義親・姑問題

嫁姑は万国共通?!アメリカの嫁姑問題ってどんな感じ?

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、アメリカ在住で二児のママライターです。

今日はアメリカの嫁姑問題についてです。

嫁姑問題と言えば、日本でもそうですが・・・アメリカも意外と似たり寄ったりです。
まあ、あっけらかんとしてる性格の方も多いので日本ほどではないかと思いますが、意外とそうでもなかったりします。

ジェニファーロペスが主人公の映画で「モンスターインロー」というのがありましたが、観た方は解ると思いますが実はアレって「モンスター」と「マザーインロー」(つまり姑さん)をかけた題名なんですよね。

まあ、そういう感じで結局はどこへ行っても嫁姑問題はついてくるんです。

さて、うちの嫁姑問題も含めて今日はアメリカはどんな感じかをご説明致しましょう。



1.息子の子よりかも娘の子

日本でもよくある!って問題ですよね。

嫁の子よりかも自分の娘の子の方が可愛いのは、昔から変わってないものです。

うちの母もそれは私が小さい頃から何度も言ってましたから、おかげでどうやったら父親サイドの祖母に好かれるかと小さいながらに私もよく考えて好かれる孫を演じたものです。

それがまさか私も母と同じ体験しようとは思いもしませんでしたが。

まず、誕生日等のプレゼント。

これは比較的表に目立って見えます。
自分の娘の子には何百ドルってかけたプレゼントをあげて、息子の子には何十ドルのプレゼント。

流石に顔が引きつりましたよ、笑顔が凍りました。
それでも何とかこめかみが引きつるのを感じながら「ありがとう。」を言いました。

その話を友人たちと「ありえないんだけど!」と語りましたね。
そう、国境を超えようが結局は嫁と姑なんです。

2.笑顔でグサグサと言われる

こちらも、経験ある方沢山だと思います。

嫌味をズバズバ言われます。しかも笑顔で。
笑顔で言われる方が真顔で言われるよりも遥かにこたえます。

ちなみに内容は「あら、流石は○○ね・・・。でも。」と付け加えられビシバシと心に突き刺さることを言われます。

勿論旦那の目の前では言わない、旦那には後から陰口状態で伝わります。

それでも結局は姑、言い返しは出来ませんから、自分の神経をいかに図太くするかを友人たちとストレス発散で話し合います。



3.突然の訪問と長期間滞在

「今日、そっちに行くから。」その一言にどんなに忙しくても予定を開けなくてはならない。
仕事だとラッキーだと思ってしまいます。

「来月休み取ったから、2週間泊まるわね。」ホテルならいつでもどうぞと言いたくなるその一言に笑顔で「はい、待ってます。」としか言えないのが現状です。

来月とかならまだしも、急に「今日行くから。」なーんて言われた日には泣きたくなります。

別に来るのは構いません、普通に会話するのも構いません。
ただ家の中を隅から隅までチェックするのだけはやめて頂きたいものですね。

流石に働いてますから、24時間四六時中家の中を完璧にすることは無理というものです。
それでも言われてしまいます。

まあ、姑とはそういうものだと割り切ってからは少しずつ楽にはなりましたが、やはり毎回胃に穴が開きそうなほどストレスは感じます。

4.子供の育て方について

アドバイスとして受け取るにはいいんです。
ですが、しゃしゃり出過ぎてくることもしばしば。

毎回のように「私の時には・・・」などと言われようものならば、いい加減ストレスになりますよね。

最近では「いいアドバイスありがとう。」と言って、右から左に受け流すことも覚えました。

やはり、どこへいってもそういうものですからアドバイスはアドバイスとして。
だけどやられ過ぎたときは右から左へ。

それが一番です。

まとめ

さて、今回のアメリカの嫁姑問題いかがでしたか?

友人の場合は、これに輪をかけて毎年夏になると3か月間居候されるらしいです。
もちろん、全ての滞在費は彼女がほぼ出してるとのことで。

それに比べるとうちはまだマシだなと思えてきますが、結局は長かろうと短かろうとちょっとしたことで嫁姑問題は出てきてしまうものです。

それはアメリカだろうと日本だろうと結局嫁姑問題には国境がないと言うこと、ですが国際結婚と言う形で面倒くさい時には「難しい事は英語だからよくわかんない」でまかり通ることもしばしば。

そして意外と大ざっぱな部分もあったりするので、そこにも救われてる気がします。

以上、アメリカからのアメリカの嫁姑問題でした。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします