子供の教育・成長・遊び 育児の悩み・疑問

与えるべき?子供部屋の必要性とは?子供部屋がない方が頭がいい子に育つ?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!

11か月の息子がいるママライターです。

今回のお話は、ずばり、子供部屋。

お子さんのいらっしゃる家庭であれば、

用意されているお宅も多いかも知れませんね。

我が家も、子供部屋として使おうと思えば使える部屋はありますが、

現状は違う用途として使っています。

いざ息子が大きくなったときにどうするか、

今から頭を悩ませています。



子供部屋はいつから必要?

欧米では、赤ちゃんのうちから子供は子供部屋で寝かせる、

という習慣もあり、早いうちから子供部屋が用意されています。

けれど日本では、赤ちゃんのころからしばらくはママ・パパと一緒の部屋で寝起きすることがほとんど。

子供部屋を検討している方は、

小学校入学や中学校入学といった節目に合わせて準備をするということが多いようです。

子供部屋=勉強部屋?

私の子供部屋のイメージは、机があって、本棚があって、

タンスがあって、ベッドがあって…そんな風な、

よくドラマなどで見る子供部屋です。

そしてそこで子供が机に向かって勉強をしている。

けれど、ある調査では子供部屋を作る理由として「勉強させるため」という意見のママは1割ほどだったとか。

子供部屋を作る理由

では、他にどのような理由で子供部屋が必要だと考えているのかを見てみましょう。

子供の自立をうながす

子供からしてみれば、「自分だけの部屋!」というのは嬉しく、

満たされるような気持ちになります。

ですが本当に大切なのは、子供が自分1人で何かをする、

1人になれるスペースがある、ということ。

勉強にしろ、読書にしろ、お片付けにしろ、

小さいうちは親と一緒だったことを段々と1人でしなければならなくなります。

いつまでも親が手を出していたら、子供の自立も遅くなってしまいますよね。

子供のプライバシーを尊重する

小学生のうちはともかく、中学・高校と子供が思春期を迎える頃になれば、

やはり部屋という形で自分だけの空間を欲しがるようになるでしょう。

時に親と衝突して、顔を会わせたくない、なんてことも。

やましくはないけど、親には見られたくないものも、

出てくるかも知れませんね。

そういった時に子供の気持ちを第一に考えられるように、

子供部屋はやはりあった方がいい、との意見も多いです。

子供部屋を作ることでのデメリットもある?

それは、子供部屋が孤立してしまうこと。

例えば、玄関からリビングを通らずに子供部屋に行けるような部屋の配置では、

親は子供がいつ帰ったのか、どんな友達が来ているのか、

その様子を把握しづらくなります。

子供だけの世界が確立されすぎると、

段々と親との関係が希薄になってしまう可能性も。

ゲームやパソコン、スマホなども普及しているので、

それらにのめり込むようになってしまうのも心配です。

子供部屋がない方が、頭がいい子に育つ?

子供部屋ではなくリビングのダイニングテーブルで勉強していた子ほど、

頭が良く、有名大学に進学した、というケースもあります。

ママやパパに見守られていることへの安心感もありますし、

わからないところがあれば聞くこともできる。

一緒に考え、理解することでお互いのコミュニケーションも取れます。



子供部屋を作るとしたら…

いくつかポイントをあげるので、

これらを考えた上で子供部屋を用意してあげるといいかと思います。

子供部屋の配置はリビングの横に

先にあげたように、玄関のすぐ横などで家族と顔を会わせずに部屋に行ける配置はやめておきましょう。

理想はリビングを通って子供部屋に行く配置。

これなら一言でも声がかけられますよね。

友人関係も多少わかるようになりますし、

コミュニケーションも取りやすくなります。

子供部屋にテレビ・ゲーム・パソコンなどを置かない

これらのアイテムがあると、子供は集中し、

部屋に引きこもりがちになってしまうことも。

便利なアイテムではありますが、

その使い方は親がしっかりと指導してあげたほうがいいものですよね。

特にまだ幼いうちから熱中してしまうと、

加減を知らずに際限なくのめりこんでしまう子供もいます。

着替えや寝るスペースとしての子供部屋

あまり広さを取らずに、着替えたり、

寝るためのスペースとして子供部屋を作る程度でも十分だったりします。

それだけでも子供の自立を促したり、

時には子供が1人になることもできますよね。

家の中心は≪リビング≫

家族そろって食事をするリビング。

ここが子供にとっても1番居心地のいい空間にすることで、

必然的に子供はここに集まるようになります。

家族間の会話も増えるようになるでしょうし、子供の様子をしっかり見ることもできます。

それぞれにあった子供部屋のあり方を

ご家庭それぞれの部屋の間取りもありますから、

今回ご紹介したことを全て当てはまるのが難しい場合もありますよね。

我が家も子供部屋候補は玄関のすぐ真横なので、

いきなり問題にぶち当たった気分ですが…

記事を書いてみて個人的には、

最低限のスペースだけは子供にも必要じゃないかなと感じました。

まだまだ我が家にとっては先の話ですが、皆さんの参考になれば幸いです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします