育児の悩み・疑問

色々試して分かった!生理中の子供とのお風呂の賢い入り方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!5歳の娘と2歳の息子を育てているママライターです。

毎日の入浴、一人なら癒しの時間ですが、

子どもと一緒に入ると癒しどころではありませんね。

しかも、それが生理中となると…。

もう想像しただけでグッタリなママも多いはず。

出血も気になるし、子どもにもどう説明していいやら?

いったいどう入るのが正解なの!?

それには私も悩み、色々と試して来ました!

そうして分かった賢いお風呂の入り方をご紹介しますね!



(1)生理中の入浴

そもそも、生理中は入浴してもいいものなのでしょうか?

出血も気になるし、そもそも横になって寝ていたい…入浴なんて面倒、

と思うかもしれませんね。

しかし、実は生理中こそお風呂に入った方が良いのです。

生理中は体のホルモンバランスが変化している時ですから、

お風呂に浸かって少しでもリラックスし、体をしっかりと温めると良いのです。

下半身を温めることによって生理痛も緩和しますから、しっかりと浸かりましょう。

また、お風呂に入ると水圧がかかるために経血は湯船には漏れ出ません。

ですが、お風呂に出入りするときにお湯を汚さないような配慮が必要です。

(2)入浴をためらう理由

生理中、子どもと一緒に入るときに悩む理由はいくつかあると思いますが、

私が感じたのは以下の通りの理由です。

経血

経血が漏れ出ないか、またお風呂場の床についたり脚をつたわないか。

そして、それをどう子どもに説明するのか。

タンポン

経血を子どもに見られないようにタンポンを使った場合。

ひもを子どもに見られないようにするか、どう説明するか。

体調に不安

生理中は貧血気味になったり、気分がすぐれないことも多いですね。

そんなときはどうするのか。

では、それぞれ悩み別に解決しましょう!!



(3)それぞれの対処方法

経血

床や椅子に血がついてしまうと、血に子どもも驚くことがあります。

経血が漏れないように、タンポンを使いましょう。

どうしてもタンポンを使わないと経血が脚を伝ったり、

お風呂場の床を汚してしまいます。

また、タンポンはお風呂から出たらすぐに、

トイレなどで入れ替えて新しいものにしましょう。

またはタンポンを取り出して新しいナプキンをあてましょう。

タンポン

前述の経血対策でも登場しましたタンポンですが、

「お母さん、ヒモが出てるよ」と言われることもしばしばです。

上の娘はすでに5歳なので説明をしています。

「女の人は大人になると一か月に一度、生理といって出血があるんだよ。

 血がついたりしてお風呂が汚れるとイヤだから、

血が出ないようにしてるのよ」と言ってあります。

ある程度、大きいお子さんであれば、

こういった説明で分かってもらえるはずです。

問題は、もっと小さいお子さんの場合ですね。

ヒモはどうしても見ると引っ張りたくなるものなのか、見せると危険です。

こればかりは見せないのが正解です。

なるべく子どもの背後に立ち、ヒモを見せないようにします。

浴槽に入るときにも、子どもの注意をおもちゃなどで引いて、

ヒモに気づかれないようにします。

浴槽から出るときも子どもを先にあげましょう。

脚を閉じ、子どもに後ろに立たれないようにすると気づかれずに済みますよ。

体調に不安

体調に不安を感じる場合は、無理に一緒に入る必要はありません。

旦那さんの帰宅が遅く、どうしてもお風呂に入れなければならない場合は、

子どもだけ洋服を脱がしシャワーを浴びさせるか浴槽へ。

ママは洗い場に洋服を最低限だけ着て待機しましょう。

説明してわかるような年齢のお子さんであれば、

「ママは具合が悪いから入れないの」と説明しましょう。

(4)対処はそれぞれ

生理中、いつもと違う体調の中、子どもの世話をするのは大変です。

どうしても体調が優れなければ、いっそその日は入れないというのもありでしょう。

1日くらいお風呂に入らなくてもなんてことありません。

また旦那さんが早く帰宅できるのであれば、

今日はパパと入る日だよ!としても良いでしょう。

家庭によってそれぞれの形があっていいのですから、

わが家のスタイルを見つけてくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします