子供の健康・食事

もう一度見直そう!子供の健康に重要な栄養バランスの良い食事のポイント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは。

3歳の娘・5歳の息子・8歳の娘の3人の子どもを育てているママライターです。

健康のために食生活が大切ということは、皆さんよくわかっていると思いますが、

あえてもう一度確認してください。

栄養のバランスの良い食事が出来ているか?

手作りのものを食べさせているか?

塩分糖分を摂りすぎていないか?

“コショク”になっていないか?

いろいろ挙げたらきりがありませんね。

子供の健康を守るために、押さえておきたいバランスの取れた食生活のポイントをご紹介します。



バランスの良い食事って!?タンパク質・炭水化物・野菜類を1食ごとに必ず食べさせよう!

栄養のバランスの良い食事と言われても、

毎日3食の献立を考えるだけでも負担なのに、難しいという人も多いと思います。

簡単な方法は、1回の食事に必ずタンパク質・炭水化物・野菜類を取り入れること。

タンパク質は、肉・魚・大豆・卵などですので、メイン料理ですね。

炭水化物は、ご飯・パン・麺類・イモ類などの、主食です。

野菜類は、野菜や海藻、朝なら果物でもOK、ビタミンやミネラルの豊富な食品です。

一日一回は頑張ろう!夕飯は出来れば1汁3菜を目指す!

朝や昼は1品料理になりがちですよね。

1品になってしまっても、果物やサラダを添えるなどの工夫をすると良いですが、

中々忙しいとそこまでやってもいられませんね。

昼は幼稚園や学校に通うようになれば、バランスのとれた給食を食べてきてくれるので、大丈夫。

夕飯だけでも、ママが頑張って1汁3菜を目指してみてはいかがですか?

お仕事をされているママは、仕事が休みの日の夕飯だけでもトライしてみてもいいですね。

意外と簡単!1汁3菜の日本食

味噌汁は面倒なら、刻みネギに味噌と鰹節を混ぜてネギ味噌を作り置きしておきます。

ネギ味噌をお湯で溶き、茹でた野菜やわかめ・豆腐・油揚げなどを浮かべても良いですし、

ネギ味噌だけでも十分な1汁です。

メイン料理は、肉や魚などで作りますよね。

2品目は、トマトやキュウリを切っただけのサラダでも、おしんこでもOK。

3品目は、作り置きのきく、きんぴら・煮豆・ひじき煮・切り干し大根などを

まとめて作って、少しずつ出しても良いのです。

忙しいママは、真空パックのものが売っていますので、

冷凍やレトルトパックをうまく取り入れても良いですね。



手作りのススメ!何がどのくらい入っているかが明白です

コンビニ弁当や外食って、なぜだかおいしく感じますよね。

しかし、加工食品やコンビニ弁当の原材料名を見て見ると、

知らない名前がたくさん並んでいませんか?

化学調味料や保存料などの添加物や、砂糖・塩・油がたっぷり使われているかもしれません。

特に、加工食品は作ってから時間が経っても、見栄えが良く、

おいしく食べられるように、家庭では使わないようなものが含まれているのです。

それを承知で、たまに活用するのなら、問題ありませんが、

毎日のように外食や買ってきたものばかりを食べているのは、

健康を害することがあるので要注意。

ちょっと待って!そのサラダ、ビタミン・ミネラルが含まれていますか?

同じ材料のサラダを食べても、出来たものを買ってきた場合には、

長時間水に浸された野菜が使われているかもしれません。

野菜を水に浸すことで、シャキシャキとした食感が持続しますが、

栄養価はほとんど水に流れ出て、ビタミン・ミネラルの補給は出来ていないのです。

砂糖不使用に騙されないで!0キロカロリーの落とし穴

最近はダイエットブームということもあり、人工甘味料を使った飲み物が多くあります。

特に炭酸飲料は0キロカロリーやカロリーオフの商品だらけですね。

子供に炭酸飲料を飲ませるのは良くないからと

人工甘味料の入った飲み物を飲ませているのなら、やめた方がいいですよ。

砂糖不使用でも甘い飲料には、人工甘味料が含まれています。

人工甘味料は、糖尿病の原因にもなると言われていますし、

炭酸飲料は食欲を増進させ、虫歯の原因にもなります。

子供に飲ませるのなら、特別な日や量を限定し、

砂糖がたくさん入っていることを認識して飲ませることをおすすめします。

過度な熱中症対策になっていませんか?普通に食事をしていれば、水分補給だけで大丈夫

熱中症には、水分と塩分を補給する必要があると、過度に清涼飲料水を飲ませていませんか?

もちろん、汗をたくさんかくような屋外でのスポーツ時や

風邪で食事が十分にとれていない場合には、清涼飲料水を飲むことは必要ですが、

普通に食事をしていれば、塩分が不足するようなことはほとんどありません。

水代わりに清涼飲料水ばかり飲んでいると、糖分もたくさん含まれているので、

お腹がいっぱいになり、食事に影響が出ることも。

また、常に口の中が酸性に傾き、虫歯の原因にもなります。

清涼飲料水は外で遊ぶ前や炎天下で長時間遊ぶ時の休憩時に飲むくらいで、

食事に影響がない程度にし、こまめな水分補給は、水かお茶が適当です。

コショクって何!?家族団らんのススメ

コショクとは、個食・孤食・固食・小食・五食など色々とありますが、

すべて子供にとってよくない食事の例です。

個人でバラバラのメニュー・一人での食事・好きなメニューばかり食べる・

少食・味の濃い料理・一日五食摂るということになります。

他にもあるので、興味のある方は調べてみると面白いですよ。

要するに、家族みんなで同じものを一緒に食べるという団らんが重要なのですね。

古き良き日本を思い出そう!日本人には和食が一番

海外でも注目されるほど、和食は健康的な食事だといえます。

コショクの問題解決のためにも、

古き良き日本の食生活を思い出してみると良いのかもしれませんね。

便利なものがたくさんあり、様々な料理を楽しむことも良いことです。

しかし一日1回でも、週末だけでも、

少しずつ手作りの1汁3菜の和食を家族で囲んでコミュニケーションをとることが、

子供の健康を守ることにつながるのかもしれませんね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします