妊娠中期

妊娠5ヶ月(妊娠16週~19週)の症状と注意点と胎児の状態

こんにちは!5歳の娘と2歳の息子を持つママライターです。

ついに妊娠5ヶ月を迎え、安定期に入ります。

今回は妊娠5ヶ月(妊娠16週~19週)の時期の症状や注意点、

赤ちゃんの状態をお教えしますね!

[co-7]

(1)妊娠5ヶ月とは?

妊娠5ヶ月とは妊娠16週~19週のことを指します。

妊娠中期である妊娠5ヶ月から妊娠7ヶ月頃までのことを安定期と呼びます。

この時期は胎盤も完成し、流産の危険が格段に減ります。

また、つわりの辛さからほぼ解放される時期でもあり、

多くのママは体調の良い日が続きます。

(2)この時期の母体に現れる症状

体調が良い日が続く

安定期を迎える頃にはつわりもほぼ終わり、倦怠感や眠気からも解放されます。

体調が良ければ、マタニティヨガや、

マタニティ向けのアクアビクスなどに参加するのも良いでしょう。

しかしあくまで妊婦であることを忘れてはいけません。

運動することは大切なことですが無理はせず、少しでも疲れたら休みましょう。

食べすぎ注意

体調が良いからと外食したり、ついつい多く食べてしまったりしがちな時期です。

急に体重が増加すると、ママの身体にとって負担となります。

また肥満は安産を妨げるため、適切な体重増加を意識しましょう。

お腹の膨らみが目立つように

妊娠週数が進むにつれて段々と大きくなってきたお腹ですが、

妊娠5ヶ月を迎えるころには洋服の上からでも膨らみが目立つようになり、

お腹に赤ちゃんがいると気づいてもらえることが増えてきます。

胎動を感じ始める

初めての妊娠の場合、一般的には19週頃から胎動を感じると言われています。

経産婦の場合はもっと早く、16週頃から感じるそうです。

最初はお腹の中のガスが動いたかな?という不確かな感覚ですが、

週数が進むにつれて「これは胎動だ!」とはっきりわかるようになります。

[co-8]

(3)この時期の注意点

この時期はついつい無理をしがちです。

安定期に入ったんだし、少しくらい無理したって大丈夫!

という考えは捨てましょう。

日常生活でも激しい動作は避け、

旅行や帰省などに行く場合も無理をしないプランを立てましょう。

お腹の中の赤ちゃんを守ることができるのは、あなただけです。

(4)この時期の赤ちゃんの状態は?

赤ちゃんの大きさは?

赤ちゃんは身長が25センチ、体重も280グラムにまで成長します。

一か月前に比べると身長は10センチも伸び、体重は倍近くなるのです。

胎毛と皮下脂肪

お腹の中の赤ちゃんには胎毛が生え、

今までガリガリだった体には皮下脂肪が付き始めます。

これから週数が進むごとに、段々と体はふっくらしていきます。

神経発達

脳が大きくなり神経がどんどん発達していきます。

ママの心臓の音や、ママの声などはこの頃から赤ちゃんは記憶しているそうですよ。

また五感も味覚以外は徐々に発達していき、触覚はほぼ完成です。

性別が分かるかも?

腹部からのエコーで、運がよければ性別が判断出来るようになります。

こればかりは赤ちゃんの位置やポーズ、動きなどに左右されるため

出産直前まで性別が分からなかったなんてケースも。

また、一般的に男児の方がシンボルを確認しやすいため、

女児よりも早い週数で「男の子だね」と判断されるようです。

[co-9]

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします