スキンケア

ファンデーションに頼らずシミを薄くする方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

年齢とともに増えていくシミ。

若いころに日焼けしたまま放っておいたり、あえて真っ黒に日焼けしたり・・・。

年を取ってから後悔している人も多いのではないのでしょうか?

ファンデーションや下地でもなかなか消えないシミを日々の生活で薄くする方法があります。

年齢は関係ないのです、誰でも出来る方法をご紹介します。



シミの原因

シミとはそもそもなんでしょう。

大体の人は「色素が沈着してしまっているもの」と答えると思います。

半分正解です。

色素は“色素形成細胞”である“メラミサイト”と呼ばれ組織が作り出し

皮膚の中に沈着してしまうのです。

シミが出来るまで

では何故メラミサイトはシミを作り出すのでしょうか?

結果を言うと「肌を守るため。」です。

どのようにシミが出来るのか簡単にご説明します。

活性酸素

皮膚の下にはメラミサイトがいます。

まず人が紫外線を浴びたり、煙草を吸ったり、睡眠不足や電磁波などの

ストレスで活性酸素が発生します。

活性酸素は皮膚を弱らせ、機能を衰えさせる効果があります。

最悪皮膚細胞は死滅してしまうそうです。

メラミサイト活性化

活性酸素を受け取ったメラミサイトはこれ以上皮膚に被害が出ない、

紫外線が入ってきにくい色になる様に皮膚細胞に黒くなるよう命令を出します。

煙草や様々なストレスの場合はメラミサイトに直接活性酸素が行き、

皮膚がダメージを受けていると誤認させてしまい、

結果表面の皮膚が黒くなってしまいます。

皮膚活性化

色素を管理している皮膚細胞が命令を受け黒くします。

この時継続して命令され続けると命令が終わっても自動で黒くし続けます。

これがシミの原因です。

その他の要因

ニキビやアトピー、火傷や虫刺されなどは皮膚の炎症と認識されます。

その炎症のダメージを回復するため皮膚が活性化して

次々と新しい皮膚を作ろうとするのですが、活性化が激しいとメラミサイトも活性化して

色素を管理している皮膚細胞に黒くするよう促してしまいます。

シミが酷くなる原因

美白ケアをしていても、シミが良くならない。またはドンドン増えていく。

なんて人はいませんか?

肌にいいと思って使っているものや普段食べている物で

実はシミを酷くしてしまうものがあるかもしれませんよ。

洗顔やボディソープ

界面活性剤は肌にダメージを与える成分とされています。

ご自身が使っている洗顔料等で界面活性剤が成分に入っていないか確認してください。

もしも入っているのなら使用を止めることをお勧めします。

白砂糖

シミを増幅させると言われるのが白砂糖。

こちらも煙草などと同じで血液がメラミサイトに活性酸素を送り込み、

メラミサイトが誤認識を起こしシミが出来るわけです。

(因みに白砂糖の成分のしょ糖は老化を早めるとも言われています。)



ファンデーションの塗り方

ファンデーション自体はお肌に良い物や、

ミネラルファンデーションといった肌の負担を軽減するものがありますが、

リキッドやクリームだったり、パフでゴシゴシしたり、パフが汚いと

それが皮膚への刺激となりシミが出来やすくなります。

顔に出やすいシミ

界面活性剤入りの洗剤や白砂糖を多くとるとシミが出来やすいのですが、

厄介なことに顔が一番被害をうけます。

これは皮脂肪が多いのと紫外線をうけやすいというポイントがあります。

元々顔は出来やすい環境にあるのです。

日常生活で工夫をしよう

ではどうすればシミは薄くなるのか。

日常のちょっとした工夫や化粧品選び、

摂取する食べ物を変えるとどんどん肌が変わってきます。

美容成分が入った石鹸

肌に使う石鹸は美容成分が入ったものがあり、それはメラミサイトの活性を防ぎます。

十分に泡立てた状態で撫でるように洗ってください。

皮膚には掌が肌に付かず、泡しか当たらない、位やさしく洗ってください。

糖質を控える

これは単純に甘いものを控えましょう。

というわけではなく、炭水化物もあまりよくないとされています。

とはいえダイエットじゃないのだからそこまで神経質にならなくてもいいと思います。

例えばラーメンとごはん。ピザとパスタ。

マカロニとパンなど、炭水化物をおかずに炭水化物を食べないようにするといいでしょう。

ビタミンを取る

ビタミンA、C、EとDHAがシミを取るには友好的と言われています。

毎食緑黄色野菜や大豆、アセロラなどの南国の果実、魚介類を取るよう心掛けてみましょう。

化粧の仕方

ファンデーションもクリームやリキッドではなく、パウダータイプをお勧めします。

パウダータイプのファンデーションを軽くたたくように皮膚になじませてください。

決してゴシゴシと塗らない様にしてください。

そしてミネラルファンデーションが肌への負担が少ないと言われています。

また、パフも出来るだけ清潔に保つようにしましょう。

クレンジング

化粧落としも落ちやすいものは皮膚が乾燥しやすく、

乾燥は皮膚が活性しにくい原因になり、結果としてシミが長くとどまってしまいます。

クレンジングは優しく擦らず、洗浄力が弱いものにして、

洗ったら直ぐに保湿するよう心掛けてください。

実践して気づいたこと

上記の内容を実際に私はやっていました。

間食を控え、ファンデーションはパウダーにしてパフは毎日お風呂で洗い、

洗顔では泡を多めに、体はタオルを使わず手のみで洗っていたのです。

するとシミが少なくなっただけではなく、乾燥肌もよくなりました。

背中のシミもなくなったらしく、旦那に「背中が綺麗だね。」って褒めてもらえたのです。

まさか背中まで消えるとは思っていませんでしたからびっくりです。

化粧の時も下地クリームを塗らなくても化粧のノリが良くなりました。

まだ試してない方はぜひやってみてください。

年齢なんて関係ありません。

誰だってきれいな肌を取り戻せるかもしれないのです。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします