妊婦の健康・食事

妊婦は注意!妊娠中に禁止すべき食べ物リスト

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、3歳と1歳の子供を持つママライターです。

女性にとっては一大イベントのひとつでもある、妊娠。

お腹の中で小さな命が芽生え、少しずつ大きくなっているのを実感するたび、
「赤ちゃんのために少しでも良い物を食べてあげたい!」と思いますよね。

じゃあ逆に「食べてはいけない物ってあるの?」と思ったことはありませんか?

赤ちゃんのために食べるのを控えた方が良い物を少しご紹介させて頂きますね。



生ものは危険!

妊娠中は免疫力が低下しているので、なるべくなら控えた方が良さそうです。

もし、食中毒などで下痢を起こすと子宮が収縮し、流産や早産の可能性があります。

生卵

卵にはサルモネラ菌の問題があります。
必ず加熱して食べることをお勧めします。

生牡蠣

ノロウイルスに感染する可能性がありますので、生で食べるのはやめましょう。
ただ、牡蠣は「海のミルク」とも呼ばれるほど栄養が豊富ですので、しっかり加熱した上で、積極的に摂取しましょう。

生レバー

赤ちゃんの成長にはかかせない葉酸が多く含まれているのですが、動物性の葉酸の過剰摂取は、奇形児が産まれる可能性があります。(極端な食べ方をしなければ大丈夫です。)

また、きちんと調理されていない場合には、トキソプラズマを含んでいる可能性があります。

リステリア菌を含む生もの

カマンベールチーズやブルーチーズ、スモークサーモン、生ハム、ユッケ、明太子、殺菌されていない牛乳などには、リステリア菌が含まれています。

流産や早産、死産の原因となりますので、食べない方が良さそうです。

大型の魚には水銀が含まれている!

マグロやカジキなどの大型の魚には、水銀が多く含まれていますので食べ過ぎないようにしましょう。

もちろん大型の魚にもたくさんの栄養がありますので、全く食べないのではなく、たまに食べるくらいにしましょう。

ひじき

ひじきにはヒ素が含まれていますので、大量に食べるのはやめましょう。

ただ、ひじきには鉄分も含まれており、全く食べないよりも食べた方が良いです。
食べる場合には1日に小鉢一皿程度にしておきましょう。



ビタミンAを多く含む動物性のもの

ビタミンAは胎児の成長にはかかせない栄養素で、摂取不足になると成長障害や奇形を起こす原因とも言われています。

ですが、動物性のビタミンAを過剰摂取すると、口唇列や口蓋裂、水頭症になる可能性が高まりますので、なるべくなら控えた方が良さそうです。

ちなみに、レバーやうなぎ、ホタルイカなどです。

飲み物

飲み物も胎盤を通して赤ちゃんに届きますので、カフェインやアルコールなどは控えた方が良いでしょう。

カフェインは分解できない!

まだまだ体が小さく内蔵も未熟な赤ちゃんには、カフェインを体内で分解するだけの力が備わっていません。

そのため、コーヒーなどは1日1~3杯までにしましょう。

また、カフェインとタンニンが強く結び付くと鉄分の吸収も妨げられてしまうため、なるべくなら食後のコーヒーは控えた方が言いと思います。

アルコールは発達障害を起こす原因!

アルコールは発達障害や学習障害を引き起こす原因となります。

また、発育の遅れや中枢神経の障害など、先天的な障害が出てしまいます。

妊娠をきっかけに、禁酒して下さいね。

タバコは百害あって一利なし!

タバコを吸う度に胎児の呼吸が低下したり、流産や早産の増加を招きます。

また、低身長や低体重の子供が産まれるとも言われています。

その他にも、キレやすい子供になるとも言われています。

アルコール同様に、タバコも妊娠をきっかけにやめることをお勧めします。

さいごに

赤ちゃんのために何でも食べるのは良いことですが、偏った食生活ではなく、まんべんなくいろいろ食べる事が一番です。

赤ちゃんの事ばかり考えて食事をしても、楽しくなければ意味がありません。

お刺身やお寿司が好きなのに食べられない!と考えてしまうより、たまには気晴らしに食べてもいいと思います。

ただ、頻繁に食べるのは良くないと思います。

毎日楽しい食卓を心掛けて下さいね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします