妊娠中期

妊娠6ヶ月(妊娠20週~23週)の症状と注意点と胎児の状態

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!5歳の娘と2歳の息子を持つママライターです。

妊娠6か月を迎え、妊娠期間も折り返し地点まで来ました。

残り半分、素敵なマタニティライフを過ごしましょう。

さて今回は妊娠6ヶ月(妊娠20週~23週)の時期の症状や注意点、

赤ちゃんの状態をお教えします!



(1)妊娠6ヶ月とは?

妊娠6ヶ月とは妊娠20週~23週のことを指します。

妊娠5ヶ月から7ヶ月の間は安定期と呼ばれ、

体調が安定した日々が続きます。

この時期に「夫婦ふたりでの最後の旅行」に行くご夫婦も多いことでしょう。

その場合は無理のないプランをたて、楽しみましょう!

(2)この時期の母体に現れる症状

胎動を感じる

初めて妊娠したママも、

妊娠6か月にははっきりとした胎動を感じ始めるでしょう。

最初はお腹の中のガスが動いたようなポコッ、ポコッとした感じですが

週数が進むにつれてポコン、ボコンなどと、

はっきりと赤ちゃんが動いたのが分かるようになってきます。

お腹はさらに大きく

増える羊水と大きくなる胎児のせいで、どんどんお腹が出てきます。

妊娠線の心配なママは保湿をしっかり行いましょう!

自分では見えづらい下腹部もよく確認しましょう。

また胸や脚などにも妊娠線が出ることがあるので、

お風呂の時などには全身を鏡でチェックしましょう。

乳首が敏感に

乳首や胸がチクチクしたり、摩擦などにより不快感を感じることもあります。

また分泌液が乳首から出ることもあります。

分泌が多いようであれば母乳パッドなどを購入して、

定期的に交換をして清潔を保ちましょう。



(3)この時期の注意点

正中線

おへその上下に正中線という茶色い線が見えるようになります。

もともとあった正中線が妊娠中のホルモン変化によって、

ハッキリ見えるようになったのです。

この正中線、産後は徐々に消えていきますので心配ありません。

また特別なケアも必要ありませんよ。

重心の変化

お腹が大きくなり重たくなるせいで、体の重心が前方にずれます。

それにより、猫背になって腰や背中に負担をかけることがあります。

腰痛や背中の痛みを感じたら正しい姿勢を意識し、

背筋を伸ばすようなストレッチを行いましょう。

こむらがえり

お腹の重さを支えるため、ふくらはぎに負荷がかかり始めます。

運動不足や血行不良のせいでむくみが起きたり、こむらがえりを起こすことも。

軽い運動やマッサージをするなどして改善しましょう。

(4)この時期の赤ちゃんの状態は?

赤ちゃんの大きさは?

赤ちゃんは身長が30センチ、体重も700グラム相当に!

全身がエコーに入らず、部分的にしか見れなくなってきます。

妊娠初期の豆粒のようだった頃を思うと、とても大きくなってきましたね。

胎内では

胎内で大きく動くようになり、ママは激しい胎動に驚かされるかも?

この頃にはママの声はすでに聞こえていますから、

たくさん話しかけてあげましょう。

ママの声に胎動で返事をしてくれるかもしれませんよ。

逆子

この妊娠6ヶ月の時期に逆子だったとしても、それは心配ありません。

まだお腹の中では自由に動き回れる余裕があるからです。

妊娠8ヶ月ころまで逆子を心配する必要はありません。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします