高温期

低温期ってなに?その特徴と過ごし方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3年生と5年生の子供を育てているママライターです。

基礎体温のサイクルに見られる「低温期」を詳しくご存知ですか?

妊娠を実感するために高温期の内容をしっかり把握される女性の方は多くいると思いますが、

低温期に対する知識は薄い・・・という女性、意外と多いのではないでしょうか。

実はこの低温期こそ、妊娠の素を作る大切な期間なのです。

ここでは、低温期とは何か、低温期の症状や過ごし方などについて詳しくご説明します。



低温期とは、いつからいつまで?

基礎体温表における低温期の数え方をご説明します。

低温期の初日は生理開始日から数えます。

生理開始日を低温期1日目と数え、通常は14日間続きます。

人によっては14日より少なかったり、逆に多い場合もあります。

日数の多少の前後があってもそれが毎回のサイクルであれば問題ありません。

日数が定まらない場合

極端に長い・短い、低温期に高体温の日が度々あったり、

低温期から高温期への移行の仕方がハッキリしない場合などは、

ホルモンの分泌、その他の疾患が疑われるかもしれません。

低温期における女性細胞の動き

低温期は妊娠準備期間。妊娠の“素”を作ることから始まります。

妊娠に必要な卵胞の形成

妊娠するためには、第一段階として精子との受精が必要です。

受精するためには、卵子が排出されなければなりません。

その卵子を含めた細胞である卵胞を形成するのが低温期です。

卵胞の形成に必要な卵胞ホルモン

低温期には卵胞ホルモンが多く分泌されます。

卵胞ホルモンは、妊娠に必要な次の働きをします。

    ① 卵胞の形成

  • しっかりとした卵胞が形成されることで、質の良い卵子が排出されます。

  • ② 子宮内膜の育成

  • 子宮内膜が厚くなると着床しやすく、
    また着床を持続させて妊娠に繋げることができます。

精神的にも良い影響を及ぼす卵胞ホルモン

卵胞ホルモンは別名エストロゲンとも言われ、

精神を安定させる作用があります。

妊娠には心の問題が大きく影響するため、

この精神安定剤ともなる卵胞ホルモンの分泌は非常に大切なのです。

低温期に見られる体の変化

卵胞ホルモンが分泌される低温期は、

女性が女性らしく過ごせる期間でもあります。

女性らしい嬉しい作用がたくさん

卵胞ホルモンは肌質を上げる作用があります。

また、脂肪を燃焼させる、乳房に張りが出る、髪が艶やかになる、

といった、女性にとっては嬉しい作用がたくさんあります。

女性は恋をするとキレイになると言いますよね。

それは、恋をして心が満たされることで、

卵胞ホルモンの分泌量が増えることが理由なのです。

体が快調!

生理前の高温期には体が重く、不調を感じる女性が多いと思います。

しかし、低温期は体が軽やかで気持ちも安定しているので気分が良く、

考え方も前向きに過ごせるという嬉しい期間です。

快調!と感じる女性はとても多いことでしょう。



気を付けたい低温期の過ごし方

快調になるからこそ、気を付けたいことがあります。

次のことに気を付けましょう。

  • ① 睡眠不足、生活リズムの崩れ
  • ② 栄養不足・バランスの悪いの食事、お酒の飲み過ぎ
  • ③ 激しい運動
  • ④ 仕事のしすぎ、ストレスを溜め込む

女性細胞は敏感に受け取ります。

体調が良いからと言って不摂生な生活を続けていれば、体には悪影響です。

女性細胞は妊娠に必要不可欠な組織を形成している最中ですから、

体に良くない生活は妊娠へ悪影響を及ぼします。

規則正しい生活を心がけましょう。

質の良い卵子を育成するためにも、

低温期はバランスのとれた食事や質の良い睡眠を心がけ、

生活リズムを崩さないように注意しましょう。

この時期に激しい運動をしたり、仕事を詰め込みすぎてストレスを溜め込めば、

高温期に入った時にその疲れが一気に出て、妊娠を継続できなくなるかもしれません。

低温期が長い・短い場合の対処法

通常の低温期は14日間です。

短い場合は、妊娠に必要な卵胞を形成できていない可能性が高まります。

心配な低温期の日数は?

低温期も高温期も、人によってサイクルがありますから、

毎回一定の日数であれば問題ないとされます。

しかし、通常14日間に比べ、

低温期は1~2日程度の差なら心配ありませんが、

常に12日間より短い場合は心配です。

低温期が短いとどうなるの?

血流が悪いために卵胞が育ちにくく、

未熟な卵子が排出されている可能性があります。

そのため、精子と結びつくことができずに妊娠に至りません。

もうひとつは、体に熱がこもっているために、

卵胞の成熟が早すぎて短い期間で排出されているかもしれません。

成熟が早いと充分な機能を果たさない恐れがあります。

低温期を理想日数にするために

低温期の期間が長かったり、逆に短かったりする場合は、

治療により理想日数にすることができます。食事や入浴などで体を温める、

熱を発散させるために適度な運動をする、漢方薬で治療する、

ストレスを溜めないで改善できることがあります。

原因を探り、それに見合った対処法を考えると良いでしょう。

低温期こそ、自分の体を大切にしましょう。

どんな健康体にも不摂生が積もればいつかは体調が崩れる、

誰であっても、どんな体であっても、体に優しい生活をすることは大切です。

女性は低温期こそ体をいたわりましょう。

低温期になると、体も心も快調になるために、

つい夜更かしをしたり外食が重なってしまいませんか?

快調になる時期であるからこそ、健康に気を遣い、

食事や睡眠といった全ての生活面において、リズムを崩さないよう注意してください。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします