美容法

美は朝から作られる?!美しい女性に欠かせない7つの美習慣

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!やんちゃな2人の息子を相手に奮闘中のママライターです。

みなさんは毎朝スッキリ目覚めていますか?

前日の疲れ(精神的なものも含む)を持ち越したりしていませんか?



美は朝から作られる?!

毎日をイキイキと過ごしたい。

それに心身ともに健康でしかも若々しくなりたい、と思うのであれば、

実際にイキイキ暮らす習慣を作ることが大切です。

そしてそれは朝スタートさせると実現しやすくなります。

朝から行なう「美習慣」がなぜいいの?

なぜなら朝、清々しい気分でスタートできれば、

前向きで気持ちよく1日を過ごせるからです。

それに早朝は来客や電話もないので、

誰にも邪魔されない時間を作りやすいという利点があります。

おまけに朝の生活パターンはほぼ内容に差がないので、

一旦「美習慣」を組み込んでしまえば習慣化されやすいでしょう。

そのため朝の「美習慣」は、若々しくイキイキとした毎日が送れる最善策なのです。

脳のゴールデンタイムを朝が後押し?

よく夜10時から午前2時までに寝ると、

成長ホルモンがたくさん出て美容・健康にいい、などと聞きます。

そのうえ1日頭に取り入れた情報を効率的に整理するのに最も適した時間、

『脳のゴールデンタイム』ともいわれています。

ですから朝スッキリ目覚めるためには、

なるべく脳のゴールデンタイムに就寝することが重要です。

最近、そんなゴールデンタイムが実は朝にもあることがわかってきました。

2つ目のゴールデンタイム

「朝目覚めてから食事を含め2・3時間の間」。

これが2つ目の脳のゴールデンタイムです。

朝起きてまだ新しい情報を何も取り込んでいない状態の脳に、

「前向き」で「明るい」情報を聞かせると、1日をその通りにできるという訳です。

またクリエイティブな作業や勉強にも適しているうえ、

家事も効率的に行なう事ができるのです。

この素晴らしい時間を「美習慣」に使わない手はありません。

女性必見!キレイを目指す朝習慣とは?!

最近有名モデルや企業の最高責任者などの間で、

「朝活」としてヨガを行なうのが流行っているようです。

たしかに、朝目覚めてから食事の前に運動すると、

胃の中が空っぽなので脂肪燃焼効果が高くなります。

また交感神経が刺激されて早い段階から活動モードに入るので、代謝もアップします。

でも、運動がちょっと苦手な人は、運動をするために早起きするとなると続きませんね。

ですから柔軟に自分のできる範囲の早起きで「美習慣」を作っていきましょう。



具体的に何が「美習慣」になるの?

おすすめは7つ。

え?こんな簡単なことでいいのかしら?

と思われる方が多いのではないでしょうか。

1.カーテンを開ける

太陽の光を浴びると脳が朝だと判断し、

ニューロンと呼ばれる神経細胞が活発になります。

それによって潜在能力を最大限発揮できるのです。

またカーテンと一緒に窓を開け新鮮な空気の取り込みをしましょう。

その際「悪いこと」を吐き出し「良いこと」を取り入れる気持ちで深呼吸すると、

部屋もあなたもスッキリするはずです。

2.白湯、あるいは湯さましを飲む

起きてすぐの水は胃腸を刺激して、体をシャキッとさせます。

また白湯は冷えた体を温め、お通じも促します。

3.幸せなドラマやニュースを見る

ポジティブな言葉だけを耳に入れることで、

イキイキとした気持ちを生み出せます。

その逆で、悲しいニュースは耳からだけでも気分を下げてしまいます。

ですからまずはお気に入りの音楽や楽しい動画などで気分を盛り上げましょう。

4.朝ごはんを食べる

朝食をとることでエネルギーを確保します。

また日頃我慢しているデザート・甘いものなどを「ご褒美メニュー」として、

ときどき取り入れれば心にもご馳走になります。

5.肌に潤いを与える

スキンケアで肌に潤いを与え、アンチエイジングにも力を入れましょう。

そのためシートパックは朝使い、潤いを補給しましょう。

しっとりした肌に気持ちもうるおうこと間違いありません。

6.鏡の自分にエールを送る

励ましやねぎらいの言葉を声に出して言い聞かせましょう。

その際必ず自分の名前を入れて、笑顔で声かけしましょう。

誰も見ていないのですから恥ずかしがらないで。

良いイメージや思い込みが前向きな1日へとつなぎます。

7.姿勢を正す

姿勢を正すと背筋が伸びて基礎代謝が高まります。

さらに骨盤のゆがみを整えたり、お腹を引き締める効果もあります。

何より自分の全身を正すことで自然と気持ちが凛とします。

余裕が出たら、プラス1

どれもすぐ実行できる内容ばかりと思いませんか?

もし習慣付いて余裕が出てきたら、この7つに座禅か瞑想をプラスすると、

心のデトックスができ、前向きで気分が良くなる内容が入りやすくなります。

スッキリと目覚めるためにしておきたい!夜に行なう「ひと工夫」

イキイキした朝を迎えて過ごすことで「美習慣」は作られますが、

朝と夜はつながっています。

つまり眠る前のひと工夫が清々しい朝には必要不可欠なのです。

リラックス、そして余裕

眠る前には自分をたっぷり癒してあげましょう。

良質なオイルなどでマッサージをしたり、

肌触りの良いタオルやパジャマでリラックスする時間を持ちましょう。

そうすることで質のいい眠りをとることができます。

そして眠る前に、快適な朝を迎えるための「ひと工夫」をしておきましょう。

例えばの「ひと工夫」

  • ・翌日着る服や持ち物のコーディネイトを考えておきましょう。
  • ・朝食の準備で前日に出来ること(炊飯器タイマーのセットなど)は、
     済ませておきましょう。
  • ・週末副菜作りや、まとめ買いした食材の下ごしらえなどを
     しておきましょう。
  • ・夕食の片付けはその日に済ませ、朝キレイなキッチンを使いましょう。

ほんの少しの工夫で朝の時間を有効に使い、

気持ちの良い1日を過ごせるのです。

さあ、あなたも若々しくイキイキ生活を習慣にしましょう!


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします