女性の健康 子供の健康・食事

これで遅刻ゼロ!スッキリ目覚める鍵は”メラトニン”にあった

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

毎日毎日、朝が起きられない、遅刻ギリギリになる・・・。

それでもいいのですが、できれば余裕をもって起きたいですよね。

主人も学生時代は遅刻常習者でした。そんな主人が遅刻しなくなった理由を教えます。



体内時計のしくみ

体内時計というものは誰もがきいたことがあると思います。

では体内時計はどのような働きをしてくれるのでしょうか?そこからまず説明します。

体のいたるところに体内時計はある

脳ですべて管理していると思われがちな体内時計ですが、

実は体中に“メラトニン”というホルモン量を計測する細胞があります。

この、“メラトニン”というホルモンが体内時計の計算に大きく関係していきます。

メラトニン

メラトニンは脳の松果体という所から生成され、体中に回っていきます。

メラトニンが生成されるのは目が覚めてから約15時間後。

メラトニンが生成され、体に回り、計測細胞に引っかかると体は眠くなってきます。

日を浴びると生成はストップします。

血圧の調整、体温変化

単に眠くなるといってもピンとこないと思います。

メラトニンが生成され、体に回ると血圧、体温を下げていきます。

これにより体が重たくなったりしていきます。

血圧、体温が下がると脳が「メラトニンが生成されたのか。寝る時間だ。」と判断をします。

雪山などで遭難すると眠くなる、とか言われるのはこれですね。

外的要因で疑似的にメラトニンが生成されたと感じるわけです。

体内時計を調節

仕組みが分かったところで、今度はその体内時計を調節しましょう。

毎日のちょっとした行動ですぐ効果が表れるので、頑張りましょう。

朝カーテンを開ける

メラトニン生成を止めるには朝日が一番です。

最近はタイマーで自動的にカーテンが開くものも売っているみたいなので、

それを使うのもいいかと思います。

そして目に朝日を浴びてほしいので、出来れば窓側を頭にして眠ってください。

曇りなどは電気で代用

どんよりとした曇り日だとなかなか体が動かないなんてことありませんか?

それはまさにメラトニンが生成し続けている証拠なのです。

そんなときは家庭の白熱灯で代用できます。

目が覚めたら電気を付けて人工的明るくするのも良いです。

毎日同じ時間に起きる

休みの日は12時まで。平日は7時に起きる。

これだとメラトニン生成がまばらになってしまって、

体も今日はいつ起きるのかわからない為、無理やり脳が全身を起こすまで寝てしまいます。

自然に全身の眠りが浅くなり、目覚ましがなくても目覚めるのが理想です。

そのためには毎日同じ時間に起きるように心がけてください。

ずれて2時間

2時間以内ならそこまで重大な誤差にはなりません。

会議などで早めに出社しないといけない日も、通常通り出勤の日も、

2時間以内なら起きる時間を変えても問題がないとされています。



朝食をとる

朝はどうしてもお腹が空かない。という人もいると思います。

でもそれは胃がまだ目を覚ましていないからなのです。

胃は体の中で一番体内時計がしっかりしている内臓です。

毎朝朝食を取ることで、「この時間にご飯を食べる」とインプットさせます。

そうすると目覚ましが鳴っていなくてもお腹が空いて目が覚めていきます。

夜ご飯は就寝2時間前

食べ物が残ったまま寝てしまうと、朝になってもお腹が空かず、

せっかくの朝食時計が狂ってしまいます。

できれば就寝2時間前に食事を済ませましょう。

それが難しいようなら夜ご飯を消化のいいものにして、胃の負担を減らしましょう。

部屋の照明は暗めに

最近の蛍光灯、白熱灯は本当に明るくて脳がメラトニンを生成してくれません。

強制的に寝ることも可能ですが、

そうすると体が十分に休息を取ることが出来ていない状態で起きることになってしまいます。

寝る前30分は証明を消して布団に入るようにしましょう。

液晶画面の光も注意

寝る前に携帯やPC、ゲームなどをしてしまうと、

その画面の光のせいでメラトニンが生成されにくくなります。

体の中で一番光を感じやすいのは目ですから、しっかり寝て、

スッキリ起きたいのなら部屋を暗くしたら目を閉じることをお勧めします。

起きるときと寝るときだけ気を付けよう

朝は同じ時間に起きて、朝日を浴びる。朝ごはんを食べて出かける。

夜は食べてすぐ寝ない。暗くしたら何も見ないで目を瞑る。

これを守るだけで全然違います。

主人もこの方法を実行して2週間後には私の手を借りず起きられるようになっていました。

そして朝ごはんも始めはヨーグルトが精一杯だったのですが、今は普通に食べています。

体の調子も良いみたいで、休みの日も出かけるようになりました。

早起きは3文の得。とよく言いますが、体内時計を調整することで、

体、心に良い生活が出来ると思います。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします