保育園・幼稚園・小学校の行事

子供と夏休みを自宅でお金をかけずに楽しく過ごす方法

お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

こんにちは、7歳の息子と5歳の娘を育児中のママライターです。

もうすぐ夏休みですね。

1カ月以上もある長い休みに、子供と毎日何をすればいいのか、毎年悩みます。

ずっと家にこもっているわけにはいかないですし、なるべくお金をかけないで子供たちと楽しく過ごせる方法はないかを考えてしまいますね。

子供を満足させられて、なおかつ自分も楽しめたら、とても素敵な夏休みの思い出ができます。

お金をかけず楽しめる方法をこれからお話ししていきたいと思います。
参考にしていただけたら嬉しいです。



子供にとって夏休みはワクワクの毎日

子供にとって夏休みは、もちろん宿題もあって大変ですが、夏休み前から「何をしようかな?」とワクワクしているに違いありません。

一方、私たち親はどうでしょうか?

どうやって夏休みを乗り切ろうか、昼ごはんはどうしようかと考えることばかりですね。

子供のワクワクを大事にしてあげましょう

そんな子供にとってワクワクの夏休み、大好きな子供のためなら少しの工夫で楽しませてあげられることができるのです。

子供に「楽しい夏休みだった」と思ってもらえるように頑張りましょう。

とりあえず何でもイベントにしてしまいましょう

出掛ける予定がない時は、とりあえず何でもイベントにしてしまうことを提案します。

昼ご飯でもいいです。おやつの時間でもいいです。

「今日は家でピクニックしよう!」と子供に言ってみてください。

これだけで子供の目はキラキラですよ。

庭でも室内のいつもご飯を食べる場所とは違う場所

庭があれば庭に日陰を作ってシートを広げて、そこでお昼ご飯を食べてみたり。
庭がない場合は、いつもご飯を食べてる部屋とは違う部屋で、シートをひいて食べてみてください。

いつもと違う環境なだけでも子供たちには大イベントとなりますよ。

夜になってもあえて電気をつけない生活体験

暗くなって、いつもなら電気をつけて、テレビをみて…などの生活を、あえて電気はつけないで、懐中電灯やろうそくの火などで部屋を明るくして、ちょっとしたいつもとは違う生活をしてみるのはどうでしょう。

我が家ではたまにするのですが、キャンプをしているみたいで子供たちはとても楽しそうですよ。

ろうそくを使う場合は火の扱いに注意してください。

絵具遊び

透明な容器と絵具を用意できれば簡単な色遊びができます。

夏休みの為に今からペットボトルや卵のパックなど透明な容器を捨てずにとっておいてください。

絵具は100均で売っているもので大丈夫です。

色々な色を作る勉強にもなります

道具が準備できたら早速始めてみましょう。

透明な容器に水をいれておきます。そこに好きな絵具の色を入れて溶かします。

「青と赤を混ぜたら何色になるのかな?」と子供と一緒に色々な色を作ってみましょう。
色のお勉強にもなりますね。

私は卵のパックが一番好きです。
太陽の下でやると、きれいな色水がキラキラと光って、私たち大人もうっとりしてしまうほどですよ。



卵の殻で素敵なアート作品を作ってみよう

準備するものは絵具と卵の殻、そしてボンドと画用紙です。

子供の頃にやったことのある方もいるかもしれませんね。

卵の殻に色々な色を塗って、それを小さめに砕き、もともと描いておいた絵に貼っていくのです。

夏休みの工作にも最適

まずは画用紙に絵を描きます。

あとは色を塗って砕いた卵の殻を、ボンドをつけた画用紙に貼っていくだけです。

夏休みの思い出を描いて作ってみたら、夏休みの工作の宿題も終わらせることができますよ。

近くの地区センターや図書館がおススメ

皆さんの家の近くにも地区センターや区の図書館などはありませんか?

なかなか利用する機会がなかった方でも、夏休みは是非利用することをオススメします。

地区センターでは催しものやスポーツを

地区センターでは夏休みに催しものがあったり、卓球やバドミントンなどのスポーツができると思います。

地域の施設を利用してお子様と汗を流したりしてみるのもいいかもしれません。

こどもの好きな本がいっぱい

区の図書館を利用して見たことはありますか?

子供から大人まで、幅広い世代に適した本がたくさんあります。

絵本などは買うととても高いですよね。
そんな高い絵本もたくさんありますので是非、利用してみてください。

さいごに

いかがでしょうか?

きっとまだまだ楽しく過ごす方法はたくさんありそうですね。

でも子供はきっと家族で過ごせれば、どんなことも楽しめるのではないかと思います。

お子様と過ごす時間を大切に、たまにはのんびりまったりすることも必要でしょう。

長い夏休みを有意義に過ごせるといいですね。


お気に入りリスト

会員登録するとお気に入りリストが作れます

Loading

会員登録をするとお気に入りができます

0

このママの記事が参考になったらイイネしてね!
最新記事をお届けします