出産 赤ちゃんの行事・お祝い

私が実際に貰って嬉しかった出産祝い10選

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!3歳男児と1歳女児を育児中のママライターです。

出産祝いを贈りたいけどどんなものが良いのか分からない、

と思ったことはありませんか?せっかくのお祝いごとなので、

少しでも喜んでくれるものを贈りたいですよね。

今回は実際に私がもらって嬉しかった出産祝いを紹介したいと思います。



贈り物の定番、おもちゃ

出産祝いと聞いて一番に思い浮かぶのがやはりおもちゃです。

といってもおもちゃも本当にたくさんの種類があり、

何を選べばいいのか迷いますよね。

具体的にどんなものが嬉しかったのか挙げていきたいと思います。

音の鳴るおもちゃ

新生児だとまだ目が見えないので、

音の出るおもちゃは最初から活躍します。

耳元で鳴らしてあげると顔を向けたり、

大きくなって自分で鳴らして遊べます。

ビニール袋のガサガサという音のするおもちゃは我が家の子供たちは大好きでした。

ボール

ねんねのころは持たせて遊んだり、

お座りやはいはいの時期は転がして遊べます。

自分で持てるようになると投げて遊ぶこともあるので、

当たっても痛くない布製のボールがよいでしょう。

絵本

絵を見て楽しみ、読み聞かせをしてコミュニケーションを取れるのが絵本の良いところです。

毎日同じ本では飽きてしまうので、

何冊あっても嬉しいのが絵本でした。

おむつケーキ

見た目も可愛いし、オムツなのでどれだけあっても困りません。

最近ではキャラクターのついたものや、

ケーキの周りをおもちゃで飾ってあるものもあります。

種類が豊富なので、贈る人の好みも踏まえて選べます。

タオルケット

赤ちゃんのお肌はデリケートなので新品のふわふわタオルは重宝しました。

お風呂は毎日のことなので何枚あっても助かります。

他にもお昼寝の時にかけてあげたり、お出かけの時にくるんだり、

ベビーカーで出かける時はブランケット代わりにもなります。



離乳食セット

もらってすぐ使うわけでは無いですが、後々必ず使うものです。

食器やスプーンだけでなく、

すり鉢や小分けのケースが付いているものもあります。

ただし、すでにもう準備していたり他の人からもらっている場合もあるので、

贈る場合は事前にリサーチが必要です。

名前スタンプ

こちらは保育園や幼稚園に通いだしたら大活躍するアイテムです。

いろんなものに名前を書くのはかなりの面倒。

それがハンコを押すだけだととてもラクですよね。

私がもらったものはサイズが大きいものから小さいものまであり、

ひらがなと漢字の両方がセットだったので小学校に上がっても使えそうです。

すぐに測れる体温計

赤ちゃんの体温は外気に影響されやすく、

はじめのうちはこまめに測ることが多いです。

頂いた物は数秒間耳に当てるだけで体温が測れるものでとても重宝しました。

自分で用意したものは脇に挟むタイプだったので時間がかかり、

赤ちゃんが動いて測り直し、ということが多々ありました。

体温計は他にも額に当てて測るものもあるので、

なるべく測りやすく短時間で済むものを贈るといいでしょう。

写真立て

自分ではなかなか買わないけど、あれば飾って楽しめるのが写真立てです。

今は自宅でも写真をプリントできるので、

お気に入りの写真をすぐ飾れます。

我が家は赤ちゃんが0~12ヶ月までの写真をいれるものをもらいましたが、

客人にも好評ですし、あの頃はこうだったな~と夫婦の会話のネタにもなっています。

現金、商品券

なんだか味気ない贈り物ですが、

こちらはどれだけあっても困らない究極の出産祝いだと思います。

赤ちゃんが生まれると次々と必要なものがでてくるので、

その時に自分が欲しいものを買えてとても助かります。

「何を贈ればいいのか分からない!!」という方はこちらを贈れば迷惑になることはないと思います。

いかがでしたか?今回は私がもらって嬉しかったものを挙げたので全ての人に当てはまるわけではありませんが、

少しでも参考になれば幸いです。

あげる人ももらう人も喜びあえる出産祝いを贈ってくださいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします