなったという声もあるので、

たかが柄とあなどることはできません。

M・L・Big・Bigより大きいサイズの4サイズがあります。

全体的にゆったりとした幅広のサイズ展開で、

太めの赤ちゃんのママたちからの指示が高いです。

お腹周りが快適!

お腹の部分の断面を見ると、3層のシートが重なっており、

そこに溝が生まれて空気のクッションの役割をしてくれています。

履き心地が柔らかくなり、

かぶれの元となるじめじめとした湿気も外へ逃がしてくれます。

うんちに強い!

GENKI!パンツの大きな特徴として、≪尿便分離構造≫というものがあります。

おしっことうんちを別々に吸収するポケットを作ることで、

ウンチをしっかりキャッチして漏れにくくしているのです。

第4位 GOO.N やわらかフィットパンツ

74枚/¥1,510 1枚当たり¥20

Eテレのいないいないばぁのワンワンとうーたんがデザインされたおむつ。

S・M・L・Big・Bigより大きいサイズ・スーパーBigと、

サイズ展開が豊富です。

スリムなシルエットですが、伸縮性が高く、

足回りの細かいギャザーが柔らかく、使い勝手もいいです。

お尻に優しいGOO.N

お尻の形に添った形状のおむつなので、

しっかりと密着してくれるのが特徴です。

お尻周りがもこもこしないので、

お洋服の上から目立ちにくいというのもあります。

また、おむつの内面がウェーブ加工されているため、

肌に優しい仕上がりなっています。

天然ビタミンEも配合されており、

このことによりおむつかぶれを更に防ぐことができます。

コストパフォーマンスが◎

紙おむつは毎日使うものなので、

経済的にも負担が少ないほうがありがたいですよね。

基本価格がそもそも安いので、

コストパフォーマンスが高いのは大きな魅力ではないでしょうか。

第3位 パンパースパンツ

74枚/¥1,527 1枚当たり¥21

しまじろうのデザインが施され、

産院で使われている率の高いパンパース(私の出産した産院もそうでした)。

S・M・L・ビッグ・ビッグより大きいサイズ・卒業パンツと、

こちらもサイズ展開は豊富。

吸収性がピカイチ☆

CMでもよく耳にしますが、パンパースは通気性・吸収性の良さに優れています。

夜から朝まで漏れずにしっかりガードしてくれるのは魅力的ですよね。

また、おむつの内部を弱酸性に保つ独自の技術を持ち、

このことによりおむつかぶれを防いでくれます。

密着感も随一!

赤ちゃんの肌を締め付けずに、

それでいて高いフィット感のあるパンパース。

お腹周りも足回りもぴったりとフィットしてくれるので、

食後のぽっこりお腹にも、背中にできるくびれにもしっかり沿って、

背中からの漏れも防ぐことができます。



第2位 ムーニーマン エアフィット

70枚/¥1,480 1枚当たり¥21

くまのプーさんがデザインされたおむつ。

S・はいはい用・M・L・ビッグ・ビッグより大きいサイズ・

スーパービッグのサイズ展開となっています。

他社にはない、はいはい用が特徴

はいはい用は5~9キロ、

Mサイズは6~10キロと適応体重は少しかぶります。

はいはい用のほうが、動き回る赤ちゃんでもはかせやすいように、

≪のび~るウエスト≫が採用されており、お腹周りの伸びが良く、

両足をさっと通しやすいようになっています。

寝返りをしたがる赤ちゃんにもおすすめです。

フィット感も抜群!

≪ふんわりぴたりギャザー≫のおかげで、

細めの赤ちゃんでもぴったりフィットしてすきまモレを防いでくれます。

下着のように柔らかい素材で、

それでいて跡も残りにくいのも嬉しいポイントですよね。

第1位 メリーズパンツ さらさらエアスルー

 
74枚/¥1,543 1枚当たり¥21

メリーズうさちゃんデザインのこちらのおむつ。

サイズはM・L・ビッグ・ビッグより大きいサイズと、

GENKI!パンツと同じく4サイズ展開です。

おむつ界トップの通気性の良さ

メリーズの1番の特徴は、その通気性の良さ。

おむつかぶれに悩んでいた赤ちゃんも、

メリーズに変えたら症状が改善された、というママの声もあります。

お腹周りの汗をかきやすい部分は、空気のトンネルのようになっており、

肌とギャザーの間から汗のムレをどんどん追い出してくれます。

そしておしっこの部分は、全面通気性シートを採用しているので、

おしっこのムレも外へ追い出してくれます。

場所によっては品薄の場合も…

その人気の高さから、品薄になることが多いメリーズ。

確実に購入したい場合には、

アマゾンなどで定期購入を申し込んでおくと安心かと思います。

テープタイプとパンツタイプの違い

新生児からしばらくの間は、赤ちゃんが自分で動くことは少ないですよね。

なので一般的に、テープタイプのおむつのほうが替えやすいと言われています。

逆に、はいはいやつかまり立ちをするようになると、

テープをする間大人しくしてくれないから、

とパンツタイプに切り替えることが多いようです。

ねんねの赤ちゃんでもパンツタイプにすることも

実は我が家もそのパターンで、

息子が3ヶ月のときにパンツタイプのおむつ(Sサイズ)に替えて以来、

ずっと愛用しています。

息子の場合、とにかく足をバタバタと動かしうまくテープができず、

その結果、うんちが漏れやすくなってきたのが大きなきっかけでした。

我が家ではムーニーマンとメリーズが活躍していますが、

夏場になってからはさらっと快適に過ごせるようにメリーズを愛用しています。

テープのおむつだったけどそろそろパンツにしてみようかな…という方は、

メーカーによってはサンプルプレゼントのキャンペーンを行っているところもあるので、

1度試してみてはいかがでしょうか?


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします