子供の健康・食事

赤ちゃんが卵アレルギーに!その原因と症状と対策

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、3歳と1歳の子供を持つママライターです。

現代の子供たちは昔に比べるとアレルギー疾患が多いようです。

中でも卵アレルギーは特に多いようですね。

待望の赤ちゃんを授かり、離乳食を始める頃になると、

ほとんどのママが我が子のアレルギーについて考えるのではないでしょうか。

私もその一人でした。

実際に食物アレルギーが発覚した時は、それなりにショックもありましたが、

今後についていろいろ調べまくった記憶があります。



アレルギーの原因

そもそもアレルギーとは、人体には外部からの浸入(細菌やウイルスなど)に対して抗体を作り、

対抗しようとする免疫反応があります。

この免疫反応が過剰に反応してしまい、

実際には人体に害のない物でも抗体を作ってしまうのが、「アレルギー」です。

特に赤ちゃんは、消化機能が未熟なため、

アレルギーを発症しやすいと言われています。

卵アレルギーの原因

卵アレルギーの原因のほとんどは、卵白にあります。

卵白に含まれている「オボアルブミン」や、「オボムコイド」、

と言う成分がアレルゲンとなり、アレルギーを引き起こすと言われています。

アレルギー症状

皮膚のかゆみを伴う湿疹や蕁麻疹などの皮膚症状、

瞼や唇が腫れ上がってくる粘膜症状、咳や呼吸困難などの呼吸症状、

下痢や嘔吐などの消化器症状、

アナフィラキシーショック(急な血圧低下や意識障害など)があります。

食べてから発症、消失までの時間や症状には、

アレルゲンへのアレルギーの強さや抵抗力などにより、

かなりの個人差があります。

アレルギー対策

赤ちゃんの食物アレルギーが発覚した場合、二通りの対応策があります。

ひとつ目は耐性獲得、二つ目は抗原除去です。

どちらの対応策を選ぶかは、ケースバイケースとなりますし、

必ず独自の判断で行わず、医師の判断の元で進めて下さい。

耐性獲得とは?

アレルギーに耐えられるような体質にすることを、耐性獲得と言います。

卵アレルギーであれば、卵を少量ずつ食べながら、

体を徐々にならしていく治療法です。

離乳食やアレルギーの程度に合わせながら、医師と相談の上、

少しずつ食べさせていきます。

抗原除去とは?

アレルゲンとなる食物を食べないことです。

3大アレルゲン(卵・大豆・牛乳)やそばなどでは、

治るまでしばしば行われる事があります。

母乳育児の場合

母乳には母親が食べたものが分泌されるのですが、

その量はごくわずかとも言われており、

また、赤ちゃんによってもどれぐらいの量で反応するかも異なるため、

赤ちゃんが卵アレルギーになったとしても、

母親も完全に卵を食べないように気を付ける必要はありません。

医師との話し合いにより、母親も卵を除去するかどうかを決定します。

ただ、卵はいろいろな物に含まれているため、

外食や加工食品などで卵を摂りすぎないことは、大切かもしれません。



完治するの?

年齢を重ねると共に、自然に治るのを待つしかありません。

薬は、アレルギー症状を抑えるためのもので、

アレルギーを治すものではありません。

一般的には、腸管の免疫機能が発達することで、

卵が有害では無いと認識できるようになるため、

6歳までにはほとんどが完治すると言われています。

逆に、6歳を過ぎても完治しない場合は、完治しにくいとも言われています。

リスクを減らす!

食物アレルギーの予防は出来ませんが、リスクは減らすことは可能です。

たばこは吸わない事や、赤ちゃんのスキンケアをしっかりと行うことで、

空気中に漂っているアレルゲンを体内に取り込まないように心掛けましょう。

最後に・・・

赤ちゃんに卵アレルギーが出たとしても、

妊娠中や授乳中のママの食生活によって、

アレルギーになることはあまりないと言われています。

偏った食生活をしていなければ大丈夫ですので、あまり神経質にならずに、

バランス良くいろいろな食べ物を食べて下さいね。

アレルギーになったことを悔やむよりも、

アレルギーマーチ(アレルギー → アトピー → 気管支喘息 → アレルギー性鼻炎のように、

アレルギー症状が進行していく事)の心配をして下さい。

アレルギーの治療をきちんと行わなければ、

アレルギーマーチは進行すると言われています。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします