女性の健康 美容法

熱い夏を乗り切ろう! 免疫力アップ料理 BEST5

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!2人の息子を持つママライターです。

最近なんだか疲れが取れない、それに風邪も引きやすい、といった症状はありませんか?もしそうなら、免疫力が低下しているのかもしれません。



若さと健康は免疫力で決まる?!

免疫とは、その字の通り「疫(病気)から免れる機能」をいいます。つまり病原菌やウイルスなどの外敵や、体内にできた有害な細胞から体を守る機能です。

免疫がたくさんあったら「免疫力」?!

私たちの体を流れる血液の中に「白血球」というものがあります。白血球の中にはたくさんの細胞が存在し、それらは「免疫細胞」と呼ばれています。その細胞が外からのウイルスや病原菌と戦ったり、ガン細胞を死滅させたりします。

免疫細胞はいくつもあり、協調しあって働いています。ですからそれらの免疫機能の総称が「免疫力」という訳です。わたしたちは知らない間に「免疫力」という名の、ボディガードに守られているのです。

歳をとると「免疫力は」減るの?

一般的に免疫力は加齢とストレスによって低下するといわれています。20~30歳代でピークを迎え、40歳以降は下降線をたどります。そのため高齢者にガンが多く、感染症による死因が増えてくるのです。

しかし、確かに加齢によって免疫力は低下しますが、工夫次第では高めることも可能です。そしてそれは年齢に関係なくできるのです。

食べ物の力を借りて、自力で免疫力アップを目指そう!

現代は情報があふれていて、健康に関する食べ物はいくらでも探すことができます。でも「免疫力」を上げる「コレ!」という単独の食べ物は残念ながらありません。ですから、免疫機能を高めるために必要な要素が含まれた食材を、バランスよく摂ることが大切になります。

いろんな角度から免疫力を上げよう!

免疫細胞は腸に集まっています。ですから腸内環境の改善なくして免疫力をアップさせることはできません。また、白血球を構成するマクロファージ・顆粒球・リンパ球は、それぞれ効果を発揮させる餌が違います。そのため、様々な角度から免疫力を上げる食材を使うことが必要なのです。

この夏、免疫力アップさせるには何を食べたらいいの!

それはズバリ・・・

  • ・整腸作用
  • ・免疫機能向上
  • ・ガン予防
  • ・アンチエイジング
  • ・冷え解消

以上の要素を解決する食材を使った料理です!

バナナはベストな優等生!

バナナは整腸作用があり、腸内の善玉菌を助けるフラクトオリゴ糖が豊富です。

また、抗酸化作用があるケルセチン・ポリフェノールを含み、

代謝を促すカリウムはデトックス効果もあります。

第1位 簡単!バナナシェイク

【材料】 (作りやすい量)
バナナ 1本

ヨーグルト(プレーンで無糖) 50g

牛乳、または豆乳 150ml

バニラエッセンス 2滴

シナモン お好みで

    【作り方】

  • 1.適当な大きさに切ったバナナ、ヨーグルト、牛乳、バニラエッセンスをミキサーに入れて、お好きな時間撹拌させます。

  • 2. グラスに注いで、お好みでシナモンや氷を入れたら、出来上がりです。

バナナと同じくらい優秀食材、納豆

免疫機能を高めるには、免疫細胞を傷つける活性酸素を除去しなければなりません。その働きに優れた食材が「ファイトケミカルを含む食材」です。納豆もシソも、ともに抗酸化作用のあるポリフェノールを含んでいます。

第2位 スッキリ自慢!納豆のっけごはん

【材料】 (ひとり分)
ごはん 1膳

大葉 2~3枚

納豆 1パック

ごま塩 適量

    【作り方】

  • 1. 大葉を適当な大きさに切ります。(手でちぎっても、キッチンバサミを使っても可)

  • 2. ご飯を盛りつけ、ごま塩を適量振りかけたら、大葉をのせて出来上がりです。納豆といっしょに召し上がれ!



夏風邪予防にも効く、抗酸化作用!

ブロッコリーは、発ガン物質の作用を抑える効果の高い、スルホラファンが多く含まれています。またガンを引き起こす原因となる細胞の突然変異を抑制するだけでなく、正常な状態の細胞に戻す作用もあるのです。

第3位 やみつき注意!ブロッコリーのぺペロンチーノ

【材料】 (作りやすい量)
ブロッコリー 1房

にんにく(みじん切り) 1片分

鷹の爪(小口切り) 2分の1本分

オリーブオイル 大さじ 1

ブロッコリーのゆで汁 お玉1杯分

塩 少々

    【作り方】

  • 1. ブロッコリーは小房に分けて、塩(分量外)を加えた熱湯で、1分ほどゆでて取り出しておきます(ゆで汁は残しておく)。

  • 2. フライパンに、にんにく、鷹の爪、オリーブオイルを入れ、弱火にかけます。

  • 3. にんにくの香りが立ち、ほんのり色づいてきたら、ゆで汁と塩を加えて強火にします。

  • 4. 木べらで油とゆで汁が乳化するように素早く混ぜ、沸騰したらブロッコリーを加えます。

  • 5. 全体に味がなじむように時々混ぜながら、中火~強火で水分がなくなるまで火を通せば出来上がりです。

料理の幅が広がる常備菜!

必須アミノ酸がバランスよく含まれた肉は、より効果的に免疫細胞を作ることが可能です。また抗酸化力の高いにんにくは、しょうが、鷹の爪とともに冷え解消にも効果があります。

第4位 ごはんのお共?いえ野菜にも合います。肉みそ!

【材料】 (2人分)

鶏挽肉 100g

玉ねぎ 4分の1個

みそ 大さじ2

みりん 大さじ2

酒 大さじ1

砂糖 大さじ1

にんにく 1片

しょうが 1片

鷹の爪 1本

    【作り方】

  • 1. しょうが、にんにく、玉ねぎはすりおろし、鷹の爪は種を取っておきます。

  • 2. テフロンのフライパンに材料を全て入れ、よく混ぜます。

  • 3. 火にかけて木べらで混ぜながら、焦げないようにほど良い固さまで練り上げて、出来上がりです。(冷めると固くなるので、少しゆるいくらいで火を止めるのがコツです)

血液サラサラ!その辛みがファイトケミカルの証?!

玉ねぎは抗酸化力が高く、硫化アリルは疲労回復にも効きます。玉ねぎの血液サラサラ効果やにんにくの解毒作用が合わさった、食べるドレッシングで免疫機能を高めましょう。

第5位 玉ねぎの万能サラドレ!

【材料】 (2人分)
玉ねぎ 1個

米酢 4分の1カップ

オリーブオイル 大さじ3

にんにくスライス 2,3枚

酒・醤油・みりん 各50cc

塩 小さじ4分の1

    【作り方】

  • 1. 玉ねぎはスライスして30分ほど空気にさらしましょう。(硫化アリルの効力をアップさせます)

  • 2. さらしている間にマリネ液をつくります。米酢・オリーブオイル以外を鍋に入れて軽く沸騰させた後、荒熱を取ってから米酢・オリーブオイルを加えます。

  • 3. 2に1の玉ねぎを入れて、冷蔵庫で保存し1日経ってから食べましょう。

心の安定も免疫力アップにつながる

いかがでしたか?

免疫力アップに効果のある料理はまだまだありますが、夏向きの食材を中心にご紹介しました。これらをよく噛んで、楽しい会話とともに食べることが実は重要です。心の安定も免疫力アップにつながるからです。ぜひ参考にして下さい。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします