ママ友

子供が赤ちゃんの頃はママ友はいらないと思う理由5つ

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!
小学2年生と中学1年生の子供を育てているママライターです。

子どもを育てる時は、ママ友ってとても力になる同志ですよね。

けれど、私自身は子どもが赤ちゃんの頃、ママ友を作るために頑張る必要はないのではないかな、思うことが多かったのです。

保育園時代や小学校時代のママ友はとても力になりましたが、赤ちゃんの時期には無理をしないというのも、一つのやり方だと思います。



もともとの友達との時間を持とう

そもそも「子どもを産んだらママ友を作ろう!」と、よく育児雑誌などにも載っているし、そう思う気持ちが出てきますね。

けれどよく考えてみると、子どもが赤ちゃんの頃は、ママ友自体がそんなに必要ではないのではないでしょうか?

子どもが赤ちゃんの時期にはママ友はいらないと思う理由その①
もともとの友達の方が気兼ねなく話せる

まず、赤ちゃんが生まれたときにママ友がいれば、共感してくれやすい…、と思って、赤ちゃんを連れて公園などに出かけてママ友を作ろうとする人も多いかもしれません。

けれども、初めて会う人と気が合うかどうかは、なかなか判断しづらいもの。

むしろ、同じ境遇じゃなくても、もともとの友達の方が自分のことをわかってくれることが多いものです。

子どもが赤ちゃんの時期は、赤ちゃん同士が交流をすることはあまり多くないので、むしろ赤ちゃん連れではない友人と一緒に、自宅でお茶を飲んだり、気兼ねなく話をすることでママの気分転換になりやすいのです。

無理して「ママ友を作らなくちゃ」というプレッシャーを持つよりも、もともとの友達と話をする時間を持つのがおススメです。

子どもが赤ちゃんの時期にはママ友はいらないと思う理由その②
先輩ママの友達と話そう!

同じ月齢同士の赤ちゃんのママが二人で話をすることで、役立つ情報のやり取りもできますね。

けれども、実は少し先に子供を持った先輩ママと話をすることで、安心できる育児情報を得られることも多いものです。

新しく同じ月齢のママ友を作るよりは、もともとの友達の中ですでにママになっている人と、久しぶりに会ってみるのも楽しいものです。



ママ友は子ども同士が友達になってからがベスト

ママ友は、子どもが子どもでいる時代であれば、どんな時にでもできるものです。

赤ちゃん時代には赤ちゃん時代のママ友が。
保育園や幼稚園になれば、幼稚園時代のママ友が。
そして、小学生時代、中学生時代と子供の交流に合わせてママ友も変化していくものです。

つまり、赤ちゃん時代にママ友をどうしても作らなくてもよい、ということなのです。

子どもが赤ちゃんの時期にはママ友はいらないと思う理由その③
ママのための友達か、子どものための友達か?

子ども自身が、小学校などで友達を作った時には、ママ同士が話をする機会があったり、メールアドレスを知っておくと、連絡が取れたり相談できたりしてとても便利です。

子どもの交流が、そのままママの交流とかかわってくるという良い例ですね。

けれども、子どもが赤ちゃんの時には、子ども自身というよりは、ママのためのママ友ということが多いもの。

子どもが大きくなってくれば、いずれできるママ友ですから、あせって赤ちゃんのうちからママ友を探さなくても良いものです。

子どもが赤ちゃんの時期にはママ友はいらないと思う理由その④
赤ちゃん時代ならではのトラブルもある

また、赤ちゃん時代のママ友だからこそ、実はトラブルも多いものです。

例えば、お互いの家に行き来して赤ちゃんを自宅などで遊ばせる時、どうしてもあまり相手を良く知らないまま遊びに行くことになります。

知り合って間もないママ友だからこそ、どうしても、相手の振る舞いが気になってしまったり、やり取りでトラブルになってしまうこともあるのです。

また、赤ちゃんがお互いに話し合ったりできない時期だからこそ、おもちゃの取り合いをしたり、叩いてしまった、噛んでしまった、ということもあるものです。

お互い様だと思ってくれるママ友であれば良いのですが、気にしやすい人と友達になった場合、かえってママ友ストレスになってしまうのかもしれませんね。

子どもが赤ちゃんの時期にはママ友はいらないと思う理由その⑤
無理しないという姿勢の中でできたママ友なら安心

「ママ友を作らなくちゃ」と思っていると、どうしても子供の定期検診や病院などで頑張って話しかけて疲れてしまったりするものです。

けれども、「赤ちゃん時代のママ友は無理しなくてもいいや」と思っていれば、気持ちのゆとりがあるので、自分自身もストレスがかかりにくくなりますね。

そんな状態の中で気が合うママと出会ったならば、ごく自然にママ友ができるのかもしれません。

「ママ友」というよりは、通常の生活の中でできた新しい友達として、気の置けない友人になれそうです。

「作らない!」ではなく「無理しない!」という姿勢で。

要するに、ママ友が増えるのも良いことですが、無理して赤ちゃんの時代からママ友を作らなくてもいい、という選択肢もあるのだということです。

最近の育児情報からは、ママ友はできて当たり前という前提があるようですが、「作らなくちゃ!」と思ってしまう人は要注意。

実際には、子どもが大きくなる中で自然と仲の良いママ友はできてくるものです。

どうするのが自分にとって自然でいられるのかを考えながら、ママ同士の交流をしてみることも大事ですよ。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします