料理・レシピ

子供が大好き!ホットバナナの作り方

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、3歳と1歳の子供を持つママライターです。

子供に安心して食べさせられるおやつで、一番手軽にあげられるのがバナナ。

バナナには、ビタミンやミネラル、ポリフェノール、たんぱく質、炭水化物、食物繊維などがたっぷり含まれています。

そんな栄養豊富なバナナですが、普通に食べるよりも温めることで、より効果的で、なおかつ栄養成分が体内に吸収されやすくなるのです。

それならなおさら、子供たちにも食べさせてあげたいですよね!



ホットバナナの魅力!

普通のバナナでも栄養価は高いのですが、温めて食べることでバナナの糖度が約20%上がり、甘味が増します。

また、フラクトオリゴ糖が増すため便秘解消効果も上がります。

その他、美肌効果やアンチエイジング効果、疲労回復効果など、様々な効果があります。

バナナの食べ頃は?

シュガースポットとも呼ばれる黒い斑点が出ているのが食べ頃です。

甘味が増しており、免疫力も高まります。

朝食に食べるのがベスト!

ホットバナナを食べると腸が活動しやすいとも言われていますので、便秘気味の人は朝食に食べるのがベストです。

また、朝はまだ体がしっかりと目覚めていないため食欲が無い人も多いかと思いますが、ホットバナナなら体内に吸収されやすいため即エネルギーとなり、体がシャキっとします。



ホットバナナの作り方

栄養豊富で、なおかつ食べやすいホットバナナ。

作り方はいたってシンプルです。

皮を剥いてスライスしたバナナを、600wのレンジで30秒から40秒ほど加熱するだけです。

または、フライパンで1分ほど焼き、軽く焼き色が付いたら完成!

こんなに簡単に出来るなら、忙しい朝には持ってこいの朝食になりますね。

ホットバナナのアレンジレシピ

いくら栄養豊富で簡単に出来るとしても、毎朝同じ味のホットバナナを食べていると必ず飽きてしまいます。

そんな時には、ちょっとアレンジして食べてみて下さい。

ホットバナナのきな粉がけ

ホットバナナにきな粉をかけるだけです。
きな粉って、子供は大好きですよね!
とっても喜んで食べてくれます。

オリーブオイルでホットバナナ

オリーブオイルをかけてレンジで加熱するだけです。
もしくは、オリーブオイルでバナナを焼いて下さい。

オリーブオイルを使うことで保湿力が増したり、抗酸化作用で若返り効果も期待できますので、こちらは子供向けと言うよりもママ向けかもしれませんね。

ホットバナナのはちみつヨーグルト添え

ホットバナナにはちみつとヨーグルトを添えるだけです。
子供の大好きな組み合わせですよね。

ただ、1歳未満のお子様にははちみつはNGですので、ホットバナナのヨーグルト添えにして下さいね。

ホットバナナトースト

パンにバナナを切って乗せたら、トースターで焼くだけです。
はちみつやメイプルシロップをかけると、さらに子供は喜びます。

大人用はホットバナナトーストにシナモンをかけても美味しいですよ。

ホットバナナのチーズがけ

スライスしたバナナに、とろけるチーズを乗せてレンジでチン!
もしくは焼いて下さい。

チーズの塩味とバナナの甘さが病みつきになりますよ。

ホットバナナ&ホットリンゴ

スライスしたバナナとリンゴをレンジでチン!
もしくは焼いて下さい。

バナナだけでなく、実はリンゴも温めることで糖度が増します。

しかもバナナもリンゴも子供は大好きですよね。デザート感覚で食べられますよ。


安くて手軽に手に入るバナナ。

そのまま食べたり、ホットバナナにして食べたり・・・。

その日の気分や体調に合わせて選んでもいいかもしれませんよね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします