料理・レシピ

塩レモンってなに?作り方は?使い方は?料理に使う上で気を付けたいポイント

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは!

11ヶ月の息子のいるママライターです。

今から1年ほど前に、NHKのあさイチで取り上げられ話題になった≪塩レモン≫

当時から気になっていたものの、妊娠後期でバタバタ忙しく作れず…

今回1年越しに念願の塩レモンを作るべく色々と調べてみました!



塩レモンって?

簡単に言えばレモンの塩漬けのことですね。元々はモロッコで使われていた調味料だとか。

臭み取りとして肉や魚のグリルに使ったり、

酸味を生かしてドレッシング代わりにしたりと様々な使い方をしていたようです。

はじめにモロッコから近いヨーロッパへ伝わり、それから世界中へと広まっていきました。

気になるその作り方!

用意するものはこちら

⚫レモン 3個

└皮ごと使うので、国産のノンワックスのものがベスト!

⚫粗塩 レモンの重さに対して20%~30%

└レシピにより塩の量の差がありますが、塩の量が少ないとレモンの果汁がうまく出ません。

塩が多いほうが長期保存も可能になりますよ。

☆密閉できる保存容器

└金属の蓋だと、レモンの酸で錆びてしまうので避けましょう。

長期保存をすることを考えて、煮沸消毒をしてしっかり乾燥させておきましょう。

作り方はとっても簡単♪

①レモンをよく洗い、しっかり水分を拭き取る。

②レモンを5~7ミリくらいの厚さの輪切りにする。種やヘタは取り除いておく。

└この時にレモンの量をはかり、塩の量を決めるといいですよ!

③保存容器に、塩→レモン→塩→レモン、と交互に詰める。最後は塩で覆うようにする。

④冷蔵庫に入れて1週間ほどしたら完成!水分が出てくるのが出来上がりの目安。

それまでは、1日に2・3回ほどしゃかしゃか振って全体に塩が行きわたるようにする。

作ったはいいけど…何に使えばいいの!?

気になるのはその使い方。普段の料理の中でレモンってあんまり使わない…

使うと言っても洋風なものばかりじゃないの…?

いえいえ!そんなことはありません!和食にも使えますし、

何より簡単に使えるのがその魅力でもあります。

あっさりと食べられる塩レモン肉じゃが

【材料】

豚肉切り落とし(牛肉でもOK):150グラム(塩レモンのエキス小さじ1/2をもみ込んで、少し置いておく)

たまねぎ:1個

じゃがいも:2個

にんじん:1/2本

水:200cc

顆粒だし:小さじ1

みりん・料理酒:各大さじ1と1/2

塩レモンエキス:大さじ1/2

    【作り方】

  • ①たまねぎ・じゃがいも・にんじんを食べやすい大きさにカットする。

  • ②鍋にサラダ油(分量外)を熱し、豚肉を入れて色が変わるまで炒める。

  • ③そこへ野菜を入れ、全体に油が回るように炒める。

  • ④水、顆粒だし、みりん、酒、塩レモンエキスを加える。

  • ⑤落し蓋をして、煮汁が少なくなるまで20分ほど煮る(弱めの中火)


シンプルだけどおいしい!塩レモンのチキンソテー

【材料】

鶏もも肉:1枚(皮付きのほうが焼き上がりがぱりっとなっておいしい♪)

塩レモンエキス:大さじ1(エキスだけでなく、レモンそのものを刻んでいれてもOK)

料理酒:大さじ1と1/2

オリーブオイル:小さじ1

    【作り方】

  • ①鶏もも肉を一口サイズに切る。

  • ②切った肉をビニール袋にいれ、そこへ塩レモンエキス、料理酒を入れてもみ込み、10分ほど置く。

  • ③フライパンにオリーブオイルを熱し、皮が下になるように肉を並べる。弱火でじっくり焼くことで、皮がぱりっとなる。

  • ④余分な油をキッチンペーパーで拭き取りつつ、両面しっかり焼き、火が通れば出来上がり。

家にあるものですぐできる♪トマトとツナの冷製パスタ

【材料】

パスタ:150グラム(お好みで)(冷製パスタなので、細めのカッペリーニがおすすめ)

トマト:小さめ2個

ツナ缶(ノンオイル):1缶

大葉:4枚

オリーブオイル:大さじ2~

塩レモン:小さじ2

マジックソルト:適量

黒コショウ:適量

    【作り方】

  • ①パスタを茹でて、茹で上がったら冷水にとり、水気を切っておく。

  • ②トマトを角切りにする。ツナ缶の汁は切る。大葉は千切りにする。

  • ③ボウルにパスタ、トマト、ツナ缶、オリーブオイル、塩レモン、マジックソルトを入れ混ぜ合わせる。

  • ④器に盛り付け、上に大葉を乗せ、黒コショウをかける。

他にもこんな使い方が…

手軽な使い方としては、ドレッシングに混ぜてみるのがおすすめ。

普段のポテトサラダを作る容量で、

少量の塩レモンを入れるのも風味が変わっておいしいですよ。

また、スープやお鍋、スイーツにまで使うことができるので、

まさに万能調味料と言っても過言ではないですね。

料理に使う上で気を付けたいポイント

それは、塩分濃度が濃いということ。

長期保存ができるように塩をたっぷり使っているので、必然的に濃くなってしまいます。

はじめのうちは、レシピを参考にしつつ少量から試していくのが良さそうです。

慣れてくると自分好みの味付けが見つかると思います。

やっぱり便利!塩レモン♪

調べてみると、普段のレシピのアレンジとして塩レモンを使っていることが多いようでした。

子どもが小さいうちはどうしても料理の支度に時間がかけられず、

メニューがマンネリ化しがち…そんな時に塩レモンで変化をつけてみるのもいいかも知れませんね。

気になった方はぜひ試してみてください♪


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします